闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

トイレの芳香剤が匂わない理由とは?香り長持ちする方法とおすすめ

      2016/05/12

toilet
トイレは毎日掃除しているし、トイレの芳香剤もきちんと置いているのにもかかわらず、

芳香剤が匂わない・・・何故なの!?

と思うことはありませんか。

芳香剤は、最初の数日はとても良い香りがするのに1週間も経つと匂いが感じられなくなります。商品自体は数ヶ月使えるはずなのに、香りが長持ちしないので困ってしまいますよね。

我が家では子供が嗅覚過敏でトイレの臭いが超苦手だったため、様々な芳香剤を試してきました。今回は、我が家で納得したトイレ芳香剤消臭剤のおすすめについてお話しします。

スポンサードリンク

トイレの芳香剤が匂わない理由とは??

トイレの芳香剤が数日間で匂いを感じなくなる理由としては2つあります。

1つ目は、慣れです。
何日か使っていると慣れるので鼻が鈍感になるものです。
もし慣れてしまったのが原因か?と感じたら、機会があれば一緒に住んでいる家族以外に香りがするか訊いてみると良いですね。

2つ目は、ニオイの性質です。

トイレの芳香剤に限りませんが、ニオイは空気よりも重い性質があるので下に沈殿します。
ですから、上の方に置く方が良いのですが、結構床に置いている人が多いですよね。
だから匂わなくなってしまうのです。

芳香剤で香りを長持ちさせるには?

以上のことから、香りを長持ちさせる方法としては以下のような置き方の工夫が重要です。

(1)場所→窓があれば窓の近くに・なければドアの近くに
(2)高さ→消臭剤は下に・芳香剤は棚の上に
(3)空気を動かす→トイレに行く都度、トイレの扉を勢いよく開閉する

芳香剤は鼻の高さに置くのが一番良いです。また、空気が動くことで芳香剤の匂い粒子も広がっていくため、窓があれば窓の近くに、なければドアの近くの棚上などに置いて、トイレに入る都度、トイレの扉を勢いよく開閉すると良いでしょう。

また、「ニオイ慣れ」による匂わないと感じるのを防ぐためには、2種類の芳香剤を用意しておき、1つの芳香剤を使ってニオイ慣れした段階で入れ替えて使うことで防ぐことが出来ます。
ただ、これは芳香剤の香りの調節や中断など調節が可能なタイプでないと出来ないのでご注意ください。

ただ、芳香剤よりもトイレのアンモニア臭などが強く臭う場合は、トイレ掃除が足りていない証拠なので、トイレの隙間などに入ってしまった尿汚れや、目に見えないけど尿が飛び跳ねているであろう床や壁を一度きれいに掃除することをおすすめします。


スポンサードリンク

トイレの芳香剤おすすめは??

我が家で辿りついた、使えるトイレの芳香剤は、小林製薬の「トイレその後に 強力1滴消臭」のリニューアル商品である、「1滴消臭元」です。香りはウォータリーグリーンとスウィートローズの2種類があります。

1滴消臭元 ウォータリーグリーンの香り 20mL
価格:292円(税込、送料別)

 

小さい携帯タイプなので主に外出先などで使う人が多いのですが、使わない時は蓋を閉めていることから香りが長持ちしますし、1~2滴でかなりの消臭効果、芳香剤としての効果が得られます。

毎回やるのは手間がかかると感じる人がいるかもしれませんが、置くタイプの芳香剤と異なり、だんだん慣れて匂わなくなるということはありません。また、臭いが気になる人の場合はトイレ使用前にも垂らすことで、自分で消臭したという意識になりますし、実際に1滴垂らした後におしっこすると、ウォーターグリーンなら爽やかな香りが、スゥィートローズなら甘い香りが便器の中から漂ってくるのです。
       ↑
「これが、おしっこによる空気の対流なんだなー」という状態を実感できますよw

ただ、ちょっと惜しいなあと感じたのが、キャップを開けた時の内側が、赤色なのです。

toilet1

パッケージを気にしない人にはどうでも良い話でしょうけど、折角のグリーン系の香りなのに先端だけ赤色というのは統一性がなく残念だと感じました。

ちなみに、子供に使用感を訊いたところ、「おしっこした時に良い香りがして気持ち良い」と気に入っていました。

また、使用後に1滴垂らして約3時間経ってからトイレに行ったところ、あまり香りを感じることができませんでした。ですから、この芳香剤も時間と共に消えていくようです。

ちなみに、こちらの1滴消臭元(トイレその後に)は、携帯用として非常に人気があります。口コミを見ると、

・公衆トイレの臭いが苦手で入れない人
・会社のトイレで大便したくなるのが不安な人
・彼氏の家に泊まるときに不安な女性
・修学旅行先で不安な学生

こんな人にとても喜ばれているそうです。
また、災害時のために防災リュックに携帯しておく人も多いですよ。

また、大抵の場合はこれ1本あれば済むのですが、トイレに長く入っていたいとき(ウンチが出にくい場合)に1滴消臭元だけだと物足りない、と家族に言われたことがあるので考えた末に購入したのがこちらの商品です。

 

我が家ではトイレ掃除には通常トイレマジックリンのミントを使用していたのですが、最近になってこの商品を知り、使うようになりました。

オレンジとジャスミンの爽やかで優しい香りがして、洗浄力はミントと同様に強いので、通常のトイレ掃除にも使えますが、トイレに長時間入る場合は、これをトイレタンクにシュッと1回スプレーすれば、暫くの間、良い香りを楽しむことができます。

もちろん、これで毎日掃除すれば、掃除して暫くの間はオレンジとジャスミンの香りがしてトイレ空間が気持ち良いですよ。

さいごに

トイレの芳香剤は匂わないと悩む人が多いのですが、これは「慣れ」が原因の1つです。
また、もう1つは芳香剤の位置を工夫することで香りやすくなります。

芳香剤には様々なタイプがありますが、1滴垂らすタイプの芳香剤は確実にイヤな臭いを消して心地良い香りになるし、最後まで香りが楽しめることから我が家では一番好評です。
人それぞれ好みが異なるので、絶対的なおすすめ品ではありませんが、良さそうだなーと思ったら試してみて下さいね。

◆トイレに関する悩みがあったらこちらにも記事があるのでご覧ください。
トイレ一覧ページ

スポンサードリンク

 - 気になるニオイ