闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

エタノールの容器にPPや100均は?確実なスプレーボトルは?

   

img_2128
エタノールはスプレー容器に入れて使うのが便利ですよね。
だから、エタノールを購入後に詰め替え容器を探す人が多いのですが、実際に容器を買いに行くと「アルコール不可」の注意書きが多いのですよ(ノД`)・゜・。
そして、迷うポイントは次の2つです。

・プラスチックの種類はPP、PE、PET等があるけどエタノールにはどれが適しているか?
・100均の容器は安いから駄目なのか?

そこで今回は、エタノールをスプレーボトルに詰め替える場合にどんな容器なら大丈夫なのか、商品や素材の違いに着目してまとめました。

スポンサードリンク

エタノール容器にPPは?使える素材と使えない素材は?

ポリエチレン(PP)はエタノールを入れることが可能ですが、市販のエタノールの容器を確認すると、市販のエタノールは容器が高密度ポリエチレン(PE)、蓋がポリプロピレン(PP)というパターンが一般的です。
また、エタノールだけでなく様々な薬品類や洗剤等の容器も同じ材質のことが多いです。(醤油や日本酒などの食品に使われる容器の材質はポリプロピレンやPET容器もあります。)

ところで容器選びをする場合に欠かせないのがプラスチックの基礎知識です。プラスチックにはPPやPEの他に10種類以上あるのですが、主に容器の材質として使われるものは次の5種類があるので一度確認しておきましょう。

(1)ポリエチレン(PE)→高密度・低密度の2種類有り。
(2)ポリプロピレン(PP)
(3)ポリ塩化ビニル(PVC)
(4)ポリエチレンテレフタレート(PET)
(5)ポリスチレン(PS)

このうち、エタノールを入れることが出来るのは(1)から(3)です。
我が家で購入したエタノール(上記写真)の容器も、次の写真の通り、PEとPPが使われていました。
img_2129

(4)のPETについては、有機溶剤や強酸、アルカリ性薬品への耐性がないのでエタノールは使えません。アルコールはせいぜい20%焼酎が限界で、それ以上強いアルコールを入れてしまうと容器にヒビが入ったり割れたりする可能性があるし、内側からプラスチックが溶け出す可能性もあります。また、酸については食事に使うお酢が限界です。(PETにもグレードがあり、グレードの高いものならある程度のアルコール濃度の物なら耐えられる容器もありますが、注意書きでアルコールを入れることが駄目だと書かれている容器はグレードの低い商品なので、アルコールを入れない方が良いです。)

(5)のPSは酸やアルカリに対しては問題ありませんが、アルコールを長期間入れて使うと中身が変性するのでエタノールも当然使えません。

また、その他エタノールが使えないプラスチック素材としては次のような種類があります。

  • アクリル樹脂(PMMA)…長期間使うとヒビが入り割れたり異臭が生じます。PETよりもアルコールには弱いです。
  • SAN樹脂(AS)…何度も使うと容器が不透明になります。
  • AB樹脂(ABS)…長期間使うと膨張します。

詳しく知りたい場合はこちらのサイトがおすすめです。
日本プラスチック工業連盟「主なプラスチックの特性と用途」

「ポリ」ってどんな意味?

上記でお分かりのようにプラスチックには「ポリ」という接頭語が多く使われているのですが、これは「分子が沢山」あることを意味します。

エタノールの容器に100均のスプレーは使えるの?

100均のスプレー容器はエタノール不可の商品がほとんどで、「アルコールを多量に含むものには使用できません」という注意書きがあります。

100円ショップのスプレー容器の多くの材質は、本体がPET、スプレー部分がPPやPE、蓋がPPという物が多いようです。私が実際に購入したのは無印良品でしたが、こちらも同様の材質でした。

注意書きがあるにも関わらず暫くの間入れてしまった場合、スプレー容器そのものには問題がなさそうに見えても、中に入れたエタノールの品質に問題が生じる可能性があります。
img_2126
今回、どうなるか試したかったので入れて使っているのですが、2週間経過した時点では、見た目ではまだ何も変化がありません。(PETの強度にも関係しているかもしれませんが、穴が開いたりヒビが入ったり、中身が変性する可能性もあるので真似するのは止めてくださいね。また、直射日光が当たる場所や夏で気温が高い場合などは特に注意が必要でしょう。
アルコールは遮光性のある容器の方が良いという話ですが、同じアルコールであるメタノールは確かに光で変性するのですが、エタノールは光で変性するという記載がなく、変性することはなさそうなので、透明容器に入れても問題ないのかもしれません。)

ただ、100均は安いからどうしても使いたい、という人の中には、ガラスがプラスチックと違い液体の変性や蒸発を防げることから、ガラス製のアトマイザー(香水を入れる容器)を選ぶケースがあるようです。

ただ、100均のガラス製を実際に確認してみると、商品によって異なるかもしれませんが、プラスチック容器と同様にアルコールを含むものを入れないようにという注意書きがあるのでご注意ください。ですから、注意書きがないものを探すとなると、100均で見つけるのは厳しいかもしれません。


スポンサードリンク

エタノールを確実に入れられるスプレーボトルは?

100円ショップ等であれこれ悩んで結論が出せない場合は次の方法がおすすめです。
最初に100mlの消毒用エタノールでスプレー容器入りの商品を買い、それが使い終わった時点で詰め替えて使う方法。

ちなみに、ネット通販だと送料が高く感じて勿体ない気がしたので、地元のドラッグストアに同じ商品があればそこで買う方が安上がりですよね。でも、私の住んでいる街や周辺のドラッグストアを探したところ、残念なことにスプレー容器タイプは1軒もありませんでした。エタノールを購入する人は多くないのでスプレー容器タイプというのは置きづらいのかもしれません。

また、エタノールのスプレー式が見当たらなければ、アルコール除菌スプレー等を購入して使い終わった後に入れ替えるという方法もあります。

エタノールの詰め替え用ボトルだけ購入するには?

詰め替え用容器で一番確実なのが下記の商品です。リンク先の説明を見れば分かりますが、エタノールも対応しているという記載があります。ただ、これは500mlか1000mlサイズしかありません。

小さいサイズは次の商品がPEで100mlとなっています。

ガラス製を探すなら、次のような香水アトマイザーがあります。

さいごに

プラスチック容器は様々な種類がありますが、その種類によってはエタノールを入れると容器が劣化してしまい、短期間でヒビ割れしたり溶け出すケースがあるので、容器を購入する場合はよく注意書きを読む必要があります。

詰め替え用スプレー容器だけを購入しようとすると割高なので、安く求めるのであれば、最初にスプレー容器入りの消毒用エタノールやキッチンアルコールスプレーを購入して使い切り、空になった時点で詰め替えて使うのが良いでしょう。

スポンサードリンク

 - 気になるニオイ