闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

お盆の迎え火のやり方は?送り火の時間は?マンションはどうする?

   

mukaebi
近年はお盆の迎え火をやる家庭が減っているため、やり方を知らない人も多いようですね。

今回は、迎え火のやり方や送り火のやり方とやる時間帯のことや、マンションなどの場合で火気厳禁の場合にどうすれば良いのかをまとめました。

スポンサードリンク

お盆の迎え火と送り火のやり方は?

お盆には先祖の霊を家に迎えて供養するのですが、お迎えする時に迎え火を、送り出す時に送り火をします。
なぜ迎え火や送り火をするかというと、火を焚くことで先祖の霊が帰る時の目印になるし、見送る時の火は先祖の霊が帰るのをしっかり見送る証になるのです。

昔のお盆では、お盆の入りにお墓参りをした後、お寺のお坊さんにお経を唱えてもらってから持参した盆提灯に火を灯してもらい、消さないように家に持ち帰り、仏壇のロウソクに灯していたのですが、これが迎え火でした。先祖の霊は盆提灯の明かりが目印になって家へ帰るとされています。

ですが、今ではこのような形態は難しいこともあり、家で迎え火を行うのが一般的です。
次に迎え火の説明を、と言いたいのですが、迎え火の前にお盆の準備が必要なので、こちらの話を先にしますね。

お盆の準備

迎え火を行う前の12日か13日午前中に次のようなお盆の準備をして、墓参りを済ませます。

  • 仏壇の前に精霊棚※(しょうりょうだな)を設けます。
  • 精霊棚に位牌(先祖代々の位牌を含む)を移し、季節の花や野菜、果物、白玉団子等をお供えします。
  • 胡瓜や茄子を使って馬や牛などの乗り物をお供えすることもあります。
  • 盆提灯を飾ります(精霊棚か縁側の軒先)

※精霊棚→小さな机に白い布をかけるか、ゴザを敷いたもの。仏壇があれば精霊棚は不要とする考えもあります。

ではいよいよ、迎え火と送り火の説明になります。

迎え火のやり方

迎え火は通常13日の夕方に行います。
最初に盆提灯の火を灯します。次に家の門口や玄関先で、焙烙(ほうろく・素焼きのお皿)の上でオガラ※を焚いて合掌し、先祖の霊を迎えます。先祖の霊は燃やしたオガラの煙に乗り家へ戻ってきます。

※オガラ→麻の皮をはいだ後に残る芯の部分で、お盆の時期になると町のスーパーで販売しています。なぜオガラを使うかというと、麻は昔から清浄な植物として考えられており、悪いものを祓って清めるという意味があるからです。

送り火のやり方

送り火は、お盆明けの16日に迎え火を行った場所で、同じように火を焚いて先祖の霊を見送ります。オガラと共に、胡瓜ナスで作った馬や牛などの乗り物があれば、それを一緒に燃やします。この火の煙に乗り、先祖がお墓へ帰るとされています。

お盆の迎え火と送り火の時間帯は?

迎え火は上記の通り、夕方に行います。
送り火の時間については、16日午前中まで先祖が家に居るとされているため「午後」に焚くのですが、実際には夕方以降に焚くことが多いです。

じゃあ、夕方というと何時ごろなの?

という疑問が次に浮かびますよね。
夕方が何時頃かは人によって感じ方も解釈も曖昧ですが、完全に暗くならないうちに行う程度に考えて問題ありません。

そもそも、自分達にとって大事な先祖の霊をお迎えするのですから、お迎えは早い方が喜ぶでしょうし、お見送りするのは名残惜しいし、少し遅めでも構わないし、むしろその方が気持ちがスッキリする、と私は亡くなった祖母に教わりましたし、実家では送り火は夜8時くらいで真っ暗な中行っていたものです。

お盆の行事は先祖の霊を供養する行事ですから、先祖に気持ちよく過ごしてもらえることが大切だし、時間帯についてはあまり深く気にせず、出来る時間帯に行えば良いでしょう。


スポンサードリンク

お盆の迎え火マンションの場合はどうすればいいの?

マンションやアパートなどの集合住宅の場合は玄関やベランダで火を焚くのは難しいですよね。
こういう場合は火を焚くのでなく、盆提灯を飾ります。
なぜ迎え火や送り火をするかというと、先祖の霊が迷わず家へ来てもらい、帰ってもらうためのものですから、火でなくても盆提灯があれば、その明かりを目印にしてもらえば問題ないのです。

盆提灯を迎え火、送り火の代わりに使う場合は次のようにします。

【迎え火の代わりに】
盆提灯を灯して手に持って玄関先に立ちます。
一礼して黙祷し、先祖の霊をお迎えする気持ちで一礼して黙祷してから盆提灯の明かりを消します。

【送り火の代わりに】
盆提灯を灯して手に持って玄関先に立ちます。
先祖の霊をお見送りする気持ちで一礼して黙祷してから、盆提灯の明かりを消します。

さいごに

マンションなどの集合住宅が多い現在、お盆の迎え火や送り火を行わない家庭も増えていますが、盆提灯が代わりになるので問題ありません。
やり方について迷うかもしれませんが、基本の「先祖の霊に明かりを目印にしてもらう」ことを念頭に、気持ちを込めて手を合わせれば大丈夫です。

スポンサードリンク

 - 年中行事・イベント