闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

女の子2人目に雛人形は必要?市松人形や羽子板つるし雛は?

   

hinaningyou
女の子の2人目に雛人形を買うべきでしょうか。

「今ある雛人形は長女のために買った物で、2人目にもお雛様が必要と思うけど
置く場所はないし、どうしよう?」
と多くの人が悩むものです。

今回は、2人目以降の女の子に雛人形が必要か、その代わりになるとされている市松人形、羽子板、つるし雛などについてお話しします。

スポンサードリンク

女の子2人目に雛人形は必要なの?

雛人形は「女の子の嫁入り道具」や「災厄の身代わり」といった考え方で、1人1つずつ必要と言われることが多いのですが、元々の雛人形の由来を考えるとそれを鵜呑みにする必要はありません。それよりも、2人の子供をどのように育てるか、雛人形の位置付けをきちんと考えた上で決めることが大切です。

というのも、元々雛人形は平安時代の貴族の子女の遊び道具だったため、昭和初期までは一般庶民が買えるものではありませんでした。また、災厄の身代わりとして人形を川に流すという慣習も古くからありましたが、これは遊び道具としての人形とは異なるため高価なものではありませんでした。その二つを販売側が都合良く解釈して「雛人形は災厄の身代わりなので1人1つずつ必要」という説が広まったと思うのですよね。

人形の川流しは確かに「災厄の身代わり」と言いますが、根本は「子供が元気で育ちますように」と願いを込めることであり、雛人形が無ければ災厄が降りかかるという意味ではないはずです。お正月の初詣や厄年の厄除けと同じで、しないからバチが当たるものではないでしょう。その点をよく考えてみると、雛人形の存在が絶対的かどうか、自ずと理解できるものです。

ここで、雛人形を女の子1人1つ購入する場合とそうでない場合について予想されることを挙げます。

【1人1つずつ買う場合】
・スペースが必要
・毎年飾る手間がかかる
・全く同じ雛人形が手に入る可能性は低いので姉妹平等になるとは限らない

【2人目以降は買わない場合】
・「お姉ちゃんの雛人形だけでズルイ」と言われる可能性がある
・雛人形を買うお金がないほど貧乏だと思われる可能性がある

私自身は「次女で購入してもらえなかったパターン」ですが、まさに上記のようなことを考えて卑屈になっていました。このような場合に母親が「お雛様は子供全員の物」だと上手に説明して子供である私が納得できれば良かったのでしょうけど、母は長男長女が家を継ぐという典型的な戦前の考え方の持ち主であり、次女のお雛様は無くて当然だと言われてしまったのです。

ただ、大人になった今は、私も少しは精神的に成長したのか、お雛様に対する思いが次のように変化しました。

・目に見える物が欲しいのは幼い年代だけ。
・大人になったら雛人形2つは勿体ないという金銭感覚が芽生えるし、欲しいという思い入れがなくなる。
・自分が雛人形を飾って片付けるのであれば、逆にその存在が面倒臭くなる。

2人目の子供の本音は、お雛様という目に見える物よりも、最終的に「両親が自分のために何かしてくれた」という証拠が欲しいのです。
そこで、2人目に雛人形を買わない場合でも、子供のために雛人形と同じように「災厄の身代わり」になる次のような物を買う方法もあります。

・市松人形
・羽子板
・つるし雛

どの方法が良いのかは、その家庭の考え方や見た目の好みなど様々な要素により異なります。次にそれぞれの由来や特徴についてお話しします。


スポンサードリンク

雛人形と市松人形の関係は?

昔の雛人形は非常に高価なもので、お金持ちの娘の嫁入り道具であり、昭和初期までは一般庶民にとって手の届かない存在でした。その代わりとして市松人形を購入するケースがあったそうです。

市松人形の由来はいくつかあるのですが、江戸時代中期の歌舞伎役者、佐野川市松に似ていたことから名付けられたという説が広く知られています。佐野川市松は非常に美しかったため、「美しく育つように」という願いを込めて作るようになったのだとか。

ただ、その当時は今のような華美な人形でなく、単なる着せ替え人形だったのです。今でいえば「リカちゃん人形」「ぽぽちゃん人形」等と同じような、小さい女の子の遊び道具で「裸の状態」で売られていて、買った人が衣装を縫って作るものでした。また、着せ替え人形としての役目を終えると、成長した女の子が裁縫をするようになると衣装作りの練習台としても使われていました。

市松人形は雛人形専門店に行けば華やかなものが売られているのですが、昔ながらの市松人形としては次のような商品があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本人形 夢さくら(赤)
価格:6480円(税込、送料別) (2017/1/14時点)

それが、時代の流れでリカちゃん、ぽぽちゃん等に着せ替え人形としてのポジションを取られた後の、現代における市松人形は次のような用途として使われるようになっています。

・2人目、3人目の雛人形の代わりに
・雛人形は母方の祖父母が買うため父方の祖父母からの贈り物として
・親戚からの初節句のお祝いとして

ただ、現実的には「市松人形は怖い」という人も少なくないので、買うかどうかは贈る相手の好みを確認してからの方が良いでしょう。
というのも、市松人形はテレビの影響もあるのか、「髪の毛が伸びるのではないか」等と怪奇現象を想像してしまう人もいるからです。そのため、市松人形が嫌だから2人目も雛人形にしよう、という考えの人もいます。

ちなみに、下の写真の市松人形は11年前に娘の初節句に夫の母が買ってくれたものです。その当時高価な贈り物に感謝したものですが、引越しするようになり無用の長物になりました。(高さ60cm、幅40cm、奥行き30cm程度もあるので狭い家に置くの難しいのです。)既に母は亡くなっているので形見のような品となってしまい、処分したくても出来ずに困っています。娘は人形のことをどう思っているかというと、「どうでもいい」と興味ナシです。何を贈っても、贈った側の自己満足なのではないか、と考えさせられるのですよね。
ichimatsu

雛人形の代わりに羽子板でも大丈夫なの?

雛人形を買わない代わりに、災厄除けとして市松人形か羽子板を買うという方法もありますが、羽子板には災厄除けの用途はあるものの、飾るのは雛祭りの時期ではありません。
元々羽子板は、女の子が生まれて初の正月を迎える際に飾ってお祝いするものであり(男の子の場合は羽子板でなく破魔弓です)、飾る時期は12月中旬以降、片付ける時期は1月中旬頃とされています。

具体的には、

・人形が家の中に多すぎるので雛人形や市松人形だと困る場合
・祖父母や親戚からのお祝い

という場合なら問題ないでしょう。ただ、雛祭りの時期に雛人形を飾らず、正月の羽子板だけというのはちょっと寂しい気がしそうですね。

初正月のお祝いとして贈る場合は、下のような女性が描かれた物が一般的ですが、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

6号 羽子板飾 道成寺
価格:6500円(税込、送料無料) (2017/1/14時点)

ありきたりのデザインでなく長く大切に使えそうなものとして、次のような商品もありますよ。

小ぶりで華やかなのがこちら。

雛人形と比べて つるし雛ってどうなの?

つるし雛は雛人形と比べると省スペースだし値段も手頃だし、比較的買いやすい品が多いです。

起源は江戸時代とされています。なぜつるし雛が誕生したかというと、雛人形が庶民に普及した時代は、庶民にとっては高価だったため、一般庶民には手の届かないものでした。でも、庶民だって親が子供の健康と幸せを願う気持ちは一緒。そこで考えられたのが、つるし雛だったのです。雛人形の代わりという点では市松人形と同じで、どちらを選んでも良いでしょう。

小さな人形を沢山作って吊るすから「つるし雛」なのですが、これを1人で作るのは大変だから、子供の幸せを願って母や祖母、親戚、近所の人が数個作って大きな形にまとめて吊るしたものです。大勢の人が願いを込めて作るという点で、折り紙の千羽鶴と似ていますよね。

今は、上のような、市販のつるし雛もありますが、自分で作ってプレゼントする方法もあります。
子供が小さい時は、このような小さくて触り心地の良い人形も喜ばれるものです。

さいごに

スポンサードリンク

2人目の雛人形というのは非常に悩ましい問題です。姉妹2人を全ての条件で平等にと考えるのは難しいですし、スペースもないのに雛人形をもう1つ購入しても、将来的に子供が大事にしてくれるとは限りません。
子供がどう感じるかは、親の説明の仕方もありますが、本人の性格、感じ方も関係あるので、このような話し方をするといいですよ、というアドバイスが出来ないのですが、いずれにせよ、どの方法を選んだ場合でも「あなたが元気に育って欲しいと考えて、この人形(または羽子板)を選んだのよ」ということを伝えていくことが大切でしょう。

スポンサードリンク

 - 年中行事・イベント