つまずく、つまづく、躓くの読み方で正解は?

https://yomemanners.com

言葉遣い

つまずくとつまづく どっちが正解?「躓く」の意味と仮名遣いの関係は?

「躓く」という漢字の読みは「つまずく」「つまづく」のどっちが正しいのでしょうか。

こういう問題は一度正解を聞いても直ぐに忘れてしまいますよね。
忘れないようにするには、なぜそうなるのか、意味を理解することが重要です。

今回は、「躓く」の仮名遣い以外にも、同じようなパターンの言葉に共通する理解の仕方についてまとめました。

「つまずく」と「つまづく」 どっちが正解なの?

つまずいて転んだ子供

躓くは、「つまく」が正解です。

ただ、昔は「つまく」とされていたことから、本当は「つまずく」だけど「つまづく」でもいいですよ・・・と例外が許容されている言葉です。(仮名遣いは内閣告示で定められるものであり、現在使われているのが「現代仮名遣い」、昔使われていたのが「歴史的仮名遣い」と言います。)

昭和21年より前は歴史的仮名遣いだったため、日本の近代文学作品は歴史的仮名遣いなのですよね。そして、歴史的仮名遣いは現在でも尊重されていることから、今、躓くの読み仮名を「つまづく」と書いたとしても許容されることになっています。国語辞典などによっては「つまづく」でも出てくるものもあるし、パソコンの漢字変換でも「つまづく」と入力しても「躓く」と変換することができるのです。

とはいえ、なぜこのようになるのか分かりませんよね。
次に、この理由についてお話しします。


躓く「 つまづく」の 意味から紐解く、間違えずに覚える方法

「躓く」の意味は、

(1)歩いている途中で、足先が物に突き当たってよろける
躓く女性

(2)物事の途中で、予想外の障害に突き当たって失敗する
考えるひよこ
このような意味になるのですが、元々の漢字は「爪突く(つまづく)」だったのです。「躓く」だと意味が分かりづらいのですが、「爪突く」だと一目瞭然ですよね。それが、「躓く」という一語で書くようになると、元の意味が分かり難くなります。

このように、
「つく」が前の単語とくっ付いて「づく」になるけど、既にその時点で「漢字の意味が意識しづらい」ケースでは、「ず」という文字を使う。
という現代仮名遣いのルールが適用され、「つまずく」になるのです。

爪突く=「つめ」+「つく」

歴史的仮名遣い「つまづく」

現代仮名遣い「つまずく」


仮名遣いの「ず づ」「じ ぢ」のポイントは?

現代仮名遣いの中で特に「ず」「づ」「じ」「ぢ」は間違えやすいので、基本のルールを知っておくとその都度悩まなくて済むようになりますよ。仮名遣いは原則として発音通りに書くのですが、以下の場合に例外が生じることから注意しなければなりません。

「ぢ」「づ」に該当するケース

(1)同音が続くため2音目が濁った「ぢ」「づ」の場合。
【具体例】縮む(ちぢむ)、続く(つづく)、綴る(つづる)、鼓(つづみ)等。

(2)二語の連合で、元の言葉が意識できるとき。
【具体例】鼻血(はなぢ)、底力(そこぢから)、入れ知恵(いれぢえ)、湯呑茶碗(ゆのみぢゃわん)、間近(まぢか)、近々(ちかぢか)、手綱(たづな)、新妻(にいづま)、三日月(みかづき)、小遣い(こづかい)、小包(こづつみ)、手作り(てづくり)、心尽くし(こころづくし)、道連れ(みちづれ)等。

「じ」「ず」に該当するケース

(1)二語の連合で、元の言葉が意識し難しいとき。
【具体例】世界中(せかいじゅう)、稲妻(いなずま)、固唾(かたず)、杯(さかずき)、絆(きずな)、ほおずき、訪れる(おとずれる)、少しずつ(すこしずつ)、融通(ゆうずう)等。

(2)上記以外の音読みで、元々濁っているもの
【具体例】地面(じめん)、図画(ずが)、布地(ぬのじ)等。

さいごに

現代仮名遣いのルールはこれ以外にも様々ありますが、「じ」「ぢ」「ず」「づ」のルールは非常に紛らわしくて混乱する人が多いです。ですが、一度ルールを理解しておくと、次に分からなくても「こうだっけ?」と推測できるようになります。

ちょっと取り組みづらいかもしれませんが、一度じっくり読んでみてください。





この記事を書いた人

運営者:祐希
もうすぐ50代に突入する主婦です。
若い頃はキャリアウーマンだったことから主婦としての常識を知らず、嫁ぎ先で親戚に後ろ指さされた経験があります。その後、優しさと賢さを兼ね備えた亡き姑にマナーや処世術を教わったお陰で主婦スキルが向上しました。
このブログでは、姑から教わったマナーの一般常識を中心に、生活に役立つこと、道具や手続き、車関係等について語っています。
【ホーム】闘う嫁のマナーノート

Twitter→@yomemanners

人気の記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  1. 「度々ご連絡してすみません?」がマナーとして適切かを考える女性
  2. シールのベタベタの取り方は?
  3. 送付状の書き方がわからない
  4. 喪中に祭りで神社へ行くのは駄目?町内会の役員手伝いや祝儀は?
  5. 上司に「無理しないで」でマナーは大丈夫?「身体を大事に?」はどうなの?
  6. 「お会いできるのをたのしみに」で敬語はOK?
  7. 小学校のPTA会長の入学の祝辞
  8. 納骨費用の相場は?石屋さんへの渡し方で封筒の表書きは?寸志は?
  9. 卒業式や入学式の気になるあれこれ【目次】
  10. つまずく、つまづく、躓くの読み方で正解は?
  11. 入院見舞いの手紙やメール
  12. 二重線はどう引くの?ビジネスマナー
  13. オートバックスでタイヤ交換
  14. プラスチックに瞬間接着剤がついたら剥がす方法は?白くなる場合は?
  15. 商品券を送る方法は書留と宅急便どちらもOK?ゆうパックの品名は?
  16. 家庭訪問のマナーで玄関の場合は?狭いけど立ち話だと失礼?

カテゴリー

タグ

新着記事

-言葉遣い
-