闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

成人式で母の振袖を着るのが嫌!地味なお下がりを今風に出来るの?

      2016/11/19

kimono
成人式で母の振袖を着るように、と言われて悩む女性は少なくありません。

というのも、今の時代の成人式の振袖は色や柄がハッキリして非常に華やかですが、数十年前の母親の振袖だと地味で古臭いと感じるのです。
この場合、お下がりの振袖を着るべきか、安くてもいいからレンタルにしたいという悩みで揺れ動くのですよね。

今回は、母親や親戚のお下がりの振袖を着るべきか、どのようにすれば恥ずかしくないのか、今風に着こなすコツについてお話しします。

スポンサードリンク

成人式で母の振袖を着るのが嫌な場合はどうすればいいの?

成人式で「母の振袖を着たくない」「お下がりは嫌」と感じる女性は案外多いようです。
「着たくても金銭的に余裕が無くて着られない人よりはマシ」という現状認識はできていても、それでも自分の希望とかけ離れた着物は嫌だと感じるものです。

でも、成人式というのは振袖コンテストではないのです。
あくまでも、大人の仲間入りをする式典なのですから、自分自身にとって何が大切なのかを理解して振る舞い、自信を持つことが重要な意味を持つのです。

今時の成人式というと、頭にティアラや大きな花を飾ってダウンスタイルにしたり、伊達襟をレースでヒラヒラさせる等、ゴテゴテ飾り付ける方法もあるようですが、果たしてそれは成人式に相応しいでしょうか。
着物というのは、シンプルな方がその人自身の若さや美しさを際立たせるものです。

成人式の振袖に対するお母さんの思いは?

貴方のお母さんが貴方に自分の振袖を着て欲しい、というのであれば、それはとても思い入れのある大切な着物に違いありません。
そして、貴方のために何十年も着物を大切に保管して、大人の仲間入りである式典に着てもらおうと考えていたのですから、その思いを理解して汲み取ること、親に対して感謝することが、大人としての第一歩ではないでしょうか。
また、そういう思いを実感することで、友達と着物の自慢大会になった場合でも「母親が自分のために何十年も大切にとっておいてくれた」と堂々と自慢できます。
お母さんも、高価な良い着物だからこそ貴方の晴れの舞台である成人式にと出してくれたのです。
お下がりといっても「単なる古着」でなく、「お値打ちもの」なんですよ。

着物の良し悪しについて

若い女性は着物を着慣れていないので分からないでしょうけど、着物というのは洋服を選ぶ感覚で選んではいけません。

今は着物について全く知識がなく、その着物の良さを理解できないかもしれませんが、それなら少し着物について学んでみると良いですよ。
今時の振袖は生地が外国縫製であったりペラペラで深みのない、安い物が多いものです。
一方、良い振袖ほど手間暇かけて繊細な作りなので深みを帯びているもので素材の色、質、醸し出す雰囲気に雲泥の差があるのです。

振袖に友達からケチをつけられたら?

第三者というのは真実とは別の、その人にとって都合の良いことを言うものです。

成人式では大勢の友人に会うでしょうし、着物の見せびらかし、自慢話になるかもしれません。そして、今風の着物でないことに対して色々言うひともいるかもしれません。

でも、友人も所詮、貴方と同じ20歳なのですから、たとえ洋服を選ぶ目は肥えていても和服の良さなんて分からないのです。
人によって、嫉妬心から貴方の着物を貶めるような「古い」「ダサい」などの言葉を吐く可能性もありますし、何気ない一言であったりなので、いちいち振り回されないようにしましょう。

また、着物というのは、一対一での感じ方と、何百人、何千人という成人式の中での印象とは全く異なるものです。

成人式では大多数の女性が振袖を着ています。
そして、今時の派手な柄で白いファーを身に着けているのです。

だから、今時の振袖というのは派手なように見えて埋没してしまうものです。
そして、どれも似たり寄ったりと、かぶってしまうため、とっても居心地が悪いものです。

そんな中、古風で地味だけど深い味わいのある振袖を身に着ければ、逆に引き立ちます。
その時点では着物の良さを理解する人は中年以上かもしれませんが、大人の第一歩の儀式なのですから、周囲の騒音に惑わされず、渋くても本物の良さを理解して身に着けることこそが重要なのです。


スポンサードリンク

成人式の地味なお下がり振袖を今風に着こなすには?

昔の振袖にもいろんな柄や種類がありますが、それを見て不満を感じるなら、「古臭い」「地味」というような印象を持つでしょう。
多くの若い女性が希望するイメージは「今風の」「派手な感じ」であり、その場合の着こなしポイントは次の2つです。

・小物を新調する
・髪型を今時の髪型にする

地味な色合いの着物は、小物を最大限に派手にすればびっくりするくらい印象が変わります。
コーディネートはもちろん自分で1つ1つ探すこともできますが、多少予算があるなら、着物と帯の写真を撮って着物専門店(呉服店)に相談するのがおすすめです。
可能なら現物を持参して、その場であれこれコーディネートしてもらうほうが良いでしょう。
コーディネートは店によっても、担当者によっても異なるものです。

「今時の派手な雰囲気を出したい」など、自分の抱いている希望をしっかり伝えれば、店員さんもしっかり応じてくれるはずです。
また、貴方は着物専門店での品選びは不慣れでしょうから、お母さんやお祖母さんなど、着物の目が肥えている人と行って、ここで後悔のないようしっかり複数の目で確認しながら決めた方が良いですね。

ちなみに、小物といっても着物には次のように様々な種類があります。

成人式の振袖を華やかにする小物は?

・髪飾り→こちらの記事がおすすめです。
・半襟
・帯揚げ
・帯飾り
・帯締め
・帯留め
・草履
・バッグ
・襦袢
・ジュエリー
・ネイル

もちろん、全てを新調する必要はありませんが、少しだけでも、例えば帯揚げや帯締めを高級感のあるものにする等してみると、着物だけで見た時よりも格段に良い印象に変わっているはずです。

そして、実際に袖を通して着てみるとまた印象が変わるし、化粧やヘアメイクをすると更に印象が変わるものです。
美容師さんにも事前に着物や帯を持参して、自分の希望を伝え、自分に合ったメイクやヘアスタイルが出来るよう打ち合わせしましょう。

さいごに

着物というのは、柄の良し悪しだけで決まるものでなく、最終的に、着こなした自分の姿勢や仕草で決まるものです。
着物の小物選びを楽しんで、古風な着物が今風に華やかになるのを見て自信を持ってください。
その自信が更に、着物を着こなした貴方を素敵にすることでしょう。

ぜひ、成人式では堂々とお母さんの振袖を着こなしてくださいね。

●成人式の髪飾りについて迷ったらこちらの記事をご覧ください。
成人式振袖の髪飾りで安い物は?選び方や生花飾りの注文方法

スポンサードリンク

 - 年中行事・イベント