闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

トイレの芳香剤の捨て方で中身が残っている場合は?消臭スプレーは?

   

houkouzai
トイレの芳香剤の捨て方で悩むことはありませんか。

中身がきれいに終わったら簡単だけど、芳香剤は結構残ったまま捨てることが多いのですよね。特に、液体タイプの場合は、液体が残っているのに効果が無くなるので交換したくなるものです。また、折角買ったけれど香りが気に入らない場合は全く使わないで放置することもありますしね。

今回は、トイレの芳香剤の捨て方について、消臭スプレー缶を含めてまとめました。

スポンサードリンク

トイレの芳香剤の捨て方で中身が残っている場合は?

トイレの芳香剤の捨て方は、芳香剤の中身や綿の部分は一般ゴミ(燃えるゴミ)、プラスチック製容器は洗ってからプラスチックごみというのが一般的です。ただし、自治体によって区分が異なるので、居住地の役所に確認してください。

トイレの芳香剤で液体タイプの場合は底の方だけ残る傾向がありますが、少量なら新聞紙やボロ布に浸み込ませてから捨てます。大量にある場合は新聞紙やボロ布を牛乳パックに詰めて、そこに液体を浸み込ませると良いでしょう。その後、浸み込ませた新聞紙や牛乳パックは燃えるゴミに出します。
また、吸わせるのが面倒な場合はベランダ等屋外に置いておくと蒸発して減るのが早いですよ。

ただ捨てるだけでは勿体無いと感じる場合は、次のような方法もあります。

(1)新しい芳香剤と並べておく(完全に無くなってから捨てる)
古くなると消臭や芳香効果は低下しますが、それでも少しは効果があるでしょうし、いつかは必ず気化して無くなるものです。ですから、気長に待つ方法もありますよ。

(2)ゴミ箱に入れて臭い消しにする
大量に残った場合は、少しずつティッシュに含ませて、小出しに使っていくと良いですよ。

芳香剤のゼリータイプは水を入れれば復活するの?

ゼリータイプの芳香剤消臭剤は、終わりの方になると小さく干からびてきますが、水を入れると元の大きさに戻ります。でも、芳香や消臭効果は復活しません。

ゼリータイプの芳香剤消臭剤は、消臭効果のある液体をゲル化剤(≒ゼラチン)で固めたもので、使っているうちに蒸発するのは消臭効果のある液体です。少しずつ蒸発しながら、空気中の嫌な臭いを中和する働きがあるのです。

ですから、一度干からびるということは、消臭成分が蒸発して無くなったということであり、水を含ませるだけでは意味がないのです。


スポンサードリンク

消臭スプレー缶で中身が残っている場合の捨て方は?

houkouzai2
消臭スプレー缶の中身が残っている場合は、必ず中身を全て出してから処分します。
以下のことに注意して処分しましょう。

【注意事項】
火気のない、風通しの良い屋外で行います。
風上に立ち、風下に向かってやりましょう。

【作業手順】
(1)中身を出す
大きめのビニール袋の中にトイレットペーパーかボロ布、新聞紙等を入れておき、その中に残った物を全てスプレーします。

(2)ガス抜き
スプレー缶によって異なりますが、多くのスプレー缶は上下逆にして押し続けるとガスが出ます。(ガスの噴射音が消えるまで続けます。)

(3)穴開け
穴開けをするか、しないかについては、自治体によって異なります。
昔は缶に穴を開けてからゴミ出しするのが決まりでしたが、穴を開ける際にガスが何かに引火し、爆発事故があったため危険ということから「穴を開けずにゴミ出ししましょう」という自治体が増えてきているのです。ですから、お住まいの自治体に確認して下さい。

(4)ゴミ出し
スプレー缶は缶の収集日に捨てましょう。

さいごに

トイレの芳香剤や消臭剤は必ず中身を出してから分別してゴミ出しして下さいね。

◆トイレに関する悩みがあったらこちらにも記事があるのでご覧ください。
トイレ一覧ページ

スポンサードリンク

 - 気になるニオイ