闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

車検でディーラーが高い理由は?メリットはあるの?値引き方法は?

      2016/04/19

syaken1
車検でディーラーに頼むと高いからどうしよう、と悩む人は多いです。

でも、「この値段、ボッタクリじゃないの?」と思いませんか?
高い理由は本当にあるのでしょうか。

また、高いけどディーラーに頼むメリットはあるのでしょうか。
値引きする方法はあるのでしょうか。

今回は、ディーラーに頼みたいけど迷っているという人向けにディーラー車検についてまとめました。

スポンサードリンク

車検でディーラーが高い理由は?

車検をディーラーに頼むと高い理由としては次のことがあります。

・交換部品が正規品だから
・人件費が高い(整備士だけでなく営業やショールームの女性など)
・ディーラー専用の最新式コンピュータチェックシステムでの機器診断が可能

高いけれど、これらが安心感に繋がるともいえます。

ディーラーの場合は整備内容はメーカーが決めている通り点検して修理します。
ディーラーの強みとして、専用の最新式コンピュータチェックシステムによる機器診断をする点があります。そのため熟練した整備士でなくても多くの箇所の点検を数秒で行うことができ、何か問題点があればきちんと把握することが出来るのです。

高額なコンピューターチェックシステムは維持費だけでも毎年多額の費用がかかりますし、小さな町の整備工場だとこの費用を捻出するのは大変です。そして、最新式チェックシステムがないと、故障の前兆があったとしても気付かず終了になる可能性もあるのです。

ディーラーが本当に高いとは限らない

ディーラーの場合はあれこれ部品交換を勧めてきて高い見積もりを提示されますが、本当に高いかどうかの判断は、他社と「全く同じ整備内容で再見積」をしないと分かりません。

やってみるとそんなに変わらない数字が出てくる可能性もあります。もちろん、部品交換等が多いと純正品を使用するのでその分は高くなるでしょう。

でも、ディーラーも他の業者も工賃は時間に応じて算出されるため、さほど変わらないはずです。
また、部品交換する場合であっても、通常の修理なら「交換にかかる作業」が発生することから工賃を取られるものですが、ディーラーに車検を依頼する場合、車検整備内容に部品分解を含むとして、工賃が掛からず部品代だけで済むのですよね。

車検でディーラーのメリットとは?

車検で大掛かりな整備が必要になってくる場合はディーラーに任せる方が良いでしょう。
というのも、ディーラーは最新のシステムがあり、その車を専門に整備して熟知しているので技術の安定性があるからです。
町の整備工場だと小さな修理は得意ですが、大きな修理になればなるほど不慣れな可能性があるし、車の構造に関わる部分だと見落とす可能性も否めません。

ディーラーのメリットとしては、初回は特にメーカー保証の関係もあるのでディーラーでやるのが良いでしょう。その他、リコールにならない程度の不具合パーツをこっそり無料で交換してくれることもあります。これはディーラー以外の車検では行われないことです。

じゃあ、ディーラーの方が絶対安心なの?

と思うかもしれませんが、やっぱり苦手部分はあります。

15年以上経過すると部品が生産停止になって入手が難しくなる可能性もあり、その場合はディーラーに車検を依頼していると「部品がないので修理ができない、という理由で「交換部品がありませんし、車検するよりもそろそろ買い替えを・・・」と営業マンから言われる可能性もあるので、評判の良い町の整備工場があればそちらに頼む方が良いかもしれません。(ディーラーの営業マンに色々セールスされるのもちょっとシンドイですし。)

そういう所だと、壊れた部品自体を修理してくれたり汎用部品を使って修理してくれるケースもあります。
ただ、それも腕の良い整備士がいるかどうかに関わるので、町の整備工場全てが出来るという意味ではありません。


スポンサードリンク

車検をディーラーに頼む場合の値引きは可能?

車検でディーラーに頼む場合に値引きが出来るかというと、実際には難しいです。
以前の記事でお話ししましたが、法定費用は決まっているので、残りの点検整備費用をどうするか、ということになります。
そして、複数見積もりを取れば分かりますが、部品交換をすれば部品代がかかるのは当然ですし、オイル交換すればオイル代もかかります。残りの技術料についてはディーラーの場合点検項目が多いので他業者よりも高めに設定されているはずです。そして、検査代行手数料についてもディーラーによって異なるかもしれませんが10000~15000円程度かかるようです。

必要なことをやるから仕方ない、というしかありません。

ですから、金額を抑えたいのであれば部品交換をしないで車検を通せるなら通して、指摘箇所について後日安い部品を買って自分で交換したり、安い業者に依頼するという形が良いでしょう。

◆車検で部品交換の目安はこちらが参考になります。
車検でブレーキフルードは交換すべき部品?エンジンオイル頻度は?

どちらかというと、ディーラーに依頼するのであれば長い付き合いと考えて支払うべきものは気持ちよく支払って、その上で目に見えない[(リコール未満の)不具合その他諸々をサービスで直してもらう、というスタンスの方が良いでしょう。

まとめ

「ディーラーは高いから嫌」という場合は他の業者に依頼する方が良いのですが、その場合は自分で日頃から車の調子に気付き、何かおかしいな、と感じた時にすぐに修理に持ち込めるようにしないと安全性の確保が難しいかもしれません。
もし車に疎い場合は、多少高いと感じても、保険の意味も含めてディーラーにお任せしてしまった方が安心でしょう。

◆車検の記事はこちらにもあります。
車検は何年おきに行うの?いつからいつまで?費用相場1500ccは?
車検業者の特徴と選び方は?おすすめはディーラー?フランチャイズ?
タイヤ交換費用でディーラーは高い?持ち込みは?我が家の失敗談

スポンサードリンク

 - 生活の知恵