闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

iphone引き止めポイントGet方法は?au解約違約金と機種変更クーポン

      2016/11/19

iphone
auのiphoneを使い始めてまだ2年弱ですが、使用頻度が激しかったためバッテリーの寿命がきてしまい、この数週間は100%充電してもすぐに残量20%未満になる事態に陥りました。
当初は修理を検討したものの、容量を増やしたいこともありiphone6sPlusに機種変更することにしました。

さて、過去の機種変更では量販店で店員さんのおすすめ通りに選んでいたのですが、今回安く出来ないか調べ、交渉次第でMNP引き止めポイントを発行してもらえるという話を聞いたので、交渉下手の自分にも出来るのかと緊張しながらauに電話してみました。

今回は、auを解約する場合の違約金がどの程度かかるか、負担を安く済ませる方法や機種変更時のクーポンについてオペレーターと話したことを元にお話しします。

スポンサードリンク

iphone引き止めポイントのGet方法は?

iphoneの引き止めポイントをGetするには、まずは契約している通信会社へ電話しなければなりません。私の場合はauなので、携帯電話で次のようにやりました。

(1)携帯電話から157(au総合案内)にかけます。(年中無休、9時~20時)

(2)プッシュボタン「3」→「2」を選びます。
(157番でなく携帯番号ポータビリティー予約番号発行問合せ窓口(0077-7-5470)もOK。)

(3)オペレーターが出たら、「他社に移りたいのでMNP予約番号を発行してください」と話します。

実際に他社に移る訳ではありませんが、交渉のために移りたいという方向で話を進めましょう。

(4)電話番号や氏名、生年月日等により本人確認をします。

(5)MNP予約番号の発行理由、どこに移るか、どの機種にするのかを詳細に聞かれます。

私の場合は、「バッテリーがそろそろ寿命になってきたので機種変更をするか考えたけど、(iPhone最新機種だと)代金がかなり高いのでNTTドコモで新規契約して安く済まそうと考えています。」 と話しました。
(他社への移行については「移行する通信会社名」と「最新機種への変更」程度を念頭にしておきましょう。)

(6)他社へ移るメリットとデメリットを説明されます。

今回の解約による違約金が発生する旨と実際の金額を提示されます。
「他社へ移るとメリットがあるように思えるかもしれませんが、デメリットの方が大きいのですよ」という内容を説明されました。
契約更新月以外だと「誰でも割」の違約金10,260円が掛かるのです。(他に発生する費用としてはMNP持ち出し2,160円、事務手数料3,240円ですが、これは機種変更と他社移行のどちらも掛かる費用なのだとか。)

(7)auのまま機種変更する方がお得ですよ、と引き止めポイントの提示が出ます。
auとしても引き止めないと顧客が逃げますから、あまり難しく考えないで電話しても引き止めポイントを付けてくれるようですが、もし万が一話がなくて引き止められない場合は、「もしポイントを貰えるなら考え直してもいいのですが」と言う方が良いかもしれません。

最高で30,000円という話を聞いていましたが、私の場合は16,200円でした。
契約年数等によってサービスの上限額が異なるようです。

また、私の契約更新月は11月なので、それまで残り20日弱となっており、その段階でMNP予約番号を発行してしまうと10月中に解約しなければならず違約金が発生して損するから、もし解約するなら、あと数日間待った方が良い、と言われました。


スポンサードリンク

auのiphone解約で違約金無しのケースは?

違約金は契約更新月だけかかりません。
私の場合は更新月が11月ということで、11月ならいつでも「誰でも割引」の違約金10,260円が掛からないとのこと。

ちなみに、違約金の発生日は「解約日」であり、これは他社での新規契約日が該当します。
流れとしては、auでMNP予約番号を貰ったら有効期限が15日間なので、その間に他社へ予約番号を持ち込んで契約することになり、その契約日が解約日になるため、違約金を発生させないためには他社での契約日が契約更新月でなければなりません。

ですので、10月下旬にMNP予約番号を受け取っても、他社への持ち込みが11月初めなら違約金を払わずに済みます。

iphone解約で違約金以外の費用を抑えるコツは?

もう1つ、お得情報として教えてもらったのですが、auで私が入っていた料金設定「LTフラット」では月の1日解約だと、その月の基本料金が発生しないため、月の初日解約がおすすめと言われました。

今回は本当に解約するつもりはなかったのですが、もし将来的に他社へ移ることを考えるのであれば、「契約更新月かどうか」だけでなく、「基本料金の発生の有無」等を確認して時期を検討するのが良いでしょう。
(auなら月の初日解約だと当月の基本料金がかかりません。プラン次第かもしれません。)

auのiphoneを機種変更でクーポン発行はどうなる?

今回の電話では、MNP引き止めPOINTを2~3日中にメール送信により発行手続きしてもらえることになりました。
私の提示されたのは16,200円でしたが、本体価格が税込97,080円(iphone 6s Plus 64GB)ということを考えれば、これだけ安くなるだけでも満足です。
(過去に品物を値切ったりする経験がなく、今回初めての交渉事でしたし。)

また、今使っている機種(iphone5c)については下取りすると最大で24,840円を機種代金に充当出来ると言われましたが、結構不具合が多いので半額程度になればいいかな、と考えています。

今回担当してくれたオペレーターは非常に親切な対応をしてくれて、料金プランの無駄についても相談し、現状のインターネット、電話の使用量に会ったプランを提示してくれたので、機種変更しても今までよりも料金が若干安く抑えることになりそうです。

ちなみに選んだコースは、スーパーカケホです。
月額基本料金1,700円でかけ放題のプランです。
ただし電話は1回につき5分以内、データ通信3GB/月という制限があります。

まとめ

MNP引き止めポイントは交渉事なので難しいのかと心配しながら電話したのですが、案外あっさりと引き止めてくれ、ポイントGetすることができました。
もしこれから機種変更しようと考えている方は、ぜひ試して安く機種変更してくださいね。

スポンサードリンク

 - 生活の知恵