闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

トイレの芳香剤の種類で強力なのは?消臭元や消臭力ファブリーズ?

      2016/05/12

toilet2
トイレの芳香剤は小林製薬やエステーをはじめとして様々な会社が販売していますが、どのタイプが強力なのでしょうか。

今回は、トイレの芳香剤をどれにしようかと迷う人向けに、芳香剤を分類別に、代表的な商品である消臭元や消臭力、ファブリーズの効果などをまとめました。

スポンサードリンク

トイレの芳香剤の種類について

芳香剤は前記事でお話ししましたが、どのタイプも「ニオイ慣れ」があるので匂わなくなるのは同じようなものです。
トイレの芳香剤が匂わない理由とは?香り長持ちする方法とおすすめ

ですが、我が家で様々な芳香剤を使ってみた感じでは、香りの強さや持続性についてはメーカーや種類等で若干変わる気がします。

100円ショップでもトイレの芳香剤は販売されていますが効果が薄いのでおすすめしません。それ以外の中でどんな芳香剤があるか全体を把握した上で、自分の好みの芳香剤を検討した方が良いでしょう。
家庭用の芳香剤は主に次のような種類があります。

  • 置き型→液体、ゲル状、スティック、センサー
  • スプレータイプ
  • 吊り下げタイプ(公衆トイレのパラジクロロベンゼン)
  • タンク用タイプ(ブルーレット等)
  • 携帯タイプ(液体)

では具体的に置き型芳香剤の主な商品について確認していきましょう。

トイレの芳香剤の特徴や強力度は?

消臭元と消臭力など液体タイプの効果について

液体タイプの芳香剤には、消臭元(小林製薬)、消臭力(エステー)、消臭たまご(アース製薬)などがあります。トイレの芳香剤の中ではこれらが一番オーソドックスなタイプですよね。また、容量が大きいので常時香るタイプの中では意外と液体が長持ちします。

中でも消臭元と消臭力は芳香剤の中でも代表的な商品で、名前も似ていることからよく比較されています。
この2種類は、主成分である消臭剤、香料、界面活性剤はほぼ同じですが、消臭元は色素が入っており、消臭力は植物精油が入っているという違いがあります。
容量は両方とも400mlで、ろ紙の引き上げる高さによって香りの強さを調節するタイプです。
使用期間は消臭元が1.5~3ヶ月、消臭力は2~3ヶ月となっています。若干の違いはありますが、どちらも調節や温度湿度等によって変化してくるので、効果はほぼ同じと考えて良いでしょう。

だから、

どっちが良いの?

と訊かれた場合は、

好みの問題です!

としか返答しようがありません。「CMが気に入った方を選ぶ」「パッケージの花がきれいなので消臭力にした」「なんとなく消臭元にしている」というような人も多いようですね。

一方、同じような液体タイプでも逆さになっているタイプが消臭たまごです。
消臭元や消臭力は、ろ紙を引き上げるタイプで、なかなか最後まで液体が蒸発しないというのが気になるのですが、消臭たまごの場合は逆さになっているので最後まで液体を無駄にしない、というのが良いのですよね。
一時期、我が家でも消臭元や消臭力の残り方が気に入らず、消臭たまごに乗り換えたことがありますが、最終的に液体タイプはメーカー記載の使用期間(3ヶ月程度)よりも長持ちするけど、香りについてはニオイ慣れもあるし長持ちしないような気がして、現在は使わなくなっています。(別の商品の香りが気に入ったという理由もありますが。)

ゲル状(ビーズ含む)

ゲル状芳香剤には、置き型ファブリーズ(P&G)、トイレの消臭ポット(エステー)、サワデー(小林製薬)、無香空間(小林製薬)等があります。

置き型ファブリーズや無香空間については評判が良いので試したことがありますが、ゲル状タイプは液体タイプやスプレータイプに比べて香りが優しい印象でした。
効き目については商品によって違うかもしれませんが、トイレの置き型ファブリーズ(あふれるフレッシュグリーンの香り)はアンモニア臭に効くという宣伝通り、我が家では比較的快適でした。
ただ、ゼリーの残り1/8程度が交換の目安と書いてある通り、最後の方は効果が無くなる気がしました。また、液体タイプよりも容量が少ないことから使用期間も短く1.5~2ヶ月の物が多いです。

 

スティック

トイレのスティックはあまり多くないのですが、サワデー香るスティック(小林製薬)があります。

スティックタイプは見た目がおしゃれで、スティック本数によって香りの強さを調節できます。使用期間は1.5~3ヶ月間となっています。
瓶に液体が入っているため小さな子供がいる家庭には不向きですが、大人の女性中心の家庭だとこういう見た目のおしゃれなタイプだと気持ちも香りも「嫌なトイレ」「嫌な臭い」を感じさせにくく、好感持てる芳香剤ではないでしょうか。

センサー

センサータイプでは、グレード消臭センサー&スプレー(ジョンソン)があります。

これは消臭したい時だけ消臭できる芳香剤です(乾電池使用)。常時芳香していないため、ニオイ慣れしないという利点があります。ただ、こちらも最後の方になると効果が落ちるという欠点があるようです。


スポンサードリンク

トイレの芳香剤で強力なのは?

トイレの芳香剤で一番どれが強力か、を考える上では、

・長期間使えること
・香りが強い
・消臭効果が強い

など、様々な要素がありますよね。

長期間使用を求めると?

長期間使えるという点では、やはり大容量の消臭元や消臭力などがあるでしょう。
ただ、長期間使えても効果が満足できないなら意味ありませんし、香りが強さを求めたくなるでしょう。

香りの強さを求めると?

これを思うと、その1つの缶最後まで香りが持続するという点では、スプレータイプが一番強力です。
ただ、スプレータイプは即効性があるものの、スプレー時の香りが強い商品が多く、鼻が敏感だと逆に気持ち悪くなることもあるようです。(臭いニオイを上書きするような感じで強い香りが出るので何とも言えないニオイになります。スプレータイプは空気中の湿気が増えて臭いの原因である雑菌が活性化する可能性もあるので、振り過ぎると余計に「今、トイレで用足ししました!」って感じになるのですよね・・・。)
無香スプレーもありますが、こちらも全くの無香ではなく消臭成分であるエタノール等のニオイがして気になる人もいます。

自分にとってよい香りを求めると?

トイレの芳香剤は消臭と芳香のバランスが重要です。やはり自分にとって快適な香りが長く楽しめることが大切ですよね。
スプレータイプが苦手な場合は、我が家の一押し、1滴消臭元(トイレその後に)がおすすめです。

1滴消臭元 スウィートローズ(20mL)【消臭元】
価格:285円(税込、送料別)

 

ただ、元々が携帯用なので1回毎に使用することになり、蓋を開けたり閉めたりする分、サッと一吹きするだけのスプレータイプと異なり、手間がかかるのが欠点です。(効果は確実なんですけどね。)

意外な消臭効果の強いおすすめ品

あまりメジャー商品ではありませんが、「知る人ぞ知る」おすすめ品が下記のバイオトイレのキバミ・臭いにです。
この商品はバイオ系のトイレタンク用の消臭剤兼汚れ落としであり、即効性はありません。ですが、1ヶ月程度して忘れた頃に尿石の黄ばみやカビ汚れの黒ずみが何も無くなるし、臭いも気にならないという快適さで、ユーザーの口コミも非常に好評な商品です。

 

さいごに

トイレの芳香剤といっても様々な形態があり、メーカー各社が複数形態の芳香剤を販売しているので全部集めると、実に多くの商品があります。ただ、どれも一長一短あり、万能という芳香剤はないです。
最終的には好みの香りは1人1人違うため、絶対にコレがおすすめです!とは言えませんが、今回の記事を芳香剤選びの参考にしていただけたら幸いです。

◆トイレに関する悩みがあったらこちらにも記事があるのでご覧ください。
トイレ一覧ページ

スポンサードリンク

 - 気になるニオイ