https://yomemanners.com

年中行事・イベント

七夕行事食レシピ そうめんに合うおかずやデザート簡単おすすめは?

七夕行事食レシピを何にしよう、と悩む主婦はとても多いですよね。

七夕の定番といえば、そうめん・ちらし寿司ですが、今回は、これらに合うおかずやデザートで簡単おすすめメニューについてまとめました。

七夕行事食レシピ 定番そうめんのカッコ良い盛り付けは?

プリント

七夕行事食レシピの定番は、そうめん以外にもちらし寿司があります。

ただ、どちらも基本的にはあっさり系で大皿に盛り付けるものですよね。
ですから、ここではそうめんを中心にお話しします。

最初に、「七夕にそうめん」の由来について知っておきましょう。
この由来は次のような説があります。

  • 七夕に消化の良いそうめんを食べると病気に罹らないといわれていた(平安時代の書物に記載あり)
  • そうめんを織姫の機織りの糸に見立てて裁縫上手になる願いを込めた
  • そうめんを天の川に見立てた

そして、七夕メニューについて言うと、織姫と彦星が1年に1回天の川で会う日なので具材を次のようにするとカッコ良く仕上がります。

(1)具材を星型にする
盛り付けする野菜等は出来るだけ星型にしましょう。
パターンとしては次のような方法があります。

  • 人参、大根等を茹でて星型で抜く
  • オクラを茹でて薄切りにする
  • 薄焼き卵、ハム、スライスチーズ等を星型で抜く

星型以外の具材としては、ボイルした海老やネギ、ミョウガ、大葉等があります。お好みで添えましょう。

小さな子供がいる場合は、缶みかん、さくらんぼ等を入れると喜ばれるかもしれません。

(2)織姫や彦星を作る
様々な食材で織姫や彦星を作って、そうめんに飾ったり、別皿に添えると七夕メニューという雰囲気が増します。

作る織姫や彦星は顔のみでも、体全体でもOKです。下記のイラストのような雰囲気で作ると可愛いですよ。

プリント
パターンとしては次のような方法があります。

  • うずらの卵を茹でて顔にする(海苔で髪型や目、口などにする、頬はケチャップで色付け)
  • 魚肉ソーセージを切って顔にする

盛り付けの工夫について

そうめんは単品ではシンプルな料理ですが、盛り付け次第でグッと豪華に見えますよ。

盛り付け方法は主に次の2通りがあります。

(1)大皿盛り付けの場合(天の川盛り付け)
大皿又は深い鉢に砕いた氷を乗せ、そうめんを天の川に見立てて皿の中央を流れるように盛り付けします。(3色麺や4色麺などがあれば、彩りが鮮やかになります。)

上や周囲に星型の野菜やハム、卵などを飾ると更に映えます。星型でない錦糸卵を加えてもOKです。
また、そうめんでなく春雨にすると、主食でなくサラダ系になります。

(2)個別盛り付けの場合
プラスチックコップトマトカップ(トマトをくり抜きしたもの)の中に、そうめんに麺つゆを絡めてカップに入れ、星型野菜等を飾り付ける方法もあります。大皿は豪快な印象ですが、個別盛り付けだと「芸が細かいなあ」「上品だなあ」という印象を与えますよ。

ちなみに、もしトマトカップで盛り付けする場合は、トマトの中身も活かしましょう。トマトジュース、レモン汁、砂糖、ゼラチンを使えばトマトゼリーが出来て、無駄なく作れます。

その他の主食について

ちらし寿司

ちらし寿司については、七夕が五節句の1つなので、普段の質素な食事でなく栄養価の高い食事をしようという理由から様々な具を入れたちらし寿司が昔から食べられていました。

盛り付けに星型の具材を使ったり、大皿や個別盛り付けでの工夫点については素麺と同じように考えれば良いですよ。

◆ちらし寿司の作り方はこちらの記事をご覧ください。
ひな祭りちらし寿司の具材で前日可能な下準備は?寿司飯2合の作り方

カレーライス

七夕の定番といえば、そうめん、ちらし寿司ですが、両方とも好きでない場合はカレーライスを作る家庭も意外と多いようです。

これも、そうめんと同様に七夕らしい、ライスを天の川に見立てて流れるような形で、両脇にカレールゥを盛り付けすると七夕らしくなります。

通常のカレーライスは野菜をじっくり煮込みますが、七夕仕様のカレーライスでは、人参だけ4~5mmに切って星型にくり抜いて別に茹でておき、残りの野菜は普段通りじっくり煮込んで作ります。


七夕レシピでそうめんに合うおかずは?

七夕レシピで主食をそうめんにする場合、何が合うのかおかずで悩む人が多いのですが、考え方としては2通りあります。

(1)主菜があっさり味なので、こってり系やどっしり系のおかずが食べたい
(2)夏バテする時期なので、素麺だけでなく消化の良いあっさり系おかずが食べたい

(1)こってり系どっしり系のおかず
こってり、どっしり系では次のようなメニューがあります。

  • 天ぷら(えび天、ちくわ天、野菜天など)
  • 唐揚げ
  • コロッケ
  • 豚肉と茄子、ピーマン等の炒め物
  • 海老マヨネーズ

その他では、お好みのサラダを作り、星型トッピングで仕上げすると豪華な食卓になりますよ。

(2)あっさり系のおかず
全部さっぱり軽い物にしたい、と考える家庭であれば、次のようなメニューがあります。ただ、成長期のお子さんがいる場合は物足りないかもしれません。

  • 枝豆
  • 冷ややっこ
  • 玉子豆腐
  • 胡麻豆腐
  • 茄子の煮びたし

このような路線もあります。
家族の好みを考えて選んでくださいね。

七夕の汁物

汁物については、そうめんの場合は麺つゆを好んで飲む人もいるので汁は不要という家庭もあるでしょう。

もし作るとしたら、ごく普通のお吸い物や、スープ(水餃子・ワンタン等)など、他のおかずとのバランスを考えて作りましょう。

また、ちらし寿司を主食にして、そうめんを汁物にする方法もありますよ。(この場合の汁にも、星型の人参や大根、オクラなどを飾ると七夕らしい盛り付けになります。

◆その他、おかず関連はこちらの記事もご覧ください。
ちらし寿司に合うおかずと汁物 はまぐり以外で安くて美味しい物は?

七夕デザートで簡単おすすめは?

デザートについても七夕にちなんで星型を意識して作ると子供が大喜びします。
パターンとしては、次のような物があります。

  • フルーツゼリー(星型にくり抜いたフルーツを入れる)
  • フルーツポンチ(作った寒天やフルーツを星型にくり抜いて器に盛り、サイダーを注ぐ)

フルーツポンチは難しそうに感じるかもしれませんが、次のレシピをご覧いただくと分かりますが、案外簡単にできて豪華に見えますよ。
参考レシピ→七夕にぴったり!星のフルーツポンチ

さいごに

七夕の定番はそうめんであり、星型、天の川の盛り付けです。

特に入れなければならない食材というのは無いので、家族の好みを考えてバランス良い献立にして下さいね。





この記事を書いた人

運営者:祐希
もうすぐ50代に突入する主婦です。
若い頃はキャリアウーマンだったことから主婦としての常識を知らず、嫁ぎ先で親戚に後ろ指さされた経験があります。その後、優しさと賢さを兼ね備えた亡き姑にマナーや処世術を教わったお陰で主婦スキルが向上しました。
このブログでは、姑から教わったマナーの一般常識を中心に、生活に役立つこと、道具や手続き、車関係等について語っています。
【ホーム】闘う嫁のマナーノート

Twitter→@yomemanners

人気の記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  1. 「度々ご連絡してすみません?」がマナーとして適切かを考える女性
  2. シールのベタベタの取り方は?
  3. 送付状の書き方がわからない
  4. 喪中に祭りで神社へ行くのは駄目?町内会の役員手伝いや祝儀は?
  5. 上司に「無理しないで」でマナーは大丈夫?「身体を大事に?」はどうなの?
  6. 「お会いできるのをたのしみに」で敬語はOK?
  7. 小学校のPTA会長の入学の祝辞
  8. 納骨費用の相場は?石屋さんへの渡し方で封筒の表書きは?寸志は?
  9. 卒業式や入学式の気になるあれこれ【目次】
  10. つまずく、つまづく、躓くの読み方で正解は?
  11. 入院見舞いの手紙やメール
  12. 二重線はどう引くの?ビジネスマナー
  13. オートバックスでタイヤ交換
  14. プラスチックに瞬間接着剤がついたら剥がす方法は?白くなる場合は?
  15. 商品券を送る方法は書留と宅急便どちらもOK?ゆうパックの品名は?
  16. 家庭訪問のマナーで玄関の場合は?狭いけど立ち話だと失礼?

カテゴリー

タグ

新着記事

-年中行事・イベント
-