闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

車検業者の特徴と選び方は?おすすめはディーラー?フランチャイズ?

      2016/04/19

syaken2
車検業者はどこがいいのでしょうか。
車に詳しくない場合、車検時期になるとディーラーの営業マンが声を掛けてくれるし安心だし、ということで流れでディーラーに頼む人も案外多いものです。でも、やってみると「意外と高いわ!?」ということで次回から他の業者を検討した方が良いのかなあと悩んだり、見積もり段階で躊躇する人も多いです。

そこで今回は、車検業者の選び方やおすすめについてお話しします。

スポンサードリンク

車検の特徴と選び方は?

本来、車検は管轄の陸運支局で行うこととされていますが、国土交通省から自動車整備工場(民間車検場)と指定されている業者に依頼すると、陸運支局まで行かずにそこで点検整備等を行ってもらえます。この車検を行う業者は次のようなものがあります。

・ディーラー
・車検フランチャイズ店
・町の整備工場
・カー用品店(オートバックス、イエローハット等)
・ガソリンスタンド(エネオス等)

その他、業者に依頼しないで陸運支局に直接車を持ち込む方法としては次の2つがあります。

・ユーザー車検
・車検代行業者

車検業者を選ぶ際には、費用面も重要ですが、車は安全が第一なので、安全性をどこまで車検に求めるか、そのためには技術レベルも重要です。
ちなみに、車検費用についてはディーラーが一番高く、残りは同じ程度と言われています。
技術の点でいうと、ディーラーや車検フランチャイズは比較的安定していると言われています。
民間整備工場やカー用品店の場合は整備士の当たり外れが大きいので、評判をよく調べた方が良いでしょう。

では次に、具体的に車検業者等の特徴についてお話しします。

車検業者の特徴は?

ディーラー

ディラーについては「高い」というイメージで避ける人も多いし、逆に「安心」というイメージで選ぶ人も多いです。
安全性重視のため、耐用年数を経過した部品はその後の保証が出来ないという理由で、その部品に全く異常がない場合であっても必ず正規品で部品交換します。そのため、車検費用も他業者よりも高くなりがちです。
ただ、ディーラーの場合は自社メーカー専門で整備するため知識や修理技術は高い傾向があります。

車検専門フランチャイズ店

ホリデー車検、車検のコバック等があります。
車検フランチャイズ店の場合、町の整備工場が元で全国展開のフランチャイズ化したところが多く、どこの店舗に依頼しても一定水準以上のサービスは受けられます。
ただし、元々が町の整備工場であり店舗によって若干方針が異なります。また、車検専門フランチャイズということもあり、車検項目以外の点検整備をどこまでみてくれるかは店舗によって違います。
ですが、車検フランチャイズ店の場合は立ち合い可能なところが多く、整備士が摩耗部品を見せてくれて交換するか決めることも可能なので、自分で内容をしっかり確認したい人にはおすすめです。

町の整備工場

「××整備工場」「××モータース」のような看板のかかっている工場が多いです。
ディーラーよりも安く小回りの利く点検整備で、メーカーや車種を問わず対応してくれるの点で便利です。
ただ、当たり外れが多く、とても腕の良い整備士がいる可能性もありますが、逆の可能性もあり、その整備工場を知らない人にとって見極めが難しいです。

カー用品店

オートバックスのようなカー用品店の場合は店内に車検対応部品が揃っているため、車検で不適合の部品があっても直ぐに交換できて車検がスムーズに行える利点があります。
ただし、車検専門店でないし、フランチャイズといっても独立採算制で様々な店舗があります。自動車について詳しくない経営者もいれば車検整備工場経験者もいて、店舗によって整備士の質が全く異なりますし、当たり外れがあるようです。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンド車検は安くて手軽ですが、点検整備レベルについては当たり外れが多く期待できません。
ガソリンスタンドだけあって、車内清掃や洗車ワックスなど外観はきれいにしてくれるかもしれませんが、車そのものをどこまできちんと整備してくれるのか分からないので、どちらかというと別の業者の方がおすすめです。

ユーザー車検

自分で定期点検整備や検査を行って検査場に持ち込み検査を受けます。
ユーザー車検は自動車整備知識があって、役所手続きも面倒だと感じない人なら一番費用が安いのでおすすめです。ただ、役所手続きがあるので平日昼間に時間を確保できることが必須条件です。

車検代行

ユーザー車検を本人の代わりに行う代行業者のことです。
誤解されやすいのですが、代行業者は「検査場に持ち込んで検査を受ける行為の代行」であり、整備の代行は行いません。そのため、整備士等の資格が無くても問題ないのです。
じゃあ、整備はどうするの?ということですが、これは、あくまでも整備する義務は車を所有している人にあるので、それを理解した上で車検代行をお願いするか判断するということになります。確かに費用は安いので、「車検が安くできますよ」と言われると気持ちが揺らぐかもしれませんが、車に関して知識がない人は頼まない方が良いでしょう。


スポンサードリンク

車検業者のおすすめは?

車検業者についてどこがおすすめか、というのは運転する人の知識の程度や自動車の年数や状態によって異なりますし、値段を取るか安全性を取るかによっても異なります。

車検はその時点で「国の基準を満たしているかの検査」であり、次の車検まで故障しないことを保証してくれる訳ではないのです。
だから、車検はあくまでも「通れば良い」として、普段のメンテナンスは別に行うのであれば格安の車検であっても問題ないでしょう。
ですが、何も無ければいいや、として車検だけでメンテナンスを済ませようとする人であれば、一度で済むから全部きちんと点検整備してもらえるディーラーの方が良いでしょう。
特に、車について詳しくない場合や安全性を重視する場合は、多少高くてもディーラーの方が安心です。

車について詳しい人や、普段からマメに車のケアが出来る人なら車検フランチャイズ店や町の整備工場等に依頼する方が安く済むのでおすすめです。(ただし、事前に評判などを確認して決める方が安全です。)

もしディーラーで行う場合でも、車検で24ヶ月点検における部品交換を全てやろうとすると案外お金がかかってしまうため、定期的に交換する部品や、交換しておかないと車検が通らないと思われる部品は車検の前に別の安いカー用品店で買って交換しておくと安く抑えられます。

◆車検で部品交換の目安はこちらが参考になります。
車検でブレーキフルードは交換すべき部品?エンジンオイル頻度は?

さいごに

車検業者はディーラーの他に車検フランチャイズ、カー用品店など複数種類ありますが、どの業者を選んでも、店舗ごとに整備士の技術レベルは違います。また、業者によって部品交換の目安も異なるため、1社だけでなく最低3社は事前見積もりを取り、内容と金額について理解し、納得してから決めましょう。

◆車検の記事はこちらにもあります。
車検は何年おきに行うの?いつからいつまで?費用相場1500ccは?
車検でディーラーが高い理由は?メリットはあるの?値引き方法は?
タイヤ交換費用でディーラーは高い?持ち込みは?我が家の失敗談

スポンサードリンク

 - 生活の知恵