面接の時のマスクはするべき?しないべき?コロナ渦のマスクマナー

https://yomemanners.com

仕事のマナー

面接の時のマスクはするべき?しないべき?コロナ渦のマスクマナー

新型コロナウィルスの影響で、新しい生活様式からマスクの着用が当たり前になりましたよね。

マスクなんて風邪の時や花粉症対策でしか、着用するイメージがなかったのに1年で大きく変わってしまいましたね。マスクの着用は、別に着用が義務付けられたわけでもないのに、感染対策としてマスクの着用のアナウンスをされているだけなのに、ほとんどの人がマスクを着用しています。

不思議ですよね。義務ではないかと思うぐらいです。

マスクが当たり前になったので、マスクを忘れたときは、犯罪者になったような罪悪感をとても感じます。とにかく周りの視線が怖いですよね。

どこにでもマスクを着用しなければいけない中、ビジネスシーンではどうしたらいいのでしょうか?

面接に行くことになった場合、マスクを着用して行くべきなのか?

マスクを着用していないと印象が悪くなるのではないのか?
ただでさえ、不安な面接にこんな悩みまであるとうまくいくはずの面接もうまくいきませんよね。

結論としては、面接ではマスクを着用しても大丈夫です

今回は面接でのマスクの着用する場合のマナーや注意点を紹介していきますので、コロナ時代の面接は大変ですが、しっかり対応して、就職活動を成功させてくださいね。

面接の時のマスクはするべき?

まずは、面接に行く際、マスクを着用すべきなのか、知りたいですよね。

では、実際どうなのでしょうか?

面接時のマスクは着用OK

コロナ渦での面接でのマスクの着用は、義務ではありませんが、マスクを着用すること自体は問題ありません。

コロナが流行する前は、マスクはNGでしたので、「マスクは、マナー違反なのでは?」と思う方も多いかもしれません。

しかし、採用担当の方もマスクやフェイスシールドを着用していることも多いので、マスクを外して欲しいという企業は少ないでしょう。
コロナの感染対策をしっかりしている企業のほうが、今の時代では印象がいいので、面接時のマスクNG企業はないと考えてもよさそうですね。

マスクをつけて面接する際は面接前に一言断る

マスクNGの企業はないと考えても問題ないですが、やはり当たり前のようにマスクをつけて面接に行くのは少し気が引けてしまう方もいるでしょう。

そんなときは、面接前に「マスクをつけたままでよろしいでしょうか」と聞いてみましょう。

「ダメ」と言われることはないですが、マナーとして一言断りを入れておくとそのあとの印象もいいですよね。
コロナが落ち着いた後も、花粉症などでマスクをつけたまま、面接に行くときも同様の対応ができます。

面接の際、マスクはNGというわけではなく、必要に応じてマスクの着用可ということになりますね。

マスクの着用時の注意点

では、マスクの着用はOKですが、どのように注意したらよいでしょうか。

マスクの柄は?

コロナの流行が始まった頃、マスクが品薄になったのは、社会的現象になりましたよね。その際、手作りガーゼマスクや布マスク、柄マスクなど様々なマスクが作られました。

では、面接の際、どのようなマスクをしていけばよいでしょうか?

やはりビジネスの場ですので、派手なマスクは控えておき、無地のもので、色は、白や薄いブルーなど、控えめの色の方が無難ですね。リクルートスーツに似合うものを選びましょう。

不織布マスクなら安心!

もし、面接につけていくマスクに迷ったら、不織布マスクを着用していきましょう。

コロナの流行前は、使い捨てマスク=不職布マスクと言うイメージでしたが、不職布マスクには下記のようなメリットがあります。

  • フィルターがあるので、ウィルス予防効果が高い。
  • 使い捨てで使用するので清潔感がある
  • 種類やサイズが豊富

不職布マスクは、3層構造になっていて、真ん中にフィルターが入っているので、ウィルス予防効果もあり、清潔感もあるので、面接の場では好印象を持たれます。

以前、イベントに参加した際、入口で「不職布マスク着用をお願いしてます」と言われて、付け替えたことがあります。公共の場では、不職布マスクの着用がマナーとされているところもあるようですね。

面接用に不職布マスクを買っておくと、1日に何件か面接の予定があるときも、面接ごとに付け替えられるのでとても使いやすいです。

マスク着用時、笑顔は意識して

マスクを着用していると表情はなかなか伝わりづらいものです。

マスク非着用時より、意識して笑顔で話をすると明るい印象を持ってもらえるでしょう。

マスクをしているからといって、口角を意識しないとなかなか笑顔が作れなくなってしまいます。マスクを着用していることによって、マイナスな印象にもならないように、マスクをつけて、どんな表情で話すといいか、面接前に鏡で練習してみましょう。

声ははっきりと大きめの声で

マスクをしていると、声が普段よりも聞こえづらくなります。

はっきりとゆっくりめに話して、声は少しトーンを高めにして大きな声で話をすると聞き返されることもなく、スムーズに面接を行うことができるでしょう。

私も、マスクをしていると口を動かしづらくなってしまって、ゴニョゴニョと話してしまい、聞き返されてしまうこともあります。普段と同じように話していても、マスクをつけていると、声が通りづらくなるので、注意しましょう。

メイクはどうする?

マスクをしていると女性の方はメイクに悩みますよね。

メイクは、ナチュラルメイクを心がけましょう

マスクをしているとついつい濃いメイクをしたくなってしまいますが、濃いアイラインを使ってしまうと、怖いイメージになりかねません。なるべく控えめのメイクを心がけましょう。

体調が悪い時は予定を変えてもらおう

いくらマスクをしているからといっても、コロナの感染が流行している中では、少しでも体調に不安があるときは面接の日程を変えてもらいましょう。

決して、無理をしてはいけません

もし、コロナに感染してしまっていたら、面接した企業に大変な迷惑をかけてしまいます。

オンライン面接の場合は?

コロナ禍では、オンライン面接をすることもあるでしょう。

オンラインの場合は、マスクをする必要はありませんので、マスクを外してくださいね。

オンライン面接だと、お互い表情がわかりますし、感染リスクを軽減できるので、安心ですね。

マスクを外してできるオンライン面接は、とてもいいですが、注意点がいくつかあります。

パソコンのマイク、カメラの確認

オンライン面接にかかせないものが、パソコンです。

必ずマイクとカメラがきちんと動作するか事前に確認しましょう。

もし、パソコンでのオンライン面接が難しいようでしたら、スマホでも、オンライン面接可能です。その際は、スタンドなどを使って、スマホが面接中に動かないように固定しましょう。角度などで見え方も変わるため、微調整も必要になるので、事前準備をしっかりしましょう。

インターネットの環境確認

インターネットの環境の確認をしっかりしましょう。

Wi-Fiが使える環境が好ましいです。

途中で、オンライン面接が繋がらなくなってしまわないように気をつけましょう。

表情や声の大きさにも注意

オンライン面接の際にも、表情や声の大きさにも注意してください。

小さい画面を通して行うので、笑顔を意識し、ゆっくりとはっきりと話すように気をつけましょう。

うまく聞き取れないこともあるかもしれませんが、わからないところは、「もう一度お願いします」と言って、わからないまま終わらせないようにしましょう。

さいごに

面接時のマスクは、着用しても問題はありません。ただし、新しい生活様式での、面接は、今までと違って気をつけなくてはいけないことがあり、マスクの着用や体調管理など、コロナ渦ならではのマナーがあります。

このような状況だからこそ、きちんと対応して、対応力を面接する企業にアピールできるといいですね。

【PR】



【PR】



-仕事のマナー
-