闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

雛人形を娘に譲るのは駄目なの?新しく買うなら結婚後の処分は?

   

hinaningyou
雛人形はかさばるので結婚する際に実家に置いてくる女性が多いのですが、娘が生まれると「実家で眠っているお雛様を娘に譲るという方法も良いのではないか」と考えますよね。でも、娘に譲ってしまっても良いのでしょうか。

今回は、

・自分の雛人形を娘に譲るのは駄目なのか
・譲る場合の問題点と解消方法
・新しく買う場合、結婚後実家に置きっぱなしの雛人形の処分方法

これらの問題についてお話しします。

スポンサードリンク

雛人形を娘に譲るのは駄目なの?

雛人形は子供の災厄を身代わりさせるという意味で、1人に1つずつ必要だという考え方が現代では主流であり「雛人形を娘に譲るのは駄目」と思い込んでいる人が多いです。

でも、雛人形の起源を辿ってみると、確かに紙で作った人形を川に流して災厄を祓う「守り雛」だったという説もありますが、それ以外に、平安時代に貴族の子女の「雛遊び」だったともされています。
これが後に江戸時代に入ってから、人形遊びが節句の行事と合わさって庶民へと広まっていくのですが、その際に、災厄の身代りという儀式的な意味合いと、お嫁入り道具としての意識が強まっていきました。
その、お嫁入り道具という考え方故に、贅沢な作りの雛人形が多くなっていったのです。
ただ、その後、贅沢な作りが増々過剰になっていったため、徳川8代将軍吉宗の享保改革では、大型の雛人形を禁止する政令が公布されるほどでした。

ということで雛人形の歴史を踏まえると、

・災厄の身代わりとして考えるのであれば、娘には別の雛人形が必要。
・嫁入り道具の1つという考え方であれば、娘、孫娘へと代々受け継ぐため譲るのはOK。

という解釈ができるのではないでしょうか。「嫁入り道具」の考え方について細かく言うと、雛人形は代々大切にするものであり「一代限りでなく次の世代の幸せを願う」という考え方で代々1つの雛人形を大事にしていく、というパターンもあれば、「娘は娘でお嫁入りしても雛人形を並べ、孫娘用の雛人形は別に用意して一緒に並べて飾る」というパターンも考えられます。

ただ、どちらにしても「買っただけ」「家に保管してあるだけ」では意味がなく、「毎年飾って愛でて、大事に保管しておくこと」が大切であり、飾るのが面倒になって出さないとか、粗雑な扱いをして傷んでしまうということだと問題ですよね。

雛人形の専門店に行けば、「雛人形はお嬢様の災厄の身代わりですから1人1つずつ必要です」等と力説されますが、子供が小さい時だけでなく成長してからも毎年大事に飾っていくか、手間でないか等を考えると、人形店の店員さんの言うことを鵜呑みにするのでなく、自分や家族が雛人形をどのように思うのか、しっかり自覚してから決める方が良いのではないでしょうか。
災厄の身代わりが必要であれば、ある程度のスペースを必要とする雛人形でなく、省スペース型の市松人形や羽子板などを購入する方法もありますよ。

ここで、雛人形を娘に譲る場合に想定される事項を挙げておきます。

【雛人形を娘に譲る場合】

・自分の災厄を娘に譲ってしまう(と思われる可能性がある)
・お祝いなのにお古を渡すなんて失礼だ(と思われる可能性がある)
  →受け継ぐ雛人形が良い品でないと納得してもらえない
・勿体ない精神が強い(と思われる可能性がある)

いずれにせよ、雛人形を譲ることについて、敢えて新品を買わずに自分の物を譲ろうとするのか、について考え方がブレないことが大切です。もちろん周囲に納得してもらう必要がありますし、実際に譲った後は、娘に対しても「お母さんがおじいちゃんに買ってもらった、すごく良いお雛様なのよ」ということを伝えていくことが大切です。
そうしていかないと、娘が成長した時に「お母さんのお古なんだ(がっかりorz)」と思われる可能性もあるので注意して下さいね。

では次に、雛人形を新しく買う場合に考えられる事項をお話しします。


スポンサードリンク

雛人形を新しく買う場合の問題点とは

雛人形を新しく買う場合、次のようなことを考えなければなりません。

(1)雛人形を買うお金が必要
(2)誰が購入するかでひと悶着の可能性がある
(3)自分の雛人形の処分に悩む

当たり前ですが、雛人形を買うお金が必要となります。そして、誰がお金を出すか、については各家庭の考え方がバラバラで、家によっては「自分が買いたい!」「相手に買ってもらいたい」ということで揉め事になるケースが多いです。

一昔前は、「女の子の雛人形は妻側の祖父母が購入し、男の子の五月人形は夫側の祖父母が購入する」というような地域的ないわれもありましたが、今はこだわりないところが多いです。
また、雛人形を譲るかどうかも含めて、「自分達が買った雛人形はとても良い品だから譲りたいのに」という人もいれば、逆に「母親のお古なんて可哀想だから新しい雛人形を買ってあげたいのに」という人もいます。
これは各家庭で全く考え方が異なるので、世間一般の考え方が云々というよりも、夫婦でしっかり話し合い、両家祖父母の思いをくみ取って円満な対処が必要です。

結婚したら雛人形は処分すべきなの?

さて、新しい雛人形を買う場合、自分の雛人形を今後どうするかという悩みに直面するのですが、これについては次の方法が考えられます。

(1)実家で飾ってもらう
(2)嫁ぎ先で娘の雛人形と並べて飾る
(3)人形供養に出す

(1)については、両親にとっては手間でしょうけど、思い入れのある雛人形なら実家で飾ってもらうことで災厄を祓ってもらうことになる、という考え方です。でも、年老いた両親にそういうことをさせるのは、自分からお願いするのはちょっと難しいですよね。

そこで、今の住まいに場所的な余裕があるなら、(2)娘の雛人形と並べて飾るという方法も有りでしょう。

でも、今は子供のだけでなく自分の分まで出す、というのは場所的な意味だけでなく、手間も精神的な余裕も難しいかもしれません。雛人形を娘に譲るというなら、娘の物ですから大事に飾れるかもしれませんが、子育てで忙しい身でありながら自分の雛人形まで出す、というのは様々な点から難しいでしょう。

なので、現実的なのは(3)人形供養に出す、ということかもしれません。

人形供養を近くの神社仏閣で行ってない場合は、下記のような郵送で行ってくれる寺院もありますよ。
本寿院 人形供養のページ

さいごに

雛人形を販売している人形店に行けば、当然沢山売るのが商売ですから「雛人形は1人1つずつ用意すべきもの」という見解をごく当たり前の常識として提案してきますが、雛人形の起源を振り返るとそれ以外の要因もありますし、「絶対に雛人形を用意しなければならない」というものではありません。ですが、夫婦だけでなく祖父母の考え方が違うと揉めるケースも多いので、それぞれの意向を確認して、皆が納得してお祝いしたいものです。

スポンサードリンク

雛人形を譲るか買うか、という問題は私自身も娘の購入の際に悩みましたが、後になって振り返ると「娘のため」といいつつ、自己満足だったり周囲の見栄も多分に含まれていました。
とはいえ、最終的にどちらを選ぶにしても、「この雛人形が一番良いと思ってあなた(娘)に選んだのよ、だから大事にしていこうね」ということは伝えていきましょう。子供というのは小さい頃には雛人形を大事にするものですが、成長すると興味が失せて、毎年飾るのが面倒になってくるものです。でも、小さい時に大事に思っていたという記憶があれば、ずっと心に残るものですよ。

スポンサードリンク

 - 年中行事・イベント