自動車のチャイルドシートの義務は何歳まで?フロントとリアのどちらに取り付けるのが正解?助手席エアバッグを解除できる?

https://yomemanners.com

生活の知恵

自動車のチャイルドシートの義務は何歳まで?フロントとリアのどちらに取り付けるのが正解?助手席エアバッグを解除できる?

子供を車に乗せる際にはチャイルドシートが必須ですよね。
でも後ろの席ならチャイルドシートしなくても事故のときでも大丈夫じゃないの安全ではないの?
前の席にチャイルドシートをつけるとエアバッグが開くと危なくないの?
など、疑問がありますよね。

チャイルドシートの疑問を解決する点について今回はお話しします。

チャイルドシートは義務?

チャイルドシートは出生直後から6歳未満までの子供を自動車に乗車させる場合、が道路交通法で使用が義務付けられてます。違反すると道路交通法違反で1点の減点となる罰則が定められています。

6歳未満の子供を乗車させる場合にはその体格のいかんにかかわらずチャイルドシートは必須なのですよね。そして、全席でも後席の両方とも必要なんです。

6歳以下の子供を乗せる時は必ずチャイルドシート必須と覚えておくとよいでしょう。

チャイルドシートを取り付ける席は?

チャイルドシート

チャイルドシートは子供の安全を守るために設置場所にも十分な注意が必要です。

法律ではフロントシート・リアシートのどちらに装着をしても構わないことになっており具体的な設置場所は規定されていません。

しかし安全面からはフロント側には助手席エアバッグが装着されているので、衝突時にエアバッグが膨らんだ場合の危険を想定するとリアシートにつけるべきです。

ただし小さな子供の場合には、子供が運転をしている親の姿が見えないリアシートだと不安となり泣き出してしまうことが多いので、フロントシートに設置したいときもあります。その際にはエアバッグが干渉することを防ぐため十分な注意を払うことが必要です。

フロントシートに取り付けるときは前向き

多人数の子供を乗せる時や、やむを得ずフロントにチャイルドシートを装着しなければいけない時は絶対に後ろ向きには取り付けてはいけません。後ろ向きに取り付けると、エアバッグから近い前側にチャイルドシートが設置される形になるため、万が一エアバッグが膨らんだ場合に子供が押し潰される危険性があります。

そのため国産車はリアシートに取り付けることを推奨している他、やむを得ずフロントに取り付ける場合にはシートを1番後ろまで下げて取り付けることが推奨されています。また可能な限り前向きのものを取り付けることも指定されているので、このルールを守ることが大事です。

国産車では助手席側のエアバッグの作動を解除することができる車種はありません。
外国車の場合には一部に助手席エアバッグの作動を解除することができるタイプがあり、助手席にチャイルドシートを安全に取り付けることが可能なものもあります。エアバッグの作動を解除すれば、エアバッグが膨らんでもチャイルドシートに干渉する危険が無くなりフロントシートに安全にチャイルドシートを設置できるのです。

さいごに

チャイルドシートは法律では6歳未満の子供には必ず使用することが義務付けられています。子供の年齢(体の大きさ)により形状が異なるため最適なものを選ぶことが重要です。

6歳を過ぎると法律上はチャイルドシートを使用しなくても良いことになりますが、安全のためには身長140cm以下の場合にはシートベルトを正しく利用することができないため、子供が「窮屈〜」と騒ぐようになるまではチャイルドシートを使用するとより安全です。

関連記事



関連記事



-生活の知恵
-