厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

闘う嫁のマナーノート

冠婚葬祭マナー

友引に葬式や通夜をしても問題ないの?宗派によって違うの?

投稿日:

calender
友引にお葬式をするのは良くないと言いますが、葬儀に参列する機会が多い人だと、友引の葬儀告別式に当たってしまい、
「あれっ?友引だけどお葬式があるって本当かな?大丈夫なのかなあ?」
という疑問が出ることがあります。もし大丈夫でなかったら、何か対処方法があるのでしょうか。

また、告別式でなくお通夜が友引というケースもあります。これも、心配になる人がいるでしょう。

今回は、友引の葬儀における疑問について、宗派による違いなども含めてお話しします。

六曜って何?という方にはこちらの記事がおすすめです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
六曜の意味や順番は?案外知られていない 縁起のいい順とは?

スポンサードリンク

友引の葬儀って大丈夫なの?

友引に葬儀をすると「友が引かれる」=「友を死後の世界へ引き寄せる」と思い避けるべきではないかと考えがちですが、実はコレは迷信的なものであり、実際に葬儀を行っても問題ありません。

友引というのは六曜の一つであり、室町時代に中国から伝わった占いです。大安、仏滅などの6種類がほぼ規則的な周期であることからカレンダーの曜日のように使われてきましたが、戦後になり吉凶判断として人気が高まったものです。

「友引」という漢字なので「友を引く」ような気がしますが、元々は中国の勝負の世界が語源であり、勝負の際に力が伯仲していて決着がつかないため「共に引いた」ことから「共引」とされたのです。それが何故か、日本に入った際に「友引」になっただけのこと。中国から入ったから仏教的な意味があるのではないかと勘違いする人が多いのですが、仏教とは何も関係がありません。

ただ、迷信だと頭では理解していても心の隅で気にしてしまう人が多いし、火葬場では友引を定休日と定めるところが全国的に多いです。
というのも、火葬場は土日などを定休日にすると、葬儀参列者のことを考慮していないとされるため好ましくないのですよね。かといって、平日のどこかの日を休日にしたくても根拠がないため、特定の日を休日に定めるのが難しいのです。

こんな理由から、日本人に馴染みの深い六曜を根拠にすれば納得してくれるだろうということで友引を定休日とする火葬場が全国的に多いのです。


スポンサードリンク

友引に通夜を行うのは問題ないの?

縁起を気にする人だと「友引の葬式が駄目ならお通夜も同じように駄目だろう」と考えるのですが、友引のお通夜は全く問題ありません。

というか、六曜は時々ズレが生じるものの、基本的に6日周期で回ってくるし、縁起が悪いという理由で告別式だけでなくお通夜までやらないとなったら、残りの4日間だけしか葬儀が出来ないことになり葬儀関係の会社が大変ですよね。
まあ、お通夜の友引が問題ない理由は、こういうことではなく、お通夜の日は火葬場を使わないため、友引が火葬場の定休日であっても問題ないということです。

繰り返しになりますが、友引は単なる占いであり迷信なので、鵜呑みにしなくて良いのです。ですが、火葬場が友引を休日にすると当日に火葬できないため、告別式を行えないだけなのです。その点、お通夜はその前日だから大丈夫なんですよね。

友引に葬儀を行う火葬場ってあるの?

ですが、地域によっては火葬場の休日を友引以外にしているケースがあります。
どちらかというと、西日本に多く、東日本は少ない傾向です。

東日本を見ると、友引に開いている火葬場は、今のところ東京都では大田区にある公営斎場の臨海斎場のみとなっています。
また、神奈川県では、横浜市の場合、4ヶ所の公営斎場(横浜市北部斎場、横浜市南部斎場、戸塚斎場、久保山斎場)で友引の開場をローテーションしています。その他、大和市でも公営斎場の大和斎場が友引でも開場しています。

また、公営の火葬場だと自治体の議会の影響を受けることもあります。ある自治体では、「迷信である友引の日を定休日にするのは法律的に問題がある」という理由で議会の承認が得られず友引を定休日にする案が却下されたことがあるそうです。

このように、友引でも告別式を行うことは可能ですが、そうなると、今度は遺族や参列者の中で「友引に葬式って大丈夫なの?」と心配する人もいますよね。そんな人のための対策なのか、故人に人形やぬいぐるみを抱かせて火葬する(友引人形)という方法があります。
告別式が友引の場合、生きている人々をあの世に連れていかないようにするため、故人が淋しくないように棺に人形やぬいぐるみを入れるのです。(ただ、地域や宗派によっても異なり、友引は迷信だから、と割り切って通常の葬儀と同じように行うところもあります。)


スポンサードリンク

友引の葬式は宗派によって違うの?

とはいえ、「友引に葬式」というのは、もしかしたら宗派によって違うのかもしれない、と考える人もいますよね。
カトリック、プロテスタントなど、キリスト教や神道などは六曜とは無縁なので友引なんか気にしませんよね。また、仏教の中では、浄土真宗は六曜や位牌などを気にしないため、友引の葬式でも全く問題ありません。

では、浄土真宗以外の仏教は六曜を気にするか・・・というと、実は仏教も、どの宗派も全く気にしません。何故かというと、既にお話ししましたが、六曜は中国から入ってきた占いのような存在で、仏教とは全く無関係だからです。だから、浄土真宗に限らずどの宗派でも友引に葬式をしても構わないのです。

ただ現実的には、火葬場が定休日だと告別式ができないため、友引に葬式をしないという結論になってしまうだけの話なんですよね。
「キリスト教なのに友引に葬式をしないって不思議だねえ。」じゃなくて、火葬場が開いてなかったから友引に葬式が出来なかっただけ、なのです。

さいごに

友引は仏教や神道と全く無関係なので、お通夜や告別式を行っても問題ありません。ただ、「友を引く」という漢字から縁起が悪いという理由で火葬場を定休日としているケースが多いため、友引に告別式を行わないところが多いというだけです。
友引に葬儀に参列することになっても、あの世に連れていかれることはありませんので、心配しないでくださいね。

■六曜について詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください。→「六曜」一覧

スポンサードリンク

-冠婚葬祭マナー
-

Copyright© 闘う嫁のマナーノート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.