*この記事にはプロモーションが含まれています

供養のマナー

香典の書き方アルファベットの縦書きは?会社名の英語や外国人名は?

香典の表書きで、アルファベットの場合はどうすれば良いのでしょうか。

会社名が英語等のアルファベット表記、一部の国を除き日本国籍以外の方の氏名などは、文字として横書きが基本です。縦書きは想定されていませんので、悩ましいところです。

決まりごとではありませんが、社名や氏名がアルファベットの場合、香典を用意する際の基本的な考え方・書き方をまとめておきます。

香典の表書き〜アルファベットの縦書きは?

香典の表書き、中袋や裏面に記載する個人名や住所等は、縦書きが基本です。アルファベットは、そもそも横書きの文化とはいえ、香典は日本の慣習ですから、今のところどうしようもありません。

アルファベット表記の社名や個人名を縦書きで書くときの、正式な決まりごとはありません。社名や氏名を、相手も間違いなくわかるように正しく書くのが基本なのです。

【香典でのアルファベットの書き方】
・アルファベットをそのまま縦書きに並べる
・カタカナ表記にし縦書きにする

いずれかになりますが、個人の判断によります。

相手の読みやすさを考えればカタカナになるのでしょうが、正式名称を記載すると考えればアルファベット表記になるからです。

過去には、「なんて読むのかわからないと困るから」などの理由もあったようですが、その考えは時代遅れです。これだけ国際化しているわけですし、日常生活にもアルファベットなどは、普通に使用されています。

そもそもで、香典を用意するということは、故人かご遺族と何らかの関係がある方なのです。正式名称で記載されても批判されることではないでしょう。

「読めない」には、2つあります。発音がわからない、文字として読めない。

発音がわからなくて読めない」であれば、電話で直接話をするのでなければ、なんの問題もありません。これは、漢字表記でもありえます。でも、漢字の読み方がわからないから、ひらがなで書け、ルビ(読み仮名)をふれ、とは誰も言わないのですから、他の言語でも考え方は同様でしょう。

ただし、「文字が読めない」のは困ります。相手も読めるだろうと思われる文字で書く必要があります。

例えばタイ、ベトナム、インド、スリランカなど、母国語がアルファベット以外の場合には、判読できないことが多々あります。その場合には、アルファベット表記にするか、カタカナ表記にする方が望ましいでしょう。

結局、書く側の判断となるのですが、相手にとっての読みやすさで選ぶといいでしょう。

香典の表書き〜会社名が英語(アルファベット)

例えば、「STRシステム株式会社 代表取締役 ○○ ○○」の場合には、次のようになります。


アルファベット表記の場合は、そのままアルファベットを縦に書いて大丈夫です。

社名にアルファベットを使用する会社も増えています。正式な社名なのですから、そのまま縦書きにしても構わないのです。

アルファベットの部分が長い場合でも縦書きでかまいませんが、文字の収まりが悪い、見た感じのバランスが悪いような場合には、カタカナにしてもいいでしょう。

香典の表書き〜外国籍の名前

具体例を挙げると、
Abraham Lincoln(エイブラハム リンカーン。アブラハムと読むこともあるようです。)

アルファベット表記、カタカナ表記のどちらでも構いません。

アルファベット以外の文字であれば、正式な書き方よりも、アルファベットかカタカナで書く方が親切です。

これは、書く側が決めることです。本人以外の外野が「マナー」とか言って決めることではありません。あくまで、書き手側の配慮、考え方の問題なのです。

そもそも、香典は日本の慣習です。日本語は縦書きであるから、香典の表書きも縦書き当然なのであって、そもそもでアルファベット等の外国語表記のことまで想定されていません。

ですから、唯一の答えはないのです。「◯◯がマナー」と言い切る方もいらっしゃいますが、それは古くからのしきたりではなく、近年誰かが言い始めその場で作られた「自称マナー」に過ぎません。

社名や氏名を、相手も間違いなくわかるように正しく書くのが基本なのです。アルファベットにするか、カタカナにするかは、読みやすさ、バランスの良さなどから、ご自身で判断して構わないのです。

-供養のマナー