闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

相模湖イルミネーションへのアクセスと混雑と食事を体験しました

      2016/11/19

1-9
相模湖イルミネーションは都心からちょっと離れたところにありますが、関東最大規模550万球で迫力ある内容が盛り沢山なので非常に人気のイルミネーションスポットです。

先週末、家族で実際に見に行きましたのでアクセスや混雑状況、食事のことをお話しします。

スポンサードリンク

相模湖イルミネーションの開催日時とアクセスは?

正式名称は、さがみ湖イルミリオンといいます。

【開催場所】
神奈川県相模原市緑区若柳1634番地

【日時】
平成27年10月31日(土)~平成28年4月10日(日)
毎日開催期間→10/31~1/11、3/18~4/3
金土日祝のみ開催→1/12~3/17、4/4~4/10
雨天でも開催

【イルミネーション時間】
17:00〜21:30(入場は21時まで)
点灯時間は1月まで17時、2月は17時半、3月は18時、4月は18時15分の予定です。
ただし、日中の遊園地は平日10時から、土日祝日は9時半からで、日中から入園していることも可能です。

【入園料】夜間入場料金は大人800円(中学生以上)、3歳以上500円です。
(11月の段階では、入園料金の夜間切替時刻は16時半でした。点灯時間が上記のように時期によって変わるので、入園料期の切替時刻も変更になると思われます。)

【HP】http://www.sagamiko-resort.jp/illumillion/
【電話番号】042-685-1111

【車のアクセス】
プレジャーフォレストへ行く場合、電車での便が悪いため多くの人が車で行くことを考えるでしょう。
付近には中央自動車道、圏央道があり、ICは数箇所あります。
一番近いのが、中央自動車道相模湖東IC(出口から約7分)、相模湖ICから約10分となっていますが、中央道の小仏トンネル付近は日々渋滞している可能性が高い為、そこを通らずに圏央道相模原ICや高尾山ICから15~20分程度かけて一般道を通るという選択肢もあります。

各ICからの行き方詳細はこちらが参考になります。

【駐車場】
1日1000円

【電車のアクセス】
・JR中央線相模湖駅下車、駅前で1番のバス停「三ケ木行き」に乗って「プレジャーフォレスト前」下車(約8分)。
・京王線橋本駅北口下車、1番のバス停「三ヶ木行き」に乗って「三ヶ木」下車(約35分)、「相模湖駅行き」に乗り換え「プレジャーフォレスト前」下車(約10分)。
(その他、土日のみ橋本駅からプレジャーフォレスト直行便も出ていますが本数が少なく日中のみとなっています。)

【直行バス】
新宿駅西口と横浜駅西口からは、プレジャーフォレストまでの直行バスがあり、イルミネーションを見に行くのに便利です。
詳細はこちらのページをご確認ください(1/3までは毎日、その後は土日等)。

相模湖イルミネーションの混雑状況は?

実は、行く前には混雑するという噂は聞いていましたがそんなに酷いとは思っていませんでした。
でも実際に行って分かったのですが、周辺道路は一本道で抜け道がないし、確かに行くまでと帰る時の混雑は避けられません。

私たちが到着したのは16時半で、プレジャーフォレスト入口の下にある駐車場最下段のジャリの駐車場でした。
プレジャーフォレストには臨時駐車場も多くあり、酷い混雑でも駐車する場所には困らないようですが、混雑が激しくなると入口から遠い駐車場に誘導される可能性もあります。

また、混雑は駐車場だけではありません。
どちらかというと、中の混雑の方が大変でした。

というのも、さがみ湖イルミリオンの最大の見どころは観覧車で、皆さん乗りたがる。
ところが、観覧車に乗るためには、手前にあるリフトに乗って行く必要がある。
ということで、リフトに乗ろうとしたら、往復リフト券を購入するために長蛇の列があり、ここで20分待ちでした。
リフト券購入したらリフト乗車の長蛇の列に並んで15分待ちで乗車。

リフトは数分間で到着し、その後観覧車の乗車券を購入するために並び、購入後に観覧車待ちで20分以上待ちました。
(観覧車に乗っている時間は15分間です。)

眺めは最高でしたが、とても寒いです。(観覧車の中は暖房なく、新しくないため外の隙間風もかなり入ってきて寒いのです。)
1-9
(この写真は観覧車から下を眺めたものです)

寒いので、観覧車を降りてから隣のトイレに駆け込んだら、そこは温かかったです。
パネルヒーターのような暖房器具がありました。

寒くなったらトイレに行くと温まりますよw
(駐車場の手前に温泉があるのですが、寒さで震えた場合はそこで温まってから帰るという方法もあります。)

それでも寒さに耐えられず、付近にあった遊具では遊ばずにリフトに乗って下へ降りました。
リフト途中で左右を見回すとライトアップされた景色はとても美しかったです。
1-7
混雑するし何十分も待ちますが、初めて行くならリフトや観覧車は是非とも乗りたいものです。

ちなみに、後から知ったのですが、当日入場口窓口でチケットを買うと入場券しかその場で購入できず、リフトや観覧車はそれぞれの乗り場にある券売機でないと乗車券を購入できないのですが、ローソンで前売り券を購入すると、乗り物3回分セット券もあるため、これを選べば往復リフト券と観覧車券をその場で並んで買わずに済むのです!
特に、リフト券売り場で20分以上並んで購入したことを思うと、是非ともさがみ湖イルミリオンを見に行くならセットの方が割安だし、それ以上に「待ち時間が少なくて済む」というメリットがあるのでおすすめです。

ローチケ限定お得なセット券(夜間入園券と乗り物3回利用券、大人1,350円、3歳から小学生まで1,050円)はこちらで購入できます。

そうそう、夜間のアトラクションは他にもあり、絶叫マシーンの大空天国というのはこんな感じでした。
遠くから見ただけでしたが、次回行く機会があればぜひ乗ってみたいなあと考えています。

今年の見どころの1つ、「英国イルミネーションエリア」はこんな感じでした。
1-3
威風堂々を演奏するオーケストラと指揮者。
曲に合わせて演奏者が動く芸の細かさにびっくりしました。


スポンサードリンク

相模湖イルミネーションで食事はどうする?

さて、さがみ湖イルミリオンではレストランもありましたが、屋台もいくつかありました。
1-5
券売機で購入してから店に並ぶのですが、リフトと観覧車の寒さで体が芯から冷えてしまったため、下の写真の店でスープを購入して飲みました。(他にもいろんな食べ物があります)
1-8
スープはレストランで作った物を真空パックにしておき、その場で開封して温め直してくれるシステムのようで、非常に上品な味わいで空腹と冷えた体が温まり、とても美味しく感じました。
1-4
上がピリ辛スープ、下が春雨スープです。

ベンチもたくさん空いていましたが、火のある場所は人が沢山集まっていて入れず残念。
1-6
この日は日中は暖かかったのですが、昼と夜の寒暖の差が激しく、後で相模湖方面に帰ったところ、道路に現在の気温「4度」となっていたので、相当寒かったようです。(プレジャーフォレストの方が山の上なので寒いですし。)

ですので、ここで夕食を食べるには厳しいし、レストランも混んでいたため入らずに帰り、プレジャーフォレストから相模湖方面へ車で数分のガストで夕食を取ることにしました。

まとめ

相模湖イルミネーションは非常に混雑しますが、ちょっと都心から離れている立地の良さや広さを生かした迫力満点のイルミネーションです。
行く場合、なるべく夕方早めに行って、夜間料金に切り替わるのを待って(11月時点では16時半から夜間料金でした)入り、点灯を待つのが良いでしょう。

ただ、冬で山の寒い場所なので、昼間は暖かくても夜はかなり冷え込みます。
そのため、冬の重装備をして、カイロなども持っていく等して、風邪をひかないように気を付けて行ってくださいね。

スポンサードリンク

 - 観光