年中行事・イベント

母の日プレゼントおすすめ60代70代向けは?安いアイデア商品は?

nayamu
母の日のプレゼントって毎年何にしようか迷いますよね。
1年に1回とはいえ、何年も続くとプレゼントのネタ切れとなり、お母さんも60代から70代になると、働いている人や、年金生活で比較的ゆとりがある場合は欲しい物なんて自分で買えるし。毎年何が欲しいか聞いても「欲しい物なんて無いわよ」と言われてしまうことが多いですよね。
それでも折角の母の日なんだし、感謝の気持ちを選んであげたい場合、どういう路線で考えれば良いのでしょうか?

今回は、プレゼントのおすすめで60代以上の場合について、安い物や面白いアイデア商品についてお話しします。

母の日プレゼントおすすめ60代70代向けは?

まだまだ元気な60代向け

60代くらいだとまだ元気であちこち出かけたり旅行に行ったりする世代なので、おしゃれグッズがおすすめです。また、母の日の5月は日焼けが一番気になる季節なので、紫外線除けグッズや化粧品などもあります。
具体的には、バッグ、財布、スカーフ、紫外線除けストール、日傘、帽子、UVケア化粧品等があります。

また、おしゃれを考えた時に、自分の気になっている部分をケアできる化粧品もあります。ただ、実母なら良いけど、義母の場合は相手との関係を考えて嫌味に受け取られると拙いので気を付けて下さい。

私が過去に実母に贈ったものとしては、眉墨があります。母は眉毛がとっても薄かったのでとても喜ばれました。

ちょっと元気がなくなってきた70代向け

70代になると、まだまだ元気な人も多いのですが、どちらかというと体の調子が気になりはじめ外出や旅行が減り、家でゆったり過ごすことが多くなります。ですから、家で使えるような物がおすすめです。

・キッチングッズ
・健康器具
・ラクが出来る物

このような、お金は持っているので買おうと思えば買えるのだけど、自分では普段買わない商品が良いですね。
キッチングッズでいえば、シリコン製のヘラやお玉など、使っているものが古くなったけど新しくするには、と躊躇しているような物があれば、おしゃれな物を貰えば喜んで使ってくれるかもしれません。

また、健康器具にも様々なものがありますが、肩こりで悩むお年寄りは多いので、次のような商品もありますよ。

また、体を動かすと大変なので負担を減らす便利グッズもおすすめです。
下記商品は私が昨年実母にプレゼントした物です。母は、布団を常に外に干したい人だったのですが、最近は布団の上げ下ろしが重くて辛いと言ってたので、布団を干せない梅雨や台風時期に除湿シートがあれば湿気も多少減るのではないかと考えたのです。贈ったところ、使ってみて良かったと言われたので、その翌月の父の日にもう1つプレゼントしました。

母の日プレゼントのおすすめで安い物やアイデア品は?

母の日のプレゼントのおすすめとしては以上ですが、やはり「欲しい物なんて無いわよ」と言われてしまうと数千円というプレゼントを贈っても相手に負担と感じさせてしまう可能性もあります。(これは相手の性格にもよりますが。)

ですから、安い物、ちょっとした物を贈りたいという考え方もありますよね。自分が器用なら手作り品を贈ったり、御馳走を作って食事に招待するという方法もあるでしょう。でも、そうでない場合は何を贈るにしてもお金がかかります。
ケチになるつもりはないけど「欲しい物がない」という場合はささやかな気持ち程度の物を贈る方が良いでしょう。

花が好きなら小さな切り花1本だけでも、メッセージを添えれば良いと思います。でも、花さえ要らないという場合は、小さい子供がいるなら次のようなグッズもありますよ。

フォトフレームで子供の写真を入れた物や、母とのツーショット写真を入れる物もありますが、一度贈ると二度は使えませんものね。ストラップなら置き場所に困らないし普段持ち歩けるので喜ばれますよ。

また、ウケ狙いですが、次のようなグッズもあります。
これは友人のお母さんが足が不自由で滅多に外出できない、ということでおすすめしたところ、家で花の咲くところを見れたと喜ばれたものです。

さいごに

母親が60代、70代になるとネタ切れになるし欲しい物もない、と言われて困るのですが、普段の行動がどうか、外出が多いか家に居ることが多いかに注目してみると、何が役に立つか見えてくるかもしれません。今回ご提案した物の中に少しでもピンとくるものがあれば幸いです。

◆母の日のメッセージで悩んだらこちらの記事がおすすめです。
母の日の義母宛メッセージ文例は?プレゼントは連名にすべき?

◆母の日記事の目次はこちら→母の日に関する悩み一覧ページ





この記事を書いた人

運営者:祐希
もうすぐ50代に突入する主婦です。
若い頃はキャリアウーマンだったことから主婦としての常識を知らず、嫁ぎ先で親戚に後ろ指さされた経験があります。その後、優しさと賢さを兼ね備えた亡き姑にマナーや処世術を教わったお陰で主婦スキルが向上しました。
このブログでは、姑から教わったマナーの一般常識を中心に、生活に役立つこと、道具や手続き、車関係等について語っています。

コメントはTwitterタイムラインへ→@yomemanners

人気の記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  1. 「度々ご連絡してすみません?」がマナーとして適切かを考える女性
  2. シールのベタベタの取り方は?
  3. 送付状の書き方がわからない
  4. 喪中に祭りで神社へ行くのは駄目?町内会の役員手伝いや祝儀は?
  5. 上司に「無理しないで」でマナーは大丈夫?「身体を大事に?」はどうなの?
  6. 「お会いできるのをたのしみに」で敬語はOK?
  7. 小学校のPTA会長の入学の祝辞
  8. 納骨費用の相場は?石屋さんへの渡し方で封筒の表書きは?寸志は?
  9. 卒業式や入学式の気になるあれこれ【目次】
  10. つまずく、つまづく、躓くの読み方で正解は?
  11. 入院見舞いの手紙やメール
  12. 二重線はどう引くの?ビジネスマナー
  13. オートバックスでタイヤ交換
  14. プラスチックに瞬間接着剤がついたら剥がす方法は?白くなる場合は?
  15. 商品券を送る方法は書留と宅急便どちらもOK?ゆうパックの品名は?
  16. 家庭訪問のマナーで玄関の場合は?狭いけど立ち話だと失礼?

カテゴリー

タグ

新着記事

-年中行事・イベント
-