厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

闘う嫁のマナーノート

手作り

母の日に手作りカーネーションで感動させよう!簡単豪華リース折り紙

投稿日:


母の日に手作りカーネーションを作って
お母さんをあっと驚かせたい!喜んでもらいたい!
でも、どんなカーネーションなら喜んで貰えるのかなあ。

と悩んでいませんか。

今回は、簡単に出来るけどゴージャスなカーネーションリースの折り紙をご紹介します。

スポンサードリンク

母の日手作りカーネーションの折り方は?

今回ご紹介するカーネーションリースはこちらの作品です。

これは、普通の大きさの折り紙(15cm×15cm)1枚を使ってカーネーション1個を折ることができます。これを6個以上折って台紙に貼るとリースになりますよ。(数は多ければ多いほど豪華ですが、6個でも大丈夫!)

では、最初に材料と道具を用意しましょう。

【用意する物】
・折り紙(カーネーション用、赤系。両面同色がおすすめ)
・葉っぱ用折り紙(緑色系)
・厚紙(リース台紙用)

・普通のハサミ
・ギザバサミ(100均でも購入できますよ。)
・竹串(葉っぱの曲線仕上げ用)
・木工用ボンド
・両面テープ

折り紙で両面同色というのはいくつかあるのですが、レビューを見ていたところ、以下の商品がおすすめとのことで購入しました。
タント紙なので丈夫で形の美しい花ができますよ。

中の色は以下のように、赤系の濃淡が色々揃っています。

この折り紙を四角く4つに折り、下の写真のように丸い形で印をつけます。(写真では、プリンカップを使っています。)

印に沿って、ギザバサミを使って切っていきます。

4枚の円形花が出来たら、下の写真のように折り目をつけていきます。

折り目は出来るだけ細かくハッキリつける方がキレイにできますよ。

木工用ボンドのふたの部分を使い、カーネーションの花のように立体化します。(傘を閉じるような感じでギュッとします。)これを3枚作ります。

作った3枚はこちらです。
     ↓

残りの1枚は花の中心部にするため、下の写真のように細く折り畳むようにおります。

先端部分を7~8mm程度折ります。(折った部分がのりしろになります。)

最初に折った3枚は、中心部分にボンドをつけて、

指でギュッと押して花びらを重ねていきます。

残り1枚は、先端の「のりしろ」に木工用ボンドをつけて、中心部につけます。(最後は竹串などでしっかり押さえます。)

1個の花が完成しました。

これを6個以上作って下さい。色は1色でなく、2~3色使ってもきれいにできますよ。


スポンサードリンク

カーネーションリース折り紙の組み立て方は?

今回は4色6個のカーネーションを使います。(本当は3色にするつもりでしたが、間違って薄ピンク色を別の色にしてしまいました。でも、そんな組み合わせでも結構きれいにできます。)

リースの台紙は、カーネーションの個数に合わせてください。6個の場合は、CDやDVDを使ってくり抜くとピッタリ合いますよ。

CDを厚紙に当てて鉛筆で印をつけてからハサミで切ります。

リング型にしたいので、内側も少し小さめの円形を見つけて印をつけて切って下さい。今回はビニールテープの円を利用しました。

こんな感じになります。(今回、下の写真のようにリングの太さが均等でなくなりましたが、それでも問題ありません。)

花の裏に両面テープをつけて、

バランス良く配置してから貼ります。(両面テープだと安定しない場合は、貼る位置を正式に決めたら木工用ボンドで貼る方が良いでしょう。)

カーネーション折り紙の葉っぱの作り方

花が多い場合はこれで完成でも良いのですが、今回は花が6個でリースとしては少々寂しい気がしたため、葉をつけて華やかな雰囲気にしました。葉っぱも折り紙やコピー用紙を使って作ります。

紙を2つに折り、下の写真のような形で切り抜いていきます。

立体的にするために、葉っぱのフチをカールします。竹串を使って下の写真のようにします。

次に、下の写真のように少し広げて、

葉っぱの根元部分を7~8mm程度折り、のりしろにします。

葉っぱも5~6枚作ります。

葉っぱの「のりしろ」部分に両面テープをつけて、下の写真のように「花の外側」や「花と花の間」に立体的になるよう貼っていきます。

華やかな雰囲気になりましたよね♪

スポンサードリンク

カーネーションリースの仕上げ

壁に吊るす場合は下の写真のように、穴を開けて紐を通します。(穴あけパンチで開けるときれいにできます。)

ただ、穴を開けるなら、カーネーションを貼り付ける前に行う方がやりやすいかもしれません。

最後に紐を通してぶら下げます。

さいごに

今回使ったタント折り紙は分厚いため、細かい折り目をつけるのに時間がかかってしまうかもしれません。ですが、丁寧に細かくやるほど、質感のある上品なリースになります。

ただ、時間がない場合や折り紙が苦手な場合はタント紙でなく、カラーコピー用紙の方が薄くて折りやすいですよ。どちらにしても、本物みたいな美しいカーネーションリースになります。

こんなカーネーションリースを母の日にプレゼントされたら、手に取って初めて「えっ、紙だったのね!」とビックリするかもしれませんよ。母の日には是非、お母さんをビックリ、感動させてみてくださいね。

スポンサードリンク

-手作り
-

Copyright© 闘う嫁のマナーノート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.