闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

入学式にコサージュはダサい?素敵な女性の色と位置の選び方

      2016/02/27

flower
入学式は節約のため卒業式と同じスーツを着ようと考えているけど、全く同じじゃカッコ悪い気がするのでコサージュをつけようと思っています。
でも、そんな話を実家の母にしたら、

「昔はよくコサージュをつけたものだけど、今の若い女性ってつけるの?
ダサいなんて思われるんじゃない?」

と言われたことがあるのですが、実際どうなのでしょうか。

今回は、入学式でコサージュをつけるとダサいのかどうか、また、色や位置を工夫すれば素敵な女性という雰囲気になるのかどうか、などコサージュに関する疑問をまとめました。

スポンサードリンク

入学式にコサージュはダサい?

コサージュは花をブローチにしてドレスや服につける装飾品です。
身につけることで相手に喜びを伝えたいという気持ちからフォーマルな服に合わせることが多く、結婚式や卒業式、入学式等で使われることが多いです。

コサージュの元々の語源はフランス語のコルサージュ(corsage)で、「(ドレスの)身頃」を意味していました。
でも、19世紀末頃になり、飾りとして身につける小さな花束へと変化していき、今でもフォーマルな式典における装飾品として定着しているのですね。

ということで、コサージュのファッションは100年以上歴史のあるものですし、伝統を重んじるような式典でコサージュを身につけるのは、ダサくありません。

ただ、今の日本においてフォーマルを着用する機会がないことから、当然コサージュをつける機会もない、ということで躊躇してつけない傾向もある、ということです。
コサージュをつけるかどうかは地域性によって多かったり少なかったり様々ですが、つけてもつけなくても問題ありません。

ただ、つける意味として「相手に喜びを伝える」ことがあり、清楚で地味な服装における唯一の表現方法となるのですから、小さな花1つでもつけることにより、非常に華やかな雰囲気になりますし、顔色も明るく見えます。

一般的に、卒業式では濃い紺、グレー、黒色のようなスーツを着用し、入学式では明るいパステル系のスーツが好まれる傾向があります。
もちろん、入学式でパステル系でなく卒業式と同じスーツを着回す方法もありますが、もしその場合だったらコサージュをつける方がぐっと明るいイメージになるのでおすすめです。

では次に、どんな色や種類が良いのかお話しします。


スポンサードリンク

入学式コサージュでおすすめな色や種類は?

入学式のコサージュでおすすめな色は、淡い色です。
淡いピンクやオレンジ、黄色や白、シャンパンゴールドやピンクゴールド等、春らしい物にしましょう。
黒やグレーのような葬式を連想させる色や、赤や青であっても濃い色は春のお祝い事には相応しくありません。

また、色以外で注意すべきこととしては、造花の場合の素材です。
シルクなら問題ありませんが、光沢があってもベルベットのような重たい布や、カジュアル扱いになってしまう綿麻等の素材は避けましょう。

コサージュには色々な種類大きさがあり、大きく派手な物もあれば小さく控えめな感じの物もあります。
「コサージュをつけたいけど派手なのは恥ずかしい」と思うなら、カメリアタイプがおすすめです。

カメリアコサージュは控えめな印象な中に華やかさを加えるため、卒業式や入学式でスーツだけでは物足りない時に明るさのエッセンスとなってくれます。

生花コサージュについて

生花コサージュはやはり本物の花ということで人気の高い商品ですが、卒業式や入学式の場合、その子供以外に小さい子供がいるケースも多く、抱っこする可能性もありますよね。
生花コサージュは壊れやすいし抱っこもし難いため、小さいお子さんがいる場合はおすすめできません。

また、入学式が午後なら良いのですが、午前中の場合、花屋さんにお願いして作ってもらうのも大変です。
上手な花屋さんだと日持ちするように加工してくれるそうですが、通常の切り花は数時間で萎れる可能性もあるため、お金をかけるなら造花の方がおすすめです。

入学式コサージュの付ける位置は?

卒業式や入学式の式典でコサージュをつける場合、一般的には左胸の鎖骨に近いところにつけるときれいに見えます。
向きについては、昔は下向きが正しいとされていたのですが、今では上向きが(茎が下になるようにするのが)一般的です。
ただ、向きで迷う場合は、カメリアタイプなら上下が気にならないのでおすすめです。

ちなみに、スカーフやショールの留め具として使うケースや、帽子やバッグのアクセサリーとして使うケースも増えています。

さいごに

卒業式や入学式でコサージュをつける人は昔ほど多くありませんが、伝統的なおしゃれアイテムであり、スーツだけでは物足りない時に華やかさが入るのでおすすめです。
特に、コサージュをつけることが恥ずかしいとか心配な場合だったら、小さいカメリアタイプの方が良いでしょう。

アクセサリーとしてはコサージュの他にも光り物のアクセサリー等もありますが、保護者は脇役なので、控えめのおしゃれが基本なのです。
どちらかというと、コサージュの方がわきまえている印象を持たれるはずです。

とはいえ、卒業式や入学式の式典においては、他の父兄はよほどのことがなければ我が子だけに注目しているものです。
他の父兄がどんな服装をしているかなどとチェックする人はそんなにいません。

だから、「派手すぎず、カジュアルに逸脱していなければ大丈夫」なので、コサージュも難しく考えずに全体バランスで決めたら如何でしょうか。
あまりご自身の服装で悩まず、お子さんの入学式を喜び楽しんで下さいね。

◆他にも卒業式や入学式で迷うことがあったら、こちらの関連記事が参考になりますよ。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
卒業式や入学式の気になるあれこれ【目次】

スポンサードリンク

 - 卒業式入学式