厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

闘う嫁のマナーノート

冠婚葬祭マナー

袱紗の種類でおすすめは?色と材質とサイズで注意すべきことは?

投稿日:


結婚式や葬儀ではご祝儀袋、不祝儀袋が必要になりますが、それと合わせて欠かせないのが袱紗です。時にはこういう場で袱紗を使わない人も見かけますが、社会人としてきちんとした振る舞いをしたいなら、やはり袱紗を1つは用意しておきたいものです。

でも、どんな袱紗を買えば良いのでしょうか。袱紗には種類や色が様々あるので、どれを選べばよいのか分からず悩んでしまうのですよね。

今回は、袱紗の選び方のおすすめで、種類や色、材質だけでなく、購入前にチェックしておきたいサイズに関することもお伝えします。

スポンサードリンク

袱紗の種類でおすすめは?

袱紗にはいくつか種類があるのですが、一般的なものとしては、以下の3つがあります。

  • 掛袱紗
  • 風呂敷タイプ~台付き袱紗・台のない袱紗
  • 金封袱紗

では細かく確認していきましょう。

掛袱紗

四隅に房のついた、小さいサイズの袱紗で、切手盆などのお盆の上に金封をのせて、その上に掛ける袱紗です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

袱紗 正絹 塩瀬 8号【並】寿・定紋
価格:12420円(税込、送料無料) (2018/2/23時点)

多くの人が意外に思うかもしれませんが、これが袱紗の中で最も本格的なものです。というのも、元々袱紗というのは、贈り物の金品を渡す際に埃などがつかないようにするため風呂敷で包んだリ、別の小さい四角い布を被せたのが発端です。(厳密に言うと、漢字では「袱紗」と書くことが多いのですが、小さい物は「帛紗」と書きます。)
そして、相手はそのまま受け取って奥へ持っていき、中身を出して返していたのです。

ですが、一番本格的とはいっても、結納金を持参する際に使うなど、多額な現金を包む場合以外には殆ど使われません。だから、あえて購入する必要はありません。(お布施等を出す際に、もしこれがあればより一層丁寧ですが、無くても問題ありません。)

風呂敷タイプ~台付き袱紗・台のない袱紗

お盆に金封を置いて、その上に掛袱紗をかけて相手に差し出すのが正式なやり方ですが、これを簡略化したのが台付き袱紗です。相手に渡す際に、袱紗から取り出した金封を台の上にのせることが出来るので便利ですし、裏表で色が異なるため慶弔で使い分けることが可能です。そのため、1枚購入するなら「台付き袱紗」が一番重宝すると言われています。ですから、デパート等でも台付き袱紗を勧められることが多いようです。

この商品は2千円代で正絹なので楽天の人気商品ですし、4.6超の高評価となっています。

下の商品は台のない風呂敷タイプの袱紗です。

金封袱紗について

金封袱紗は、熨斗袋を入れやすいようにポケットタイプになっている袱紗です。小さめのハンドバックや胸ポケットに入れても包みが乱れないのも良いところです。風呂敷タイプよりも開閉がラクなので、若い人には人気があります。

とはいえ、これはあくまでも「簡易的な袱紗」の位置づけです。ですから、年配になると正式な袱紗を持つべきだと自覚して、台付き袱紗を買い直す人も少なからずいます。

袱紗はどこで買う?

袱紗はご紹介した楽天市場などのネット通販でも購入できますが、もしじっくり見たいのであれば、直接お店に行って、店員さんにアドバイスを貰って決めるというのも1つの方法ですよ。
袱紗は、デパートや大型ショッピングセンターの呉服コーナーや礼服コーナー、 紳士服店、仏具店、文房具店等で販売されています。

では次に、袱紗の色や素材についてお話しします。

スポンサードリンク

袱紗の色や素材の選び方は?

袱紗には様々な色があるのですが、慶事と弔事で使える色が以下のように異なります。

慶事→紫、赤、朱、オレンジ、ピンクなど暖色系
弔事→紫、緑、紺、藍、グレーなど寒色系

慶弔で2種類を購入して使い分ける人もいますが、滅多に使う機会はないので、慶弔兼用できる紫色の袱紗を1つだけ購入する人が多いです。

ところで、紫色の袱紗というと若者には「地味だなあ」「年寄りっぽい気がする」「お葬式用?」などと敬遠されがちですが、昔は紫色が最も高貴な色とされていましたし、落ち着きがある色なので、老若男女問わず使える便利な色なのですよね。ですから、若い人が持っていても全然おかしくありません。

模様

高級品になってくると鶴、亀、蓮などの刺繍が入った袱紗もあります。ただ、刺繍だと入学式や出産に使わない方が良い等の制限があるので、紫色の無地の袱紗が一番ラクに使えます。また、掛袱紗や台付き袱紗で高級な品物の場合には、家紋を入れるケースもあります。その他、有料で、名前を入れるサービスを行うお店もありますよ。

材質

100円ショップでも安い袱紗はありますが、素材はポリエステルです。また、楽天等でも安い商品はポリエステルです。
両方とも、遠目に見れば気にならないのですが、安いと縫製が雑なので、近くで見ると粗が気になるかもしれませんし、長く使うには物足りないかもしれません。

良い物を長く使いたいなら、やはり正絹がおすすめです。正絹で縮緬(ちりめん)という商品が多いです。若い20代なら気にならないものですが、3、40代になったら良い品を持たないと・・・ と考えるようになるのですよね。あまり気にしない人もいますが、目聡い人は本物の絹かどうかパッと見て判断できるため、受付で自分がどう見られるのか心配になってくるのですよね。

正絹の場合、楽天等のネット通販であれば2、3千円から購入できます。デパート等店頭で購入するのであれば、1万円近くかかるでしょう。金封袱紗であれば、次のような西陣織のものがあります。ちょっと値段が張るけれど、レビューを見ると高評価ばかりなので、気になったら一度チェックしてみてくださいね。
(ただ、袱紗は2枚袷(あわせ)になっており、表地だけ正絹、裏地がポリエステルという商品が多いです。まあ、裏地は周囲から殆ど見られない部分なので問題ないとは思います。)

袱紗のサイズで注意すべきことは?

袱紗の選び方では種類と色だけに関心が向き、他の要素を見落としがちですが、購入する前にサイズについても考えておく方が良いですよ。

というのも、楽天市場の様々な袱紗のレビューを見ていると、時々低評価のレビューがあるのですが、その内容として以下のようなサイズに関する記載があるのです。

・フォーマルバッグに袱紗が入らなかった
・袱紗よりも熨斗袋の方が大きくて入らなかった
・一応使えるけど、自分の想像よりも袱紗の大きさが小さかった

ちなみに、台付き袱紗について言うと、多くの商品が、

・袱紗の一辺の長さ→約33~35cm程度の正方形
・板の大きさ→約19cm×12cm
・畳んだ時の大きさ→約20cm×13cm

となっています。

熨斗袋の大きさはこれに合うサイズの商品が多いのですが、時々大きいサイズの熨斗袋もあり、これだと入れるのが難しいです。これは金封袱紗も同様で、約20×12cm程度の大きさなので、大きい熨斗袋だと入りません。大きな熨斗袋の場合は、台の無い、風呂敷タイプで大きめの商品を選ぶ方が良いでしょう。

また、「使えるけど、自分の想像よりも小さかった」という場合には、どちらかというと台の無い風呂敷タイプを想像していたかもしれません。台付き袱紗の多くは、中央部分に板の四隅を留めることができて、袱紗全体が小さめなので畳みやすく使いやすい仕様になっています。
一方、台の無い風呂敷タイプでは、一辺が44~45cm程度のものを使います。この場合も台付き袱紗と同じように包むのですが、折り畳んだ際に余る部分は折り返して使うことになります。


スポンサードリンク

さいごに

袱紗の選び方としては、色や種類などの要素を見ると色々ありますが、慶弔兼用できる紫の無地のものがおすすめです。
金封か台付き袱紗か迷った場合、扱いやすいのは金封袱紗ですが、金封袱紗はあくまでも簡易的な位置づけなので、30代以降であれば台付き袱紗を購入する方が無難です。

スポンサードリンク

-冠婚葬祭マナー
-

Copyright© 闘う嫁のマナーノート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.