闘う嫁のマナーノート

厳しい姑に鍛えられた嫁のマナー知識や子育て、行事に関する備忘録

成人式スーツ女性の選び方と着こなし方法vs振袖の安いレンタル

   

namamu
成人式にスーツを着る女性は非常に少ないのですが、実際に行くときになると、どんなスーツが成人式に相応しいのか分からず悩みますよね。

今回は、フォーマルな場でのスーツの選び方やバッグや靴も含めたスーツ着こなし、振袖の安いレンタルについてお話しします。

スポンサードリンク

成人式スーツ女性の選び方

寒い地方は成人式が夏にあることが多く女性の洋装も多いのですが、冬に行われる成人式では女性はほとんどが振袖を着ています。
ですので、金銭的な問題で振袖が難しい人にとっては悩ましい問題ですが、成人式は振袖ファッションショーではないので、振袖でなくても問題ありません。

もし、自分や家族に振袖に対する思い入れが強い場合は振袖を安く入手する方法も考えた方が良いのですが、もし、「振袖にお金をかけるなら、その分を車資金に足したい」とか「余裕がないので学費の足しにしたい」「後々使えるスーツやアクセサリーが欲しい」という考えがあれば、周囲に惑わされず自分の意見を通す、というのも大人としての第一歩です。

ただ、具体的にどのような服装が成人式に相応しいのか分からないでしょうし、ここで考え方についてお話しします。

成人式に相応しいフォーマルとは?

成人式は大人の仲間入りをするという儀式であり、フォーマル(正礼装)で臨むべき場です。
女性の場合の昼間の正装は一言でいうと上品で控えめで、具体的には次のようになります。

和服の場合→振袖(未婚)
洋服の場合→【昼】アフタヌーンドレス(肌の露出の少ないドレス)

ただ、実際には皇室の方々と異なり一般人はアフタヌーンドレスを着るケースが殆どないので次のようになります。

ワンピース、スーツ、アンサンブルのいずれかで、

長袖か七分袖
・肌の露出の少ないもの
・スカート丈は膝まで隠れるもの(長いほど格が上がります)

肌の露出が気になるデザインの場合はボレロなどを着て肌を隠します。

フォーマルの具体的な選び方

具体的な選び方としては、折角の式典なので、予算が数万円あるならデパートで相談して色々試着して納得する服を選ぶのが良いですね。

フォーマルという点では、パーティードレスもデザインによっては可能です。
一着あると大学卒業式の後の謝恩会や結婚式に招待された時にも着られるので重宝します。
ただ、昼間の式典なので肌の露出を避けるデザインにする必要がありますし、冬の成人式の場合は会場の空調が振袖を着る人に合わせることが多く、パーティードレスを着ている人には非常に寒く感じるはずです。

いずれにせよ、ラメやスパンコールなどの派手な光る素材は避けて無地で光沢のあまりきつくないものがおすすめです。

 

成人式でのリクルートスーツ おしゃれな着こなし方法

スーツにあまり予算をかけられない場合はリクルートスーツというのも1つの方法です。
その場合、リクルート色丸出しの雰囲気だと式典に相応しくないため、インナーブラウスをフリル付きの華やかな物にしたり、「花を添える」という意味で胸にコサージュをつけたりするのが良いですね。

フリルブラウスにはこのような物があります。
↓  ↓  ↓  ↓

また、アクセサリーについては昼間なので光が派手でない、地味な物が良いでしょう。無難なのはパールです。

靴は、光沢のない布製か革製のパンプスで。リクルートスーツだと靴も黒のパンプスと考えがちですが、黒は強すぎる色ですし、ビジネスの雰囲気が出て式典に相応しくないので、靴をブラウスの色に合わせるか、靴とバッグと添えるなどの方法で柔らかいコーディネートにするのがおすすめです。

バッグは小さめで、光沢のないシンプルな布製か革製を。パールやラインストーンが一部に使われる程度なら問題ないでしょう。
服とバッグを揃えて統一感を出す方法もあります。


スポンサードリンク

成人式振袖の安いレンタルをもう一度考えてみよう

ここまで考えて、やっぱりスーツやワンピースが自分の気持ちでしっくりしない場合は、無難な振袖を安くレンタルするということも考えてみましょう。

実は私も、姉が成人式で振袖を着なかったし両親も振袖なんかバカバカしい、という考えだったのでギリギリまで悩んだタイプでした。でも、成人式に参加する友人が全員振袖を着るという話を聞いて、「やっぱり自分だけ振袖じゃないって変かも・・・」と思ったのです。
この辺、その時点では精神的に幼かったと、20年経った今では感じるのですが、その当時はまだ「右に倣え」をしないと不安だったのです。

そして、ギリギリに安い振袖レンタルを決めて、着付けと髪型は母の知人にお願いしてやってもらいました。

ただ、今となっては振袖を着たのは正解だったのか、そうでないのかは正直微妙です。

というのも、お決まりのコースで写真屋さんでも撮影してもらいましたが、20年前でさえ、その写真をお見合いに使うことはありませんでしたし、実は私、その当時太っていたのですよね。だから、折角大金出して撮影しても、あまり記念に残したくなかったな・・・と反省しています。

ただ、その当時の心境としては、目立つのが嫌だった私には大勢の中に溶け込める振袖は非常に安心できる着物だったということです。目立つのが嫌な場合には振袖はおすすめなのです。

さいごに

成人式は大人としての初めての式典であり、ファッションショーではありません。
振袖にこだわらなければ大人としての節度ある服装で臨みましょう。

ただ、目立つのが気になったり、自分自身や家族に振袖に対する未練がある場合は、着物の柄などを選ばなければ安くレンタルする方法もあるのでしっかりと家族で話し合って決めた方が良いですね。
ぜひ、納得できる服装で堂々と成人式に参加して下さい。

スポンサードリンク

 - 年中行事・イベント