闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

浴衣で太め女性の柄おすすめは?帯は?着付けのポイントは?

      2016/07/20

yukata2
折角の花火大会だから浴衣を着たいけど、体格が太めだから相撲取りにしか見えないのでは?と悩む女性は案外いるものです。

でも実は、浴衣は洋服と違い、細身長身でなくても大丈夫なのです。
着こなし次第でぽっちゃり体型だって「あの浴衣の女性、とってもステキね!」と言われることもあるんですよ。

今回は、ぽっちゃり体型でもスッキリ着こなせるための工夫として、色柄、帯などの浴衣選びから着付けまでのポイントをまとめました。

◆背が高い女性の場合はこちらをご覧ください。
浴衣の選び方で背が高い女性のサイズと色柄は?おはしょり短い時は?

スポンサードリンク

浴衣で太め女性の柄おすすめは?

着物は細身長身のモデル体型よりも、ちょっとぽっちゃり体型の方が着こなせば素敵な装いになるといわれていますが、浴衣の場合はモデル体型の女性でも結構カッコ良く着こなしているのですよね。
これは、普通の着物と違って浴衣は生地が薄いことや、浴衣の柄が比較的大きくて大胆なものが多いことが理由です。

それでも、ぽっちゃり体型の女性だって浴衣を上手に着こなすことは可能ですから安心して下さいね。

そもそも、なぜ着物がぽっちゃり体型に優位かというと、着物は直線裁ちであり、体の線を隠して顏、体、着物、帯の全体バランスが勝負になるからです。ウエストがキュッと締まったスタイル抜群の女性でも、着物の場合は帯が締めやすいようにタオルを何枚も巻いて補正して寸胴体型で帯締めすることになります。だから、着物においてはスタイルの良さなんて全く意味がないのです。一方、洋服は曲線裁ちで身体の線を出すため体のスタイルがそのまま出てしまうのですよね。これだと、モデル体型には敵いませんよね。

だから、ぽっちゃり体型が素敵な装いをしたいのであれば、まずは自分に合う色柄を選びが肝心なのです。

では、色柄選びについてお話しします。

浴衣の色柄選び

浴衣の柄選びで何が重要かというと、柄は視覚トリック効果があるということなのです。柄と自分の体型によって、細く見えたり太く見えたりしるのですよ。

色について

基本的には濃い色、特に黒色系がおすすめです。ただ、着物は顔の肌の色によって似合う色が変わってくるため、色白の場合は淡色系が似合うケースもあります。(小麦色の肌だと濃い色がおすすめです。)

「淡色系だと膨張して見えるのでは?」と心配するかもしれませんが、着物の場合は全体バランスが大切ですし、濃淡よりも自分の顏色に合うかを考えて選んだ方が、結果全体バランスが良く見えるものです。

また、注意しなければならないのが紺色です。
一般的には紺色はぽっちゃり体型を引き締まった感じに見せてくれる色なのですが、浴衣で白色と紺色の組み合わせ、しかも古典柄、となると、柄によっては相撲取りのような印象を与えてしまう可能性があるのです。ですから、紺色は濃いから大丈夫、と決めつけずに全体バランスを考えて決めましょう。

柄について

柄の大きさは、どちらかというと小さい方が良いのですが、あまりにも小さすぎると対比効果で、ぽっちゃり度が強調されてしまうため、中くらいの大きさ(顔の大きさの3分の1以上の大きさが目安です)、と考える方が良いでしょう。
雰囲気は、派手すぎずシンプルなものが良いです。小さめの柄で縦のストライプなど、縦に動きのある柄の方がぽっちゃりを感じさせないのでおすすめです。(横のストライプはぽっちゃり度が強調されてしまうため避けましょう。)

サイズについて

標準体型の場合は着丈(浴衣の衿から裾までの長さ)と裄丈(首の付け根の骨~肩~手首の骨の長さ)を測れば選ぶサイズが分かるのですが、ぽっちゃり体型の場合はヒップサイズも確認する必要があります。今は既製品でもXL(BL)などのサイズもありますが、ヒップサイズの目安が110cmか120cm等が多く、それ以上の場合は仕立てる方が安心です。洋服サイズが13号程度という人なら既製品の浴衣でも着付けでなんとかなるはずですが、ヒップが合わないということは、前がはだけてしまう可能性があるので、そうならないよう、サイズはきちんと確認する必要があるのです。

以下の浴衣セットは5Lまでの幅広いサイズ設定があります。

素材について

昔の浴衣の素材は木綿でしたが、今は技術の向上でポリエステルなども良いものが沢山出てきています。
今のポリエステル製は通気性が良く、洗濯も出来る上、シャキッとした印象を与えるため、特にぽっちゃり体型の方には引き締まって見えるしおすすめです。もし木綿の浴衣を着る場合は、ヘナッとすると「だらしない」という印象を与えがちなので、洗濯糊を使う方が良いでしょう。


スポンサードリンク

浴衣の帯 太め女性がスッキリ着こなすには?

帯は、浴衣用の半幅帯がおすすめです。
簡単に着付けが出来る「作り帯」もありますが、ぽっちゃり体型の場合はおすすめ出来ません。
というのも、作り帯は子供っぽい印象を与えますし、そもそも作り帯は標準体型用なので、ぽっちゃり体型だと長さが足りないのです。

半幅帯の結び方で一番ポピュラーな方法として「文庫結び」があるのですが、この結び方では体重70㎏程度、ウエスト80cm程度なら普通の帯で大丈夫です。
もし、変わり結びをしたかったり、文庫結びでも羽を沢山作りたい場合は長尺物を購入した方が良いでしょう。また、ウエストが90cm以上の場合は長尺物が必要になります。

ちなみに帯の色は、浴衣と同系色で統一感を出す方が良いです。(コントラストはなるべく付けないように。)

浴衣の着付けで太め女性が注意すべきポイントは?

きれいに見せるためのポイントは、襟を抜いて、胸元をきちんと合わせ、帯はほんの少し下に着付けることです。

着物は首が長い方が似合うので、着付けの際に首の後ろをこぶし1つ分くらい間隔をあけて、うなじをスッキリ見せるのですが、これを「襟を抜く」と言います。

また、ぽっちゃり体型だと、胸のあたりが肌蹴やすいし、帯の上に胸が乗ってしまう可能性もあり、だらしないですよね。そして着崩れもしやすくなるのです。ですから、着付け段階で、ぽっちゃり体型に合う補正が必要になります。和装ブラを使ったり、胸をしっかり押さえるように補正すると、その後の帯締めもスッキリ、かっこ良い仕上がりになるのです。
ただ、和装ブラまで買うと高いですし、着慣れないと鬱陶しい感じがするかもしれません。
ですから、わざわざ和装ブラを購入するよりも、オバさん的な下着(胸に薄いカップのついたスリップ)の方が楽だし、自然に見えるので良いかもしれません。

ところで、ぽっちゃり体型で注意しなければならないのは、汗を掻きやすいということです。夏の暑い中で着物を着るのですから、夏用の裾除け等を用意したりハンカチを常備する等、しっかり汗対策をしなければなりません。

汗が酷い場合、下記のようなステテコや汗取り肌着が重宝します。

さいごに

着物を着こなすには、スタイルの良さは殆ど関係ありません。ぽっちゃり体型だって着こなし次第なんですよ。着物選びから着付けまでのポイントを押さえて、素敵な浴衣の装いを楽しんで下さいね。

◆浴衣に関する記事は他にもあります。
浴衣の選び方で背が高い女性のサイズと色柄は?おはしょり短い時は?
浴衣おはしょりが長い場合の簡単な整え方は?出過ぎの場合は?
浴衣の着付けを美容院にお願いするのは恥?髪型アップは?値段は?

スポンサードリンク

 - 生活の知恵