闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

暑中見舞いと暑中お伺いの違いは?敬語の使い分けから考えよう!

      2016/05/31

syotyuu1
暑中お見舞い申し上げます

というのが夏の季節の挨拶文だと思っていましたし、お中元の時期が過ぎた場合の贈答品は「暑中御見舞」とするのだと思っていました。ですが、とある人から

「目上の人に対しては『暑中お伺い』であるべきだし、夏の便りも『暑中お伺い申し上げます。』とするべきだよ。」
と言われてしまいました。

最初は「この人何を言っているのだろう?」と思ったのですが、あれこれマナー本やネットで調べてみると、そういう説もあるのだとか。

しかし、色々腑に落ちなかったため、この2つの違いについて、マナーや敬語の使い分けの観点から考えてみました。

スポンサードリンク

暑中見舞いと暑中お伺いの違いは?

マナーというのはいろんな人が「この場面ではこうすべきもの」と主張するケースも見受けられますが、時代と共に変化したり、地域によって異なるものもあります。それに、元々「相手を嫌な気分にさせず心地良い時を過ごしてもらう」という配慮から生まれた決まりごとなんですよね。
(このあたりの話は、以前の記事「マナーとモラルの違い ルールやエチケットや常識との微妙な関係とは」をご覧ください。)

そして、今回の疑問である「暑中見舞い申し上げます」について、どこが悪いのかと聞いてみると、

「見舞いというのは、目上の人が目下の人に言う言葉」

という答えが返ってきました。

えっ!?いつから「お見舞い」というのは差別用語になったのでしょうか。

何か災害があった時に「災害見舞」というのを遭った方に渡す人もいるでしょうけど、「目上から目下に」という意味があったら、受け取った方に酷い失礼じゃないですか?そういう差別用語じゃないと思うのですけどね。

それに、目上と目下という点では、真っ先に思い浮かぶのが恐れ多くも天皇陛下なのですが、あれこれ探してみると以下の記事がありました。

2012年2月19日
皇太子さまと秋篠宮さまは19日夕方、心臓の冠動脈のバイパス手術を受けた天皇陛下をお見舞いされた。

引用元:http://www.news24.jp/articles/2012/02/19/07200419.html

敬語などの言葉遣いに関しては、皇室の方々の話し言葉が一番正確ですし、皇室を取材する方々も非常に神経を遣って文章を書いているんですよね。ですから、分からなくなったら皇室関係の文章をチェックするのが一番確実と考えています。

この引用記事中、皇太子さまよりも陛下の方が目上です。そして、目上に対して「見舞う」という言葉を使っているんですよね。ですから「暑中見舞い申し上げます」も当然、目上に対して使って構わない文章だと思うのですよ。

では次に、「見舞う」と「伺う」の意味について確認していきましょう。

見舞い 伺い 意味は同じなの?

「見舞う」と「伺う」について国語辞典で調べてみると意味は複数ありますが、今回の内容に関係している意味としては次のようなものがあります。

  • 見舞う→ 「病気の人や災難に遭った人を訪れ慰めたり、訪問できない場合に文書等で安否を尋ねる」「訪問する、挨拶に行く」
  • 伺う →「聞く」「尋ねる、問う」「訪れる、訪問する」の謙譲語。

この場合、「暑中見舞」なので、「暑い季節になりましたが、如何お過ごしでしょうか。体調を崩していたりしませんか。」のような意味であり、「見舞う」という言葉には相手の安否を尋ねたり健康を気遣う意味が込められているのですよね。

「見舞う」「伺う」共に、「訪問する」という共通の意味はありますが、どちらかというと「暑中見舞」という言葉においては、相手のことを気遣う要素が多く含まれているのですが、「伺う」には相手に対する気遣いの意味はありません。だから、「暑中お伺い」だと、「暑い中、伺います」であり、何を伺うのかが分からない文章なんですよね。これが「暑中如何お過ごしかとお伺い申し上げます」のような文章になると意味が理解できるのですが。

ということで、現代のマナー本に書かれているとはいえ、「暑中お伺い申し上げます」が本当に正しいのかは疑問ですし、昔からの慣習はあくまでも「暑中見舞い申し上げます」で、この文章を知らない人も多いことから、慣習通りに使う方が無難でしょう。


スポンサードリンク

敬語の使い分けから「暑中お見舞い」を考える

そして、敬語の観点からも、ソレは変だよ、と言いたくなることがあります。

「暑中お見舞い申し上げます」

という文章中、「申し上げます」は謙譲語なのですよね。

謙譲語というのは敬語の1つであり、自分をへりくだって言う言葉です。つまり、相手は自分よりも目上であるということです。

ちなみに敬語は下記のように分類されています。

  • 尊敬語 →相手が動作する場合、かつ、相手を敬う言葉。(例:いらっしゃる、なさる)
  • 謙譲語Ⅰ→自分が動作する場合、かつ、自分をへりくだることで相手を立てる言葉。(例:伺う、申し上げる、頂戴する)
  • 謙譲語Ⅱ→自分が動作する場合、かつ、丁重に話す言葉。謙譲語Ⅰと違って動作の相手がいなくてもOK。(例:参る、いたす)
  • 丁寧語 →丁寧な言葉。(例:です、ます、ございます)
  • 美化語 →「お、ご」をつけるのが一般的な言葉(例:お茶、ご飯、お食事)

要は、どれも相手に対する敬意を持っているということです。
そして、この場合の「お見舞い」は謙譲語に区分されますし、美化語とも言えます。(「お見舞いなさった」となれば尊敬語になります。)

昔から日本人は「暑中見舞い申し上げます」を目上だろうと目下だろうと使ってきたんですよね。
だって「お見舞い」の後に謙譲語をつけるくらいだから、差別用語ではないハズ!単なる「相手を気遣う」という意味の名詞のはずです。

それを今更否定するのか!?

いや、どう考えても変でしょ。

そもそも、最初に「『暑中お見舞い申し上げます』は間違っている」と言い出したのは誰なんでしょうね。
誰かが思いついたことを、深く考えずに伝言ゲームみたいに「その通りかも!」と思って広まっただけのような気がしてなりません。

私はそうでなく、「暑中お見舞い申し上げます」は目上目下という立場に関係なく使える挨拶文だと考えています。

さいごに

マナー検定などの型にはまったマナー本が多く出てきていますし、マナーというのは時代と共に変遷していくことも理解しておりますが、昔から日本人が使っていた「暑中見舞い申し上げます」という言葉を目上に使っては駄目、と差別されるのは如何なものかと感じています。

マナー講師は確かにマナーに精通しているのでしょうけど、敬語に対する十分な理解があるのかは分かりません。
目上が「暑中お伺い申し上げます」だけが正しい、というのが独り歩きしてしまうと、それを知らない人が使って相手が不愉快になる、という可能性もあるし、本来日本語の季節の挨拶言葉はそのようなためのものではないはずです。

「それがマナーなんだよ」などと、人がそう言っているからそうなのだろう、と決めつけず、私達が子供の時から自然に身についてきた「暑中お見舞い申し上げます」を大事に使いたいなあ、と思うこの頃です。

◆暑中見舞いについては以下の記事もあります。
暑中見舞いで返事の書き方 お礼は言う?遅れた場合いつまで?文例
残暑見舞いの返事を幼稚園の先生に書くべき?宛名や文例は?

スポンサードリンク

 - 年中行事・イベント