手作り

年賀状を手作りしよう いのしし切り絵を折り紙で!子供も大人もOK!


もうすぐお正月。お正月といえば年賀状ですよね。

パソコン印刷の年賀状だと温かみがないから手作りしたいなあ。
でも、いのししが描けない!作れない!

こんなことで悩んでいませんか。
いのししって難しそうだけど、「野生のブタ」なんですよね。
それを考えれば、「意外と簡単かも!」と思えるはずですよ。

今回は、そんな「野生のブタ(=猪)」を切り絵デザイン化しました。
しかも、身近にある折り紙で出来ますよ。

子供から大人まで作れるもの(難易度の低いものから高いものまで)をご紹介します。

年賀状を手作り いのしし切り絵を折り紙で!

本格的な切り絵だと、細かい図案を描いてカッターで丁寧に切っていくのですが、これだと時間がかかるし手先の不器用な人には超難しいです。

そこで、我が家では折り紙を使った年賀状を作っています。
折り紙といっても、折るのではなく、左右対称な図案の切り絵にしてハサミでチョキチョキ切っていくものです。

最初に、以下のものを用意してください。

【用意する物】
・折り紙(15cm×15cm)・・・茶色(イノシシ)、緑色(松)
・スティック糊
・ハサミ
・鉛筆またはペン

※1枚の折り紙から4つのイノシシ、8個の松が作れます。

【事前準備】
折り紙(茶色、緑色両方とも)を縦半分、横半分に折って、4つに切っておきます。
(実際に使うサイズは7.5cm×7.5cmです。)

では実際に切り絵を作ってみましょう。


年賀状切り絵を折り紙で。子供向け

簡単なのが顔だけのデザインです。

最初に、茶色の折り紙(7.5cm×7.5cm)を2つに折り、下の画像のように鉛筆等でイノシシの線を描きます。

次に、ハサミで線の部分を切ります。切る際には、切った線がきちんと分かるよう、下の画像のように1~2mm程度の隙間を作るようにしましょう。(右側のゴミが、隙間部分です。今回は画像でお見せするために1つの形できれいに切りましたが、実際にはここまで丁寧にしなくて大丈夫です。)

広げると、こんな形になります。

でも、小さい子供の場合はこれだけ顔の造作を細かく切るのは大変なので、輪郭だけを描いてハサミで切り、残った目や鼻、牙はペンで描き入れる方法でも楽しめるでしょう。目をくり抜くのが難しい場合は、穴あけパンチを使う方法もありますよ。

最初に輪郭を描いて切り、そのまま開いてから目や鼻を描いても良いのですが、

今回は、穴あけパンチで下の画像のように2ヶ所開けました。目の部分は深い位置で、鼻の穴の部分は浅い位置で。

その後、折り紙を開いてから、鼻の輪郭をペンで描きます。
また、下の画像(右下)のように、牙を描いたり、更に可愛い口を描いても良いでしょう。

穴開けパンチを使った猪はこんな感じになります。

年賀状切り絵を折り紙で。大人向け(その1)

大人向けでちょっと簡単なのがこちらです。

子供向けのと同じように、茶色の折り紙(7.5cm×7.5cm)を半分に折り、下の画像のようにイノシシの線を描きます。

線に沿って切ります。

耳の部分は細かくくり抜かなくても問題ありませんが、くり抜く場合は下の画像のように、三角形の中央で半分に折って切ります。

全て切って開くと、下の画像のようになります。

年賀状切り絵を折り紙で。大人向け(その2)


「その1」よりも少々細かい図案になります。ギザギザがあるので、より一層イノシシっぽく見られると思いますよ。

最初に、茶色の折り紙(7.5cm×7.5cm)を半分に折り、下の画像のようにイノシシの線を描きます。

線に沿って切ります。

開くとこんな形になります。

大人向けの切り方についても、目の部分を切り抜くのが大変だと思ったら、穴開けパンチを使っても大丈夫です。
使いたいパーツを複数組み合わせてアレンジして、お好みのイノシシに仕上げて下さいね。


お正月切り絵で松の作り方

ちなみに、イノシシだけだと茶色で地味なので、今回は松を背景として添えてあります。(一色より二色あった方が華やかになりますよね。)

松の切り方は以下の通りです。
7.5cm×7.5cmに切った緑色の折り紙を縦半分に折り、それを更に横半分に折ったものに、下の画像(左側)のような線を描きます。
それを線に沿って切り開けばシンプルな松が出来ます。

真ん中の穴は、イノシシの目と同じで、縦半分に薄く折って切ります。

ちなみに、松のサイズは大き過ぎると、イノシシと一緒に葉書に納まらない可能性があるので、画像のように、余白を多めに(松を小さく)描く方が良いですよ。

さいごに

松でなく、ピンクや赤色の梅にしても可愛い年賀状になりますよ。
梅については、こちらのサイトがおすすめです。

折り紙の梅・椿・桜(平面・立体)の簡単な折り方・切り絵の作り方!

切り絵のように自分で作る年賀状は温かみがあるのでインパクトが強いし喜ばれますよ。
面白そうだなあと思ったら、一度切り絵に挑戦してみてくださいね。





この記事を書いた人

運営者:祐希
もうすぐ50代に突入する主婦です。
若い頃はキャリアウーマンだったことから主婦としての常識を知らず、嫁ぎ先で親戚に後ろ指さされた経験があります。その後、優しさと賢さを兼ね備えた亡き姑にマナーや処世術を教わったお陰で主婦スキルが向上しました。
このブログでは、姑から教わったマナーの一般常識を中心に、生活に役立つこと、道具や手続き、車関係等について語っています。
【ホーム】闘う嫁のマナーノート

Twitter→@yomemanners

人気の記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  1. 「度々ご連絡してすみません?」がマナーとして適切かを考える女性
  2. シールのベタベタの取り方は?
  3. 送付状の書き方がわからない
  4. 喪中に祭りで神社へ行くのは駄目?町内会の役員手伝いや祝儀は?
  5. 上司に「無理しないで」でマナーは大丈夫?「身体を大事に?」はどうなの?
  6. 「お会いできるのをたのしみに」で敬語はOK?
  7. 小学校のPTA会長の入学の祝辞
  8. 納骨費用の相場は?石屋さんへの渡し方で封筒の表書きは?寸志は?
  9. 卒業式や入学式の気になるあれこれ【目次】
  10. つまずく、つまづく、躓くの読み方で正解は?
  11. 入院見舞いの手紙やメール
  12. 二重線はどう引くの?ビジネスマナー
  13. オートバックスでタイヤ交換
  14. プラスチックに瞬間接着剤がついたら剥がす方法は?白くなる場合は?
  15. 商品券を送る方法は書留と宅急便どちらもOK?ゆうパックの品名は?
  16. 家庭訪問のマナーで玄関の場合は?狭いけど立ち話だと失礼?

カテゴリー

タグ

新着記事

-手作り
-