闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

大学の卒業式は袴以外でスーツ 女は駄目?ブラウス他の着こなし術

      2016/11/19

sakura
大学の卒業式というと袴が多いけど、1回限りしか着られないので勿体無いですよね。
だから、

袴以外で出席したい!
後で使い回し出来るスーツで出席したい!

と考える女性は案外少なくありません。

でも、スーツというと手持ちは就職活動で買ったリクルートスーツしかないし変かしら?
と思いますよね。

そこで今回は、袴以外の選択肢がどんなものがあるか、リクルートスーツの場合のブラウスやバッグ等による着こなし術までをまとめました。

スポンサードリンク

大学の卒業式で袴以外の選択肢は何があるの?

大学の卒業式で女性が選ぶ服装としては次のようなものがあります。

  • スーツ
  • アンサンブル
  • ドレス
  • 振袖

そして、この中でも袴の女性が大部分です。
これは、明治時代、女学校で活動しやすい袴が制服として採用されたことから女学生のイメージとして定着したことによります。
また、袴は振袖と異なり正装ではないのですが、女学生の制服だったことから卒業式における服装として認められています。
でも、それ以外の場では正装として認められないため、学校の卒業式でしか着られません。

そうなると袴というのは「一回限りのおしゃれ」だから貴重な機会、と考えて袴を選ぶ女性も非常に多いです。
ただ、1回限りなので逆に「一回だけのためにそれだけお金を使うのは勿体ない」という考えの人も少なくありません。
袴の場合はレンタル、購入どちらにせよ着物の小物類を含めると最低でも2~3万円はかかるし、着付けが出来ない場合は着付けやヘアメイク等の費用を含めると4~5万円になってしまいます。

どうせお金をかけるなら、後々使い回しできるスーツの方が良いですよね。

ただ、殆どの女性が袴なのに自分だけスーツを選ぶのは心細い、と感じる人もいます。
これは大学によって雰囲気が異なるので自分の大学がどうか、前年の雰囲気を確認した方が良いかもしれません。
一般的な傾向としては、女子大の場合は袴が非常に多く華やかな雰囲気だけど、共学の場合は男性がスーツなので女子学生がスーツでもさほど気にならないものです。(女子大の場合にスーツを否定する訳ではありません。ただ、非常に華やかなスーツを選ばないと地味過ぎます。)

もし成人式で振袖を購入した場合は、振袖で出席する方法もあります。
実は、未婚女性の和服の正装では、振袖が最も格が高いので卒業式のような式典に一番相応しいのです。

ちなみに、卒業式には振袖に袴を穿き、謝恩会では袴を脱いで袋帯を締めて振袖にするという方法もあります。

大学の卒業式でスーツ 大人の女性らしい装いは?

予算がある場合は卒業式用に新しくスーツを購入するのも良いですね。
購入時のポイントは、リクルートスーツ以外で、今後も着る機会があるデザインということです。

たとえば、大学を卒業すると数年間で結婚式に招待される機会が多くなるため、結婚式に着られるものや、会社向けの堅いパーティ向けで上質素材、上品なデザインが良いですね。

また、デザインは、ラメ入りフリル付きの豪華な物が良いでしょう。

色について

基本的に、卒業式は先生方に対して敬意を払う意味のある黒、紺系が無難ですが、春らしくパステル系の装いも見受けられます。ただ、次のようなNGの色や注意すべき色もあるので注意が必要です。

NGの色

結婚式に使い回しを考える場合は、次の色はNGです。

  • 白色→花嫁の色なので結婚式にはNGだし、汚れやすいです。
  • 黒色→女性の場合、喪服も結婚式にはほぼNGなので避けます。
    黒色を選ぶ場合は喪服以外で、上質素材の華やかなデザインにしましょう。

注意すべき色

次の色は一般的には清楚な雰囲気なのでOKといわれていますが、色だけでなくそのデザインが自分に合うか、卒業式に相応しいかを確認することが大切です。

  • 紺色→デザインによっては学生の雰囲気、リクルート風になりかねません。
    また、丸首デザインだと「お嫁さん」や「入園式に来たお母さん」に見える人もいます。
    ワンピースの上にジャケット単品で羽織るようなものなら20代の女性として無難かもしれません。

ただ、そのデザインが似合うかどうかは一人一人異なるので、ここでは一概に言えません。
実際に店頭で試着してみて、鏡で全体バランスを確認してみることが重要です。

どのブランドを選ぶ?

ネット通販でも色々ありますが、卒業式のイメージや自分の似合う服がピンとこない場合は、最初にデパートのフォーマル売り場へ行きましょう。

店員さんに「卒業式で着るスーツを探しています」と相談してみると色々おすすめ商品を出してくれるし、試着しているうちに自分に似合う服がどんなものか分かってきて服選びが楽しいですよ。

組曲、ハロッズ、NOLLEY’S(ノーリーズ)、UNTITLED(アンタイトル)等のブランドは少々高めですが、比較的流行に左右されないし、上質素材なので長く着ることができます。

また、コムサデモード、ストロベリーフィールズ等のカジュアルな店でも卒業式に着られるような余所行きワンピースもあるので、もし好みのブランドがあれば、そちらも候補として考えて試着してみて下さいね。

ただ、店員さんは売りたくて押してくる場合もあるはずなので、その場で即決するのでなく、迷ったら候補の1つに留めて、色々な店を回った方が良いですね。
折角お金を出して購入するのですから、最後まで納得いく物を選んでくださいね。


スポンサードリンク

大学の卒業式でリクルートスーツと合わせるブラウスや小物による着こなし術

卒業式は厳粛な式典であり目立つ必要はありません。
だからリクルートスーツでも問題ないような気もしますが、大多数の女性が袴だと非常に華やかな場で自分のリクルートスーツが地味で埋没する可能性が高いです。
清楚な服装を求められるとはいえ、やはり一生に一度の卒業式ですから、多少華やかな雰囲気を出したいものです。
そのためには、リクルートスーツ以外のインナーやアクセサリー、小物類で華やかな要素を取り入れた方が良いでしょう。

方法としては次のようなものがあります。

(1)シャツを変える
リクルート用の綿シャツだと硬い雰囲気になってしまうのですが、これを変えるだけでも柔らかさが出ます。
光沢のあるものや、ストライプ等の柄物にしたり、フリル襟、Uネック、Vネック等で鎖骨をきれいに見せるデザインにしておしゃれにしましょう。

また、春先なので春物ニットでも素材やデザインによって上品に着こなせるでしょう。
白、ピンク、水色、黄緑色等の春らしいパステルカラーがおすすめです。

(2)ストッキングは無難な肌色で
ストッキングについては肌寒いかもしれませんが、卒業式なのでタイツでなくベージュのストッキングが原則です。
ただ、最近は黒という人もいるようですが、喪服を連想させるため賛否両論あり、避ける方が無難です。

もし黒系にしたい場合は上品なものでラメ入りや柄入り等なら華やかになるので候補の1つに考えても良いかもしれません。

10%OFF【Pied de Glace】ラメストッキング

10%OFF【Pied de Glace】ラメストッキング
価格:777円(税込、送料別)

ただ、卒業証書授与で壇上に上がる場合は足元も目立つため、ストッキングは質素なベージュにして、他の部分で華やかな雰囲気にする方が無難にまとまります。

(3)アクセサリー
Uネック、Vネック等で首を出すデザインのブラウスにするならネックレス等のアクセサリーは欠かせません。
パールは上品ですが、一連のものだと冠婚葬祭に見える可能性もあるので、一連以外のパールで柔らかい感じの物が良いでしょう。
その他、小さい石付きのシルバーやゴールド等、豪華でない方が大学生らしくて好印象になるでしょう。
指輪やピアス、イアリングについても豪華すぎない方がおすすめです。
また、コサージュを胸につける方法もあります。

(4)靴
リクルート用でないのでシンプル過ぎず、リボンや花のついたデザインで華やかなものがおすすめです。

(5)髪型
就職活動向けのきちんとまとめた髪型だと地味すぎてしまいます。
硬いデザインのスーツを着ても、髪型をウェーブ等にして柔らかさを入れるだけでも印象は大きく変わり華やかになります。
自分で上手にアレンジできるなら良いのですが、もし苦手ならヘアメイクだけでも美容室でお願いしましょう。
また、華やかな髪飾りを使うのも1つの方法です。

(6)メイク
袴などの場合は華やかに着飾っているしメイクもきちんとしているので、程々にメイクをする方が良いです。
ノーメイクだと逆に浮くかもしれませんし、見る人によってはノーメイクはマナー違反と感じるかもしれません。

(7)バッグ
リクルートバッグは避けましょう。
でも、ブランド物にこだわる必要はありません。
むしろ、あまり予算はかけなくて良いので、素材の良い上品な雰囲気の物を選んでくださいね。

まとめ

大学の卒業式は一生に一度のことなので、記念にと袴を選ぶ方法もありますが、一度限りに予算をかけるのは勿体ないという考え方の人も多いです。
自分だけだったら恥ずかしい、と思わずに、後々使い回しできるスーツを購入すると結婚式に招待された際に重宝するし、リクルートスーツに少しだけお金をかけて小物を購入し、華やかな雰囲気に変えることも可能です。

ぜひ、自分自身の納得いく卒業式をお迎え下さい。

◆他にも卒業式や入学式で迷うことがあったら、こちらの関連記事が参考になりますよ。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
卒業式や入学式の気になるあれこれ【目次】

スポンサードリンク

 - 卒業式入学式