未分類

はじめてのワーケーション〜持ち物や場所の選び方について

コロナウイルス感染拡大がもたらしたのは、何もマスクだけではありません。働きかたの多様化が急速に加速し、テレワークやリモートワークが根付くことにもなりました。職場に出勤しなくても仕事ができるので、旅行をしながら仕事をする「ワーケーション」というスタイルも誕生しました。

今回は、この新しい働きかた、ワーケーションについてまとめてみました。

ワーケーションとは

ワーケーションとは、旅行をしながら仕事をするスタイルのことです。

ワーケーションを行うには、まず会社の許可が必要です。「テレワークしてるんだから、旅行に行ってもバレない」など自分で勝手に決めてしまうのはよろしくありません。なにか緊急事態が発生したときに対応できませんし、半分は旅行になるので会社での取り扱いが難しいためです。

柔軟に仕事ができる

ワーケーションは会社の許可が必要というハードルはありますが、それを乗り越えれば非常に柔軟に働くことができます。
海を眺めながら・家族が遊ぶ姿を見ながら・滝の音を聞きながらストレスを最小限に抑えて仕事ができるのです。

長期休暇を諦めなくてよい

長期休暇を取ると睨まれることが多いですよね。私も会社員時代は3日以上の連続休暇を申請するのがとても辛かった思い出があります。仕事中心の毎日…そんな会社員の方でも、ワーケーションを取り入れれば家族とのバカンスを楽しめますよ。

ワーケーションの場所の選び方

ネットが繋がる場所

仕事をするにはインターネット回線が必需品です。絶対に電波が入る場所を選びましょう。とはいえ、日本全国ほとんどの観光地で電波が飛んでいます。注意するとしたら、山奥の実家に帰省する時くらいでしょう。

海外は安全性に注意

海外でワーケーションを行うなら、安全性にも注意を。仕事道具を盗まれてしまっては、もうどうにもなりませんからね。

外務省の危険勧告をしっかり確認すること、必需品以外の高価な品物をできるだけ持ち歩かないこと、危険な地域には寄り付かないことなどを意識してください。

そもそも現在はコロナウイルスの影響で、どの国にも観光では行けません。アフターコロナでのワーケーションの注意事項の一つとして覚えておいてください。

ワーケーションの持ち物

仕事道具

絶対に持って行きましょう。持って行かなければただの観光です。
ほとんどの場合はパソコンとモバイルになるかと思います。

緊急事態でもできるだけ対応できるように、資料もパソコン内やクラウドに保管しておくとなお良いです。

充電器

充電器を忘れると、現地で購入するハメになり、必要のない出費がかさみます。充電器もモバイルの種類ごとにすべて揃っているか、カバンを閉じる前にチェックしてください。

衣類や遊ぶためのアイテム

着替えや遊びのためのアイテムを入れましょう。
なくても現地で購入できますから、重要度は低いです。
お気に入りのグッズや観光地で使いたいものがあれば持って行ってください。

家族連れにおすすめのワーケーション地

ワーケーション地を選ぶポイントは「行きたいかどうか」と「仕事ができるスペースとネット環境があるか」です。

調べれば「ワーケーション・テレワークおすすめプラン」などの旅行情報も出てきます。旅行も仕事もできる環境を、妥協せず探してくださいね。

沖縄

観光地の代名詞とも言える沖縄!沖縄本島も魅力たっぷりですが、離島も海がキレイでとてもステキな観光地です。

沖縄は観光産業が盛んなので、インターネットの電波もじゅうぶん!
家族も喜ぶこと間違いなしのハズレないワーケーション地です。

京都

沖縄と並んで観光地化されているのが京都ですよね。風流なお寺や日本家屋、舞妓さんの姿に古き良き日本を連想させてくれます。

日本人なら一度は訪れたい清水寺も京都にあります。お寺にあまり行かない人も、清水寺からの絶景をぜひご堪能ください。

小笠原諸島

東京にありながらその存在をあまり認知されていない離島。それが小笠原諸島です。竹芝桟橋から週1回出航する定期船「おがさわら丸」のみで行来が可能。

海底光ケーブルで本土と結ばれているため、ネット環境はまったく問題ありません

イルカウォッチングやホエールウォッチングが楽しめる、ワーケーションおすすめスポットです。

北海道

真夏は特に行きたくなる北海道。魚介類も豊富で食通にはたまらない観光地です。

土地が広いぶん、あまり人との接触もありません。

一般的に北海道は車移動ですから、免許をもっていない人は移動ができません。

ホテルの窓から眺められる雄大な景色に心洗われることでしょう。

日帰り温泉

「遠いところはコロナが心配で…」「なんだかんだ言っても休めない…」そんな人の最後の砦が日帰り温泉です。片道1時間程度の場所の温泉宿に赴き、畳敷きのお部屋で仕事をした後は、温泉で汗を流して日頃の疲れをとりましょう。

さいごに

コロナウイルス感染拡大の影響によって、観光業界もホテルも大打撃を受けました。今この瞬間にも廃業を決めている宿があるかもしれません。

あなたがワーケーションを行うことは、観光地やホテルを経営難から救うことにもつながるのです。また、Go To Travelキャンペーンが始まったおかげで、普段よりも安く旅行できるようになりました。ぜひこの機会に、新しい働き方ワーケーションを試して、旅行をしながら仕事ができる素晴らしい環境を体験してください。

この記事を書いた人

運営者:祐希
もうすぐ50代に突入する主婦です。
若い頃はキャリアウーマンだったことから主婦としての常識を知らず、嫁ぎ先で親戚に後ろ指さされた経験があります。その後、優しさと賢さを兼ね備えた亡き姑にマナーや処世術を教わったお陰で主婦スキルが向上しました。
このブログでは、姑から教わったマナーの一般常識を中心に、生活に役立つこと、道具や手続き、車関係等について語っています。

-未分類

© 2020 闘う嫁のマナーノート