厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

闘う嫁のマナーノート

生活の知恵

オートバックス車検のデメリットは?ディーラーと比較時の注意点は?

投稿日:


オートバックス車検のデメリットは何があるのでしょうか。

オートバックスは安いのが魅力的だけど、技術で考えるとディーラーの方が安心だろうな、どうしよう・・・と悩んでいませんか。

今回は、オートバックスとディーラーを比べてどうなのか、オートバックスに頼む際の注意点などについて、我が家の経験や店舗に問い合わせたことを含めてお話しします。

◆オートバックスのメリットについてはこちらの記事をご覧ください。
オートバックス車検のメリットは費用だけ?保証は?安心して使う方法

スポンサードリンク

オートバックス車検のデメリットは?

前回の記事でお話ししましたが、オートバックスには様々なメリットがあります。でも、デメリットもいくつかあるのですよね。多くの人が留意すべきデメリットは以下の3つです。

  • 混雑することが多い
  • 整備士の技術力の差がある(アルバイト整備の場合もある)
  • メーカー保証の修理ができない(リコールも対応できない)

では具体的にこれらの項目について、オートバックスとディーラーはどのように違うのか比べてみましょう。


スポンサードリンク

オートバックス車検とディーラーを比べると?

車検の混み具合について

オートバックスの場合

オートバックスは様々なカー用品を取り扱っているせいかピットサービスがいつも混雑しており、待ち時間が数十分というケースが非常に多いです。そのため車検を依頼したら長時間待つのではないか、と心配する人もいるようです。

ただ、近所のオートバックスに問い合わせたところ、「車検の場合には事前予約のため、当日指定された時刻に行けばすぐに担当の整備士が対応するようになっており、お待たせするようなことはありません。」というような回答でした。また、事前の見積もりも同様で、当日いきなり「見積もりしてください」でなくWEBで見積もりのための事前予約をしておけば大丈夫です。

なので、全ての店舗が同じような対応ではないと思いますが、きちんとした手順を踏んでいれば、混雑していて車検で何時間も待つことは無さそうです。

ディーラーの場合

ディーラー車検については、我が家ではディーラー車検を数回、複数の店舗で受けているのですが、経験した限りでは、どちらの店舗とも待たされる感覚はありませんでした。ちなみに、車検での対応はそれぞれ次のような形でした。

(A)車検当日の朝に自宅まで営業マンが車を取りに来てくれ、その日の車検終了後に再度持ってきてくれた。
(B)車検当日の朝に店舗へ持ち込み、数時間後の車検終了時に店舗へ引き取りに行った。

どちらかというと、(B)の方法の店舗が多いと思われます。(A)の方法は購入したディーラーでお付き合いがあったからこそ面倒な持ち込みから引き取りまでをやってくれたのだろうな、と思います。

ディーラー車検の時間がどの程度かかるかは不明ですが、どちらにしてもディーラーの場合は「全てお任せ」という感じで、立会しなくても問題ないし(何かあった際にはその時点で連絡をくれることになっていたため)車検時には他の用事を済ませることができるので楽だった記憶があります。

整備士の技術力の差

オートバックスに依頼するかどうか、で悩む場合の最大の焦点は「整備士の技術力の差」でしょう。正直言って、整備士の腕の良し悪しはあります。だから、オートバックス全店舗ともお勧めですよー、とは言えないのですよね。

特に、オートバックスはフランチャイズ方式なので店舗によって車検の技術やノウハウの差があると言われているし、整備士の採用について店舗それぞれ独自の考え方だし、アルバイトの整備士がいる店舗もあります。だから、ある人が「オートバックスの車検がとても良かった」と言っても、別の店も良いとは限らないし、自分で依頼する店舗の評判を確かめて決断する必要があるのです。ただ、これはオートバックスに限らず他の車検専門業者やガソリンスタンド等を選ぶ場合でも同様なのですよね。

一方、ディーラーの場合は確かに整備士の腕は色々あるでしょうけど、自社の車の点検だから専用の検査機器が万全だし点検マニュアルも整っています。車検を行う上での整備士1人1人の腕の差は、あまり気にしなくても問題ないのです。
だからこそ、ディーラーなら任せて全く問題ない、というイメージになるのですよね。

メーカー保証の修理について

オートバックスの場合にもう1つ問題になるのが「メーカー保証の修理ができない」「リコール対応ができないこと」など、ディーラーでないと出来ない作業のことです。

じゃあ、車検は全てディーラーに依頼すべきか、というとそういう話でもないのですよね。自分が車の状態を把握できているのであれば、割り切って、車検の際にはオートバックスで車検を安く行い、不具合が出たらディーラーに点検修理してもらったり、リコールが出たらディーラーに持ち込む方法もあります。

では、オートバックスで車検を行う場合に注意すべきことについてお話しします。


スポンサードリンク

オートバックス車検で注意すべきこと

オートバックス車検を選ぼうと考えているのであれば、次の2つをよく考えてから決めましょう。

(1)オートバックス車検には向き不向きがある
近年の車はメーカー独自の技術が多いし、様々な電子デバイスを搭載しているため、ディーラーでないと詳しく確認できないブラックボックス的な要素が多いです。そのため、古い車の場合、このような箇所の修理が発生する可能性もあるため、オートバックス車検をおすすめできるのは次のような場合です。

  • 自分で車の違和感、不具合に気付ける人
  • 車が5年以内 又は 走行距離が10万km以内
  • 基本的に故障がない車であること

車検はその後の2年間の安全保証ではなく、「車検時点で保安基準を満たすかどうか」の検査です。だから、「車検に通れば良い」という考え方なら、断然ディーラーよりもオートバックスの方がお得です。特に、上記のような比較的新しい車なら殆ど部品交換をしなくて済むし、部品交換をするとしてもオートバックスに在庫がある部品であれば費用が安く済むのですよね。
(車検を行う場合は保安部品だけきちんと整備されていれば問題ないため、車検を通すだけなら安くやろうとするのは可能です。)

ただし、極端なことを言うと、車検に通ったけど翌月に運転したら故障してしまった、なんてことだってあり得ます。だから、故障してから「車検に通ったのに、どうして!?」と慌てるのでなく、車の音や操作感覚が変だと感じた時点で修理点検する心構えであれば問題ないでしょう。

(2)オートバックス車検だから安いとは限らない
不具合が無くて部品交換もほとんど無いという状態の場合、オートバックスでの車検費用は法定費用と車検基本費用だけなのでディーラーよりも安いし、しかもメンテナンス等の特典もあるのでとってもお得になります。ですが、部品交換がたくさん発生する場合はディーラーとあまり変わらない金額になる可能性もあるし、逆に高くなるケースも出ます。

これは、部品代とは別に作業工賃がかかってくるのですが、これを部品ごとに加算される可能性があったり、部品代も意外とかかるケースがあるからです。また、部品交換が本当に必要かは整備士の見解によって異なるため、複数社から見積もりを取ったら全ての業者の見解が分かれていたということもよくあるのですよね。

ですから、最終的には複数社の見積もりを比較して、部品交換が本当に必要か、1箇所ずつ検討する必要があります。

さいごに

オートバックス車検が良いけど、その店舗が信頼できるか分からなくて心配な場合、楽天車検を利用するのがおすすめです。
楽天車検は全国4000店舗以上の車検業者が加盟しており、オートバックス以外に車検のコバック、車検の速太郎、エネオスDr.Drive、アップル車検、車検館なども探すことができます。

そして、楽天車検で最も便利なのが、口コミと評判が分かることです。人気の店舗だと口コミ数が100件以上というのが多くて、5つ星中何点か書いてあり、じっくり読んでいくとその店舗が良さそうか、ちょっと問題ありそうか等の様子が分かってくるのですよね。

費用面について言うと、安い店舗はオートバックスだけではないので、探せばもっと良い店舗が見つかるかもしれません。そして、より良い車検のためには見積比較は必須です。最低でも3社、ディーラーとオートバックス、もう一社の見積を取り、部品交換内容と金額を確認してください。そのためには、楽天車検で最寄りの店舗を検索するのが楽だし手っ取り早いですよ。

↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

【楽天車検】ならぴったりの車検が見つかる!




-生活の知恵
-

Copyright© 闘う嫁のマナーノート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.