闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

商品券はクレジットカードで購入できないの?例外とおすすめ方法は?

   

card
商品券はクレジットカードで購入できないのでしょうか。

  • お店が遠いので直接買いに行けないけど、至急商品券を入手したい
  • 大量に商品券が欲しいけど、今すぐ現金で支払えない
  • クレジットカードで商品券を購入してポイントを貯めたい

このようなケースの場合、どうすれば良いのでしょうか。
また、時々「商品券をクレジットカードで購入できます」「商品券を現金化できます」等と書かれているものも見るのですが、安全なお店なのでしょうか。

今回は、商品券をクレジットカードで購入したい場合に知っておくべきこと、おすすめの購入方法についてまとめました。

スポンサードリンク

商品券はクレジットカードで購入できないの?その理由と例外は?

商品券は多くの場合、クレジットカードでの購入が出来ません。この理由は、カード会社や加盟店(販売店)の取り決めによる制約があるからです。

取り決めって何?

と思われるでしょうから、大雑把にお話しすると、カード会社も加盟店も、

「商品券をクレジットカードで売ると儲けが少ないから、現金払いだけにしようよ!」

という取り決めをしているケースが多いということです。

【カード会社側の理由】
クレジットカードで商品券を買われると、すぐに換金されてしまい加盟店で使ってもらえない可能性があります。
また、このようにキャッシングの代わりに使う人は繰り返し行うことが多く、そうなると支払うべき金額はどんどん増えるのに支払えず、将来的に自己破産されて回収不能になるという懸念もあるのです。

【加盟店側の理由】
商品券の利幅は額面が決まっているので通常の商品と比べて儲けが少ないところに加えて、クレジットカードで商品券を買われてしまうとカード会社に加盟店が支払うべき手数料によって赤字になる可能性があります

つまり、カード会社と加盟店共に商品券をクレジットカードで売るのは損だから行っていないということです。
ただ、裏を返すとこれは法律的な問題ではないので、2者が認めれば可能なこと。そこで、よーく調べてみるとクレジットカードで購入できる商品券というのもあるのですよ。

クレジットカードで購入できる商品券の代表例が自社発行、自社系列です。自社発行(系列)の商品券だと、購入したら自社系列の店で商品券を使ってもらえるのが基本なので、カード購入可能にしているのです。
例えば、百貨店の場合は自社カードの場合のみクレジットカード購入だったり、JCBのようなカード会社が自社発行しているカードであれば可能というのもあります。


スポンサードリンク

クレジットカードで商品券の現金化はいけないの?

ところで、「今は手元にお金がないけど来月の給料が入れば支払い可能」という場合に使いたいのがクレジットカード払いですよね。今お話ししたように、自社発行のクレジットカードであればカード購入が可能という商品券も確かにあります。

でも、この場合は、カード会社から「商品券を現金化されるのでは?」と警戒される可能性があるということを念頭に置かなければなりません。基本的に、商品券の現金化というのはキャッシングと同じような意味になり得るのでカード会社にとって嫌なことなのです。だから、1回だけ購入するなら良いのですが、多額の商品券購入を繰り返していたり、カードのキャッシング枠ギリギリまで使っていると、正当な目的で商品券を購入していない(キャッシングだろう)という判断をされてしまい、カードの利用停止処分されてしまう可能性があるのです。

ですから、キャッシング目的でのクレジットカードによる商品券購入を繰り返し行うのは避けるべきでしょう。

じゃあ、クレジットカードで商品券を購入するのは止めた方が良いのでしょうか。

いいえ、大丈夫なんですよ。
次に、安全に購入する方法についてお話しします。

クレジットカードで商品券を購入する場合のおすすめは?

誰もが商品券を安く、安心な場所で購入したいと考えていますよね。ただ、お話ししたように、購入頻度や購入額によってはキャッシングを疑われて利用停止処分になる可能性があるため、ご自身の購入頻度や金額によって次のように考える方が良いでしょう。

滅多にカードで購入する予定がない場合

やはり、正規店舗である百貨店やJCB、VJAカード等の店舗における購入が安全で確実でしょう。
家の近くに店舗があれば、そこまで行ってサービスカウンターで直接購入できます。
でも、店舗のある地域は限られていますよね。徒歩で良ければ交通費がかからなくて安く済むけど、遠方の場合は電車やバス、車で時間とお金をかけて行くことになりますが、その費用がいくらかかるかによってはネット購入を検討する方が安く済む可能性があります。

ちなみに、ネット購入の場合は商品券代金の他に発送手数料(送料)がかかります。

【具体例】JCBギフトカードの場合
JCBギフトカードの場合はJCBのクレジットカードでインターネット購入可能ですが、届け先1ヶ所につき発送手数料が380円(税込)かかります。
また、包装代金については基本的にカードケースの場合は無料です(30枚まで)。31枚以上の場合はカードケースには入らないため小箱による包装なのですが、こちらも無料です。ただし、30枚までの場合で小箱にしたい場合は100円(税込)かかります。

ただ、JCBカードの発行会社は複数あり、その会社によってクレジットカードで商品券を購入する場合には利用可能額の上限などが異なりますし、「リボ払い」や「分割払い」を選べないケースもあります。このあたりの制約については商品券の現金化を防ぐ目的が含まれているのでしょう。

今後頻繁に購入する可能性がある場合

百貨店やJCBのような正規店舗で購入しても良いのですが、今後も度々購入する予定がある場合は利用停止処分にならないよう注意しなければならないため、度々購入する場合は金券ショップ等での購入が便利です。ただ、金券ショップの場合は悪質な業者もあるので、その見極めは必要です。

次の金券ショップは商品券購入のみに特化した店舗で(商品券の買い取りは行っていない)、クレジットカードによる購入が可能です。
【金券ねっと】即日発送・クレジット決済。充実サポートであんしん通販

ただ、リンク先ページを見ると分かるのですが、金券ショップの手数料が含まれているので、額面金額に対して若干金額が上乗せされています。(正規店舗でないので仕方ないことですけどね。)
ちなみに、JCBギフトカードを10000円購入する場合、新券で10,990円、バラ券10,980円となっています。(バラ券は10円安いことから自分使い用として人気があり、在庫がないケースが多いようです。)送料は1回の注文につき500円となっています。

度々購入予定の場合に心配なのが「クレジットカードの明細にどのように記載されるか」という問題ですが、これに関しては心配不要です。金券ねっとで購入した場合、商品名が記載されることはありません。ただ、カード会社に購入した商品名が伝わらないことから、内容が不明瞭だとして、リボ払いや分割払いが認められないケースはあるようです。





さいごに

商品券はクレジットカードで購入できない種類もあります。
もし、どうしてもクレジットカードで購入したい場合は、お手持ちのカード会社でギフトカードを発行しているか調べて、そこで購入するのが無難です。ただし、購入頻度が頻繁な場合はカード利用停止処分にならないよう、信頼できる金券ショップでの購入を検討するのが良いでしょう。
【金券ねっと】商品券をクレジットカードで購入!
即日発送・あんしんのクレジット決済





 - 生活の知恵