闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

ステンレス水筒の洗い方で酷い汚れに塩素系漂白剤は?お手入れは?

      2016/10/20

img_2672
ステンレス水筒の洗い方をご存知ですか。
我が家では単身赴任中の夫が自分でお茶を水筒に入れて毎日通勤しているのですが、月に1回程度持ち帰る水筒を確認してみると、水筒の底や飲み口が全面茶渋で覆われて真っ黒に汚れているのです。

元々家事が苦手な夫なのに単身赴任で頑張っているのを思うと「毎日丁寧に水筒を洗ってね」という言い方は気の毒だし、どうすれば良いのだろうか・・。

ということで、今回は、

・ステンレス水筒の汚れが酷い場合の洗い方
・ステンレス水筒を洗うのに塩素系漂白剤を使っても良いのか
・家事の苦手な夫にも出来る日々のお手入れ方法

以上について調べてまとめました。

◆水筒のゴムパッキンの汚れはこちらの記事がおすすめです。
水筒パッキン汚れの落とし方は?寿命は?交換部品の探し方は?

スポンサードリンク

ステンレス水筒の洗い方 汚れが酷い場合は?

ステンレス水筒の洗い方で理解しておきたいポイントは、

使った後は必ず毎回台所洗剤できれいに洗う必要がある

ということです。

明日も同じお茶を入れるから、水でサッと一回すすいでおけばいいや!

なんて考えたら大変です。実は、水筒の中に入っていたのはお茶だけでしょうけど、お茶を入れておくことによって水アカが出たり、雑菌も発生してしまうのです。ですから、一回だけすすぐ程度では、それらがきちんと落ちずに繁殖してしまうことになります。

では最初に、酷い汚れを落とす方法についてお話しします。

酸素系漂白剤を使う方法

ステンレス水筒の酷い汚れを落とす方法はいくつかありますが、基本的には酸素系漂白剤を使う人が多いです。
酸素系漂白剤は液体と粉末の2種類あるのですが、粉末の方が強いので粉末を使います。また、約50度のお湯というのがポイントです。
お湯1Lに対して小さじ1.5(5g)の割合で作った液を水筒に入れて約1時間浸け置きしてから水できれいにすすぎます。(長時間浸けるとゴムのパッキンや金属が傷むので長時間の浸け置きは避けましょう。)

ちなみに、冒頭の写真状態だった水筒を酸素系漂白剤で漂白したところ、泡がすごい沢山で溢れるくらいになりました。
img_2677

1時間後に見たら泡はすっかり消えて、水が汚れており、沈殿物がありましたが、水ですすいだところ、内側が新品のような美しさで感動しました!
img_2681

◆水筒パッキンの汚れについては水筒の中身と一緒に酸素系漂白剤で浸け置き洗浄しますが、汚れが酷くて落ちない場合はこちらの記事をご覧ください。
水筒パッキン汚れの落とし方は?寿命は?交換部品の探し方は?

専用洗浄剤を使う方法

ドラッグストアに行けば、水筒専用の洗浄剤が販売されています。
約40度のお湯と洗浄剤を入れて2時間程度放置して、その後水洗いすればOKです。汚れが酷い場合は一晩放置したり、軟らかいスポンジで擦るなどの方法で簡単に茶渋汚れを落とすことが出来ます。ちなみに、下記の商品は8錠入っていますが、目安としてはお湯350mlに対して洗浄剤1錠使います。

 

重曹を使う方法

上記のような強い漂白剤を使いたくない場合は、重曹を使うのがおすすめです。
鍋に水と重曹を入れて沸騰させてから水筒に入れて数時間放置すると汚れが浮いてくるので、その後軟らかいスポンジで汚れを落として水できれいにすすぎます。(重曹の量は水1Lに対して重曹小さじ1.5以上で、汚れが酷い場合は多めに入れると良いでしょう。)

研磨成分のある洗浄剤や道具は注意すべし!

重曹にも研磨成分があるため、重曹で水筒内部をゴシゴシ擦ってしまうとステンレスを傷つける可能性があります。
見た目は分からないかもしれませんが、傷ついた場合はそこの箇所に汚れや雑菌が溜まったり、そこから金属成分が溶け出して水筒のお茶と一緒に口に入る可能性もあるので、ステンレスを研磨する可能性のある重曹は注意が必要です。

これと同様に、ステンレスの場合は柔らかいスポンジで擦るのが基本であり、ステンレスを傷つける可能性のある金属タワシは厳禁です。

ステンレス水筒に塩素系漂白剤は絶対駄目なの?

多くの人が「漂白剤」というと思い浮かべるのが、塩素系漂白剤であるキッチンハイターでしょう。これは酸素系漂白剤よりも殺菌の面では強力で、茶渋落としにも威力を発揮します。ですが、塩素系漂白剤はステンレスなどの金属を確実に傷めるし、それ以上に水筒のパッキンに使われているゴムの方が傷みが早いです。また、塩素臭も気になりますし、ステンレス水筒の汚れ落としにはおすすめできません。

ただ、実際にはこれらのことを知りつつ使っている人もいるようです。
その場合は、ゴムだけ避けて塩素系漂白剤に浸けるか、ゴムも洗いたい場合は浸け込み時間を30分以内にするようにしてください。長時間浸けた場合、ステンレスが傷んでいても目には見えません。そして、傷ついた箇所に雑菌が繁殖しても当然分かりません。
だから、もし酸素系漂白剤や重曹があるなら、塩素系漂白剤を使わず、それらを使う方が安全ですよ。


スポンサードリンク

ステンレス水筒 日々のお手入れ方法は?

さて、一度酷い汚れを目の当たりにすると、水筒の日々のお手入れの重要性が分かってきますよね。
そこで、日々のお手入れについても一度、こんな方法があるということを確認しておくと良いですよ。

(1)水筒用の長いブラシを使ってゴシゴシ洗う方法
多くの人が真っ先に思い浮かべるのがこの方法でしょう。
私も真っ先にやったのがコレなのですが、実はこの方法、何度も失敗しているのです。
というのも、ブラシが長いと当然、柄の部分が長いのですよね。
そして柄はプラスチック製かワイヤー製が多いのですが、力加減を誤ると、プラスチック製だとポキッと折れるのです。
そして、ワイヤー製だと曲がるのです。そして、短期間で廃棄処分になるという悲しい結末・・・(泣)

(2)菜箸と普通のスポンジで洗う方法
なので、私の経験上ではどちらかというと普通のスポンジを水筒に入れて、長い菜箸を使って水筒の内側を擦る方法がおすすめです。
茶渋汚れの溜まりやすい底の部分と飲み口部分は特に丁寧に擦って下さい。
菜箸が扱い辛い場合は、菜箸をスポンジに交差するように刺すと安定して動かすことが出来るでしょう。
菜箸を使うという点で面倒だと感じるかもしれませんが(夫は最初難色を示しました)、菜箸ならよほど力加減を間違わなければ折れることがないので、コスト的にも汚れ落とし効果的にも、私にとってはこの方法が一番良いと感じています。
菜箸でスポンジを動かすのが難しい場合は、菜箸などの長い棒の先端にスポンジを取り付けて、お手製ブラシを作る方法もありますが、狭いキッチンだとスポンジが複数あると邪魔かもしれないので、菜箸を使いこなせるようになる方がラクだと思いますよ。

ただ、500mlならまだしも、1Lや1.5Lの水筒となると高さもあるし、水筒の奥まで突っ込んでゴシゴシするのがますます大変になってきます。ですから、ゴシゴシしないで済む方法としては次の方法があります。

(3)ゆで卵の殻で洗う方法
日常の汚れ程度なら、ゆで卵の殻を使う方法でも十分に落ちるので、身近な材料で出来るしエコロジーの点でおすすめという見解があるのですが、一方では、殻で中のステンレスを傷つけてしまう可能性もあるので良くない、という見解もあります。
ちなみに方法としては、ゆで卵の殻2個分を細かく砕いたものを水筒に入れ、水を少し追加して(台所洗剤を少し入れてもOK)蓋を閉めてよく振る、というものです。

(4)ラップで洗う方法
ゆで卵と同様に日常の汚れ程度なら、ラップを使う方法でも落ちます。ゆで卵と違って、ステンレスを傷つけることはないし、
ラップは水筒のカーブで落ちにくい部分にもフィットするため、意外ときれいに汚れ落としができます。
方法は、ラップを適当に切ったものと、水や台所洗剤を少しずつ水筒に入れて蓋を閉めてよく振るだけです。

(5)ジャガイモの皮で洗う方法
エコロジーの方法では、ジャガイモの皮で洗う方法もあります。
こちらもゆで卵やラップと同様に、皮と少量の水を入れて蓋を閉めてよく振るだけです。

さいごに

ステンレス水筒の中は届きにくいので日々のお手入れをついサボリがちですが、週1回程度は茶渋汚れがついていないかチェックして、こびりつかないように手入れしていくと気持ち良く使えますよ。

スポンサードリンク

 - 洗濯