闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

バレンタインのラッピング大量生産の友チョコに安くて超可愛い方法

   

choco
バレンタインに手作りチョコをあげる人は多いですよね。
どんなチョコを作るか、というのは散々悩むものですが、つい、忘れがちなのがラッピングです。

本命チョコならいざ知らず、友チョコや義理チョコなんて、食べられればいいよね、という発想で作ってしまい、作り終えてから

「あっ!こんなに沢山のチョコレートをどうやって持っていけば良いの!?」
shock

と慌てる人も多いでしょう。

今回は、大量生産した友チョコに最適な、安くて可愛いラッピングで、紙コップを使った我が家オリジナルの方法をご紹介します。

スポンサードリンク

バレンタインラッピングで大量生産の友チョコ向け方法は?

バレンタインのラッピング用品は文房具店や100円ショップなどに様々な商品が販売されていますが、友チョコや義理チョコとして大量生産した場合は100円といえども数が多くて案外コストがかかってしまいますよね。
そこで、安いラッピング用品となると下のような透明な袋が一番良いのですが、

クッキーやマドレーヌのような物を入れるなら良いけど、トリュフや生チョコなどのチョコレート菓子を入れるには向かないかもしれません。それに、中身を隠したい場合もありますよね。

そんな時におすすめなのが紙コップです。

紙コップを使ったラッピングは様々ありますよね。

(1)紙コップの縁のクルクル巻を伸ばしてから
IMG_0197
2つに折ってマスキングテープで貼る方法
IMG_0198

(2)二つ折りで穴を開けて
IMG_0200
リボンを通す方法(下の写真では縁のギザギザバサミを使っていますが、無くても大丈夫です)
IMG_0201

(3)コップの上から均等に8か所、3cm程度ハサミを入れてから
IMG_0202
折って蓋にする方法
IMG_0203

ちなみに、この場合はシールで留めても良いし、
IMG_0208
マスキングテープやリボンで結うイメージにしても可愛いです。
IMG_0207

ちなみに、白色無地の紙コップの場合は、周りにシールを貼ったりマスキングテープで縁取りしたり、絵を描く方法などによって可愛くアレンジできますよ。

でも、今回、近くのイトーヨーカドーで可愛い紙コップを見つけたので、
IMG_9844
この柄を活かしたラッピングをすることにしました。


スポンサードリンク

バレンタインのラッピングで超可愛い友チョコ義理チョコにしよう!

今回の紙コップは、動物4種類(うさぎ、かえる、くま、ぺんぎん)の絵が描かれています。

ぺんぎん以外は耳が伸びているので、これを活かした形に仕上げます。

IMG_9845

ペンギンについては耳がないので、

IMG_9849

単純に8ヶ所切り込み入れて蓋として折り込めば完成!

IMG_9851

次に耳付き動物についてご説明しますね。

3種類とも、耳を活かして、その両脇部分からハサミを入れて次のように切ります。
IMG_9863
切った部分は裏側へ折り込みます。
IMG_9860

その後、残り部分を5か所(難しければ6か所でもOK)均等に切ります(目分量、だいたいでOK)。

その後、切った部分が蓋になるように折り込んでいくのですが、
IMG_9864
クマの耳の後ろは下の写真のようにコップの蓋のように丸みを作って折り込むと良いですよ。
IMG_9865

でも、耳の部分を別の長さで切っているため、ペンギンのように全面が重なった状態で蓋することは出来ません。
そこで、蓋が安定するよう、折り込んだ部分の中央部分に穴を開けて、リボンを通していきます。
IMG_9875

穴は、穴あけパンチで開ける方がキレイなのですが、結構面倒なので、目打ちや千枚通しで大丈夫です。(耳の後ろ部分の中央にも穴を開けます。)
IMG_9875

その後リボンを通していきます。
IMG_9876

IMG_9879

 

IMG_9880

リボンを一周させたら最後に、端と端を結って蝶結びにします。

 

IMG_9882

この方法でカエルとクマは問題なく出来ます。

カエルの紙コップの切り方と穴開けは下のような感じで行いました。

IMG_9873

 

 

でも、ウサギの場合は非常に耳が長いため、同じやり方だと隙間が空いてしまいます。

IMG_9883

全ての蓋を折り込んでも、下の写真のように、耳の後ろに隙間が出来てしまうのですよね。

IMG_9888
そこで、クッキングシートを小さく(一辺が6~7cmの正方形や丸型に切り、補助蓋として使います。)

IMG_9889

ギザギザばさみがなければ普通のハサミでカットして大丈夫ですが、ちょっとお洒落にギザギザばさみを使ってみました。
大きさは紙コップより少し大きい程度にします。

蓋になるように、ウサギの耳の後ろ部分に重ねて穴を開け、リボンを通します。

IMG_9890
その他の面も穴を開けてリボンを通していきます。一周したら、リボンの端と端を結って蝶結びにします。

IMG_9891

クッキングシートがはみ出て気になる場合は、

IMG_9892

下に折って前面から見えないようにしましょう。

IMG_9893

 

4種類並べると、こうなります。

IMG_9895

さいごに

スポンサードリンク

大量生産のチョコをどうやって持っていけばいいのか、と困った場合に紙コップが重宝します。
もし動物型の紙コップがあったら、このように使えば可愛いラッピング容器に変身するので是非作ってくださいね。
また、普通の紙コップしかなくても、シールを貼ったり絵を描いたりすれば、オリジナルの素敵なラッピングが安く可愛く仕上がるので、色々試してくださいね。

スポンサードリンク

 - 手作り